ビジネス成果の追跡

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ビジネス成果を測定して検証する。
  • AppExchange を利用してレポートとダッシュボードをすぐに使用する。

成功総計値の定義

フィードバックを収集し、Salesforce 使用状況を測定する方法について学習できたので、ビジネス成果の測定に使用可能ないくつかの総計値について説明しましょう。セールスデータは、インサイトをノイズから分離する方法がわかっていれば、持続的な営業の成功へとユーザを導くことができます。すべては、ビジネスにとって重要な質問をすること、その質問に答えるのに役立つ関連総計値から始まります。

以下は、サンプルの質問と関連する成功総計値です。

主要な質問 成功総計値
私のチームの売上を追跡する方法は?
年度累計 (YTD) 売上
四半期累計 (QTD) 売上
当期および前期の商談成立率
十分なパイプラインがあるか?
新規ビジネスパイプライン
所有者別パイプライン
リードの質は?
リードの取引開始率
発生源別リードの取引開始率
顧客とのエンゲージメントを維持しているか?
過去 90 日間活動がない取引先

さらにガイダンスが必要な場合は、導入ワークブックのワークシートを使用して、会社にとっての重要事項、答えるべき主要な質問、Salesforce で追跡可能な関連総計値の概要をまとめます。それを、作成が必要な総計値のアクションプランにします。

レポートとダッシュボード

すでに述べたとおり、AppExchange では優れたダッシュボードが見つかります。エキスパートのパートナーが開発した数百ものダッシュボードを、ビジネスの拡大と成長に合わせて探索できます。

最初は、次のようないくつかの一般的なカテゴリから始めましょう。

ダッシュボードパックをダウンロードする準備ができましたか? 次のベストプラクティスに従ってください。

  • ダッシュボードは Sandbox 環境または開発者組織にインストールして、本番インスタンスにダッシュボードをインストールする前に探索できるようにします。
  • ビジネスニーズに合わせてダッシュボードと基礎となるレポートをカスタマイズします。ビジネスニーズに合わなければ削除します。
  • ダッシュボードの準備ができたら、リリースすることを関係者に知らせ、レビューとフィードバックを募ります。次に、非公式なトレーニングセッションを実施して、ユーザに使用方法を説明することを検討します。

ソリューションの検証

最後に、トレーニング戦略、フィードバックおよびサポートプロセス、成功総計値がエンドユーザにとって有効であることを確認する必要があります。ユーザの環境をテストし、正直なフィードバックを得ることで、ユーザの採用を検証し、引く続き採用を促進できるようにすることが重要です。

エンドユーザに次の質問をします。

  • トレーニングによって、Salesforce を使用して業務を行う準備ができましたか?
  • フィードバックプロセスでエンゲージメントと信頼が生まれましたか?
  • サポートされていると感じましたか?
  • 適切なビジネス成果が測定されていると思いますか?

さらに、作成したビジネスダッシュボードがユーザのニーズを満たしていることを検証します。こうした検証とテストのすべてが、成功するロールアウトを促進するのに役立ちます。

リソース