Salesforce 使用状況の測定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce のエンドユーザ採用を測定するための総計値を識別する。
  • ユーザの満足度を評価する。

推奨される総計値

コミュニケーションおよびトレーニング戦略が完成し、エンドユーザの学習パスを開始しました。ただし、ユーザ採用の成功をどのように測定すればよいでしょうか? 幸い、Salesforce の使用状況を測定するのはそれほど大変ではありません。Salesforce 自体の強力なツールで、ユーザによる Salesforce の操作状況に関するインサイトを得ることができます。 

成功を示す早期の指標として、ログイン率、レコード作成、レコード更新などがあります。ログイン率では、ユーザが Salesforce にログインする頻度を追跡します。レコード作成とレコード更新は、ユーザがデータを操作しているかどうかとその頻度を示します。

どの成功総計値を使用するかは、ユーザに期待する行動に応じて異なりますが、いくつか推奨されるものがあります。

  • 過去 30 日間にユーザが作成した商談の数は?
  • 過去 30 日間にユーザが完了した活動の数は?
  • 過去 30 日間にユーザが作成または更新したデータは?
  • 過去 7 日間のログイン率は?
  • ログインしているのは誰か? さらに重要なのは、ログインしていないのは誰か? その理由は?

目標とする使用パターンに基づいて採用ダッシュボードを作成し、こうした総計値を少なくとも月に 1 回は確認します。その使用状況が期待したほど伸びていない場合、それはユーザに一層の支援が必要であることを示している可能性があります。おそらく、追加のトレーニングが必要になるか、操作に苦労しているユーザであればさらに 1 対 1 のトレーニングが必要になるでしょう。

サンプル総計値が表示されている AppExchange の採用ダッシュボード

ゼロから始める必要はありません。AppExchange にアクセスして採用ダッシュボードパックをダウンロードし、使用状況とデータ作成に関する総計値を入手してください。

データ品質の測定

データ品質の高さも、採用を測定する重要な基準です。「Salesforce になければ存在しない」を思い出してください。データの正確さや完全性などのデータ品質は、組織が Salesforce の可能性を最大限まで活用するための鍵となります。 

次の例は、何を追跡できるかと、Salesforce データの品質を監視することの価値を示しています。

  • トレーニング中、あなたは必須ではない重要な項目を収集することの必要性を強調しました。しかし、ダッシュボードは、それらの項目について、ユーザの入力率が低いことを示しています。ユーザは、すべきことについて混乱しているのでしょうか? こうしたデータ項目を収集することの重要性を見落としたのでしょうか?
  • 同じフェーズで止まっている期間が長すぎる商談や、完了予定日が過去になっている進行中の商談など、期待ほど進行していないデータがある場合、ユーザはそのデータを維持管理していません。つまり、問題があります。データが見つけにくいのでしょうか? セールスプロセスが明確ではないのでしょうか? ユーザが維持管理しなければならない裏のシステム (売上予測のスプレッドシートなど) が他にあるのでしょうか?

データが集まると、採用を阻害しているものを明らかにできます。このインサイトを使用してユーザが課題を克服できるようにします。

サンプル総計値が表示されている AppExchange のデータ品質ダッシュボード

必ず AppExchange にアクセスして、入手可能なデータ品質ダッシュボードを確認してください。ユーザのデータ品質の測定を開始するのに役立つダッシュボードが複数あります。

ユーザ満足度の評価

使用状況およびデータ品質の分析を設定したら、次のステップではユーザ満足度を評価します。最も一般的な方法は、アンケートや正式なビジネスプロセスレビューを使用することです。

ユーザからの直接のフィードバックは、Salesforce 実装が組織の課題やビジネス目標に対処しているかどうかを把握するのに役立ちます。フィードバックは、Salesforce ソリューションを調整する必要があるかどうかをすぐに把握できる方法です。

Salesforce を使用してフィードバックフォームを作成できることをご存じですか? Spring '18 リリース以降、Salesforce アンケート (一部のエディションでは有料で使用可能) を使用すると、Salesforce 内で直接アンケートデータのすべてを保存して分析できます。 

また、Chatter も忘れないでください。Chatter グループを使用してフィードバックを収集し、Salesforce がユーザにどのような効果をもたらしているかについて議論を提起しましょう。Chatter アンケートを作成して、ユーザに Salesforce 採用のさまざまなフェーズの状況を尋ねることを検討してください。

リソース