Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Trailhead Playground の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Trailhead Playground を作成する。
  • Trailhead Playground と Developer Edition 組織の違いを説明する。

Trailhead Playground とは何か

Trailhead Playground は、ハンズオン Challenge に挑戦したり、新しい機能やカスタマイズを試すための組織です。Trailhead Playground は、まさに実際の公園のように、近隣 (このケースなら本番組織) に迷惑を掛けずに遊びながらカスタマイズを行うことができます。

唯一の違いは、実際の公園での「遊び」は雲梯やジャングルジムなどで遊ぶことを意味しますが、Trailhead Playground では Lightning Web コンポーネントやカスタムオブジェクトを作成することを意味するという点です。どちらも楽しいという点は同じです!

Trailhead Playground ではほとんどすべての機能を試すことができ、Challenge を実行するときに使用できる Trailhead 特有のデータも用意されています。Trailhead Playground にはある程度の制限がありますが、ほとんどの場合には本番組織と同じカスタマイズオプションが使用できます。現実の世界では成長すると公園では遊ばなくなりますが、Trailhead Playground は使い続ける限りいつまでも遊ぶことができます。

Trailhead Playground と Developer Edition 組織の違い

普段から新しい Salesforce 機能を使って開発環境でいろいろと試している方なら、すでに Developer Edition (DE) 組織をご利用いただいていると思います。DE 組織とは、本番組織に影響することなく Salesforce の新しい機能や実装をテストするために無料で提供されている組織です。

Trailhead Playground は DE 組織と似ていますが、Trailhead 専用の環境であるところが違います。Trailhead Playground には Trailhead 特有のデータと、ハンズオン Challenge をテストするためのインストール済みパッケージが用意されています。また、何度も実行する作業を簡単にするツールも含まれています。たとえば、ユーザ名の確認、パスワードのリセット、管理パッケージのインストールなどです。

さらに、どの Trailhead Playground でも [私のドメイン] はすでに有効です。組織でカスタム Lightning コンポーネントを作成する場合やシングルサインオン (SSO) を設定する場合は、[私のドメイン] が必要です。[私のドメイン] についての詳細は、こちらのヘルプ記事を参照してください。本番組織で有効にする方法については、「ユーザ認証」モジュールを参照してください。

既存の DE 組織の方を使いたいのであれば、それでも構いません。ハンズオン Challenge またはプロジェクトステップの一番下で、組織の名前をクリックし、[組織を接続] をクリックして DE 組織にログインしてください。DE 組織を Trailhead アカウントにリンクした後は、どのハンズオン Challenge からでも起動することができます。

最初の Trailhead Playground の作成

自分の Salesforce アカウントまたはリンク済みのソーシャルアカウントで Trailhead アカウントを作成したら、それで完了です! Trailhead Playground が自動的に作成され、Trailhead アカウントにリンクされます。

すべてのハンズオン Challenge とプロジェクトステップの確認では、ハンズオン組織の名前と [起動] ボタンが表示されます。Trailhead では、ユーザが最後に使用した組織が自動的に選択されますが、特定の Challenge を以前実行したことがある場合は、その Challenge で前回使用した組織が選択されます。これまでハンズオン組織を一度も使用したことがない場合は、最後に作成した Playground がデフォルトで選択されます。作業を行う組織は、組織の名前をクリックし、リストから別の組織を選択すれば変更できます。

[起動] をクリックすると Playground が開くプロジェクトステップ

新しい Trailhead Playground を作成するには、組織の名前をクリックし、[Playground を作成] をクリックします。Playground に名前を付け、[作成] をクリックします。ハンズオン Challenge やプロジェクトを完了したり、新しい機能やコードをテストしたりするための組織が利用できるようになりました。英語以外の言語の Trailhead を使用していても、ハンズオン Challenge では Playground を英語に設定する必要があります。そうしないと、Challenge の挑戦中に問題が発生する場合があります。  

[Playground を作成] モーダル

ハンズオン Challenge またはプロジェクトステップから [起動] をクリックして、Trailhead Playground を起動します。Playground は新しいブラウザタブまたはウィンドウで開きます。 

バッジ獲得のために異なる種類の組織を作成する必要がある場合

バッジの獲得を進めていくと、Trailhead Playground にはない機能を使用するモジュールやプロジェクトも出てきます。これらのモジュールでは、機能固有のトライアル組織にサインアップする必要があります。たとえば、Salesforce Nonprofit Success Pack (NPSP) について学習する「Nonprofit Cloud を使用した活動資金集め」トレイルに取り組む場合、NPSP トライアル組織にサインアップする必要があります。「Einstein リードスコアリングによるリードの優先度設定」について学習するには、Einstein リードスコアリングが有効になっている組織が必要です。

トライアル組織でハンズオン Challenge を実行する場合、他の Developer Edition 組織と同じように Trailhead に接続します。ハンズオン Challenge で組織の名前をクリックし、[組織を接続] をクリックし、トライアル組織用のログイン情報を入力します。

Trailhead を始めたばかりでも心配はいりません。Trailhead にサインアップしたときに取得した Playground とは異なる組織にサインアップする必要がある場合は、そのように説明があります。