学習イベント後のつながりの維持

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 学習イベント後のアンケートとフォローアップメールを送信する。
  • ソーシャルメディアのまとめを作成する。
  • 今後のイベント、グループ、オンライン Trailblazer Community への参加など、次のステップをすべての参加者に勧める。

きれいに片付ける

学習イベントが終了したら、ごみとリサイクル資源を片付け、プロジェクターをオフにして、部屋を元の状態に戻します。張り紙をはずして、ドアに鍵をかけます。 

事前に、片付けを手伝ってくれるボランティアを募集しておきましょう。最後に 1 人で残ってすべてを片付けるのは大変です。

ソーシャルメディアのまとめの作成

ハッシュタグを使用してイベント前やイベント中の特に良かった投稿を見つけ、Twitter モーメントを作成します。そして、この Twitter モーメントに同じハッシュタグを付けてツイートして、他のユーザが見つけられるようにします。お礼メールを送信するときに、Twitter モーメントへのリンクを含めることもできます。

ヒントが必要であれば、サンプルの TrailheaDX Twitter モーメントを参照してください。

アンケートとお礼の送信

サインアップシートでメールアドレスを集めた場合は、参加者全員にアンケートを送信できます。Survey Monkey などのプログラムを使用すれば無料でアンケートを作成できます。また、ダウンロード可能パックにはサンプルのアンケートが含まれています。 

お礼のメールには、次のようなことを含めます。

  • アンケートへのリンク
  • Twitter モーメントへのリンク
  • 次のステップ
  • プレゼンテーションスライドの PDF

次のステップの提案

学習イベントに参加した全員が、その後も学習を続け、つながりを維持することが理想です。お礼のメールで、次のことを提案します。

Salesforce Trailblazer Community につながることは、勢いを維持するための良い方法で、オンラインまたは対面 (または両方) でつながることを選択できます。

あなたにも同じことが当てはまります。特に学習イベントの開催を楽しむことができ、影響を与え続けたいと思う場合は、つながりを維持することをお勧めします。

学校グループ向けの追加の次のステップ

学習イベントを学校で開催した場合は、教職員と生徒が使用できる追加のリソースがあります。

変化を起こしましょう

これで、Trailhead を使用して学習イベントを教えるために必要なことはすべて学習しました。次のステップを実行するかどうかはあなた次第です。つながりを維持し、あなたが掛け算方式をどのように実行したかを共有してください。

ツイート