プラットフォームアプリケーション開発とプラットフォームサービスの新機能

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • データサービスを接続し、Salesforce 製品と AWS 製品の間でデータを仮想化する方法を説明する。
  • Salesforce Functions を使用してデータオプションを追加することで Salesforce の機能を拡張する方法を説明する。
  • すべての組織のセキュリティ設定を 1 か所で簡単に管理する方法を説明する。
  • データの盗難を防ぐために権限の変更を追跡する最良の方法を説明する。

フロートリガーと画面の機能強化

オブジェクトマネージャーからフロートリガーエクスプローラーにアクセスして、ドラッグアンドドロップによってフローを並び替えられるようになりました。エントリ条件では、新しい数式エディターがサポートされるようになりました。画面フローでは、システム管理者が展開と折りたたみが可能なセクションヘッダーを追加できるようになりました。また、画面フローを Lightning Web コンポーネント内に組み込めるようになりました。

AWS パートナーシップの機能強化

Amazon DynamoDB 用 Salesforce Connect アダプターを使用すると、AWS アカウント内のデータサービスを自動的に検出して、データを Salesforce オブジェクトに仮想化できます。イベントリレーは Salesforce イベントバスからのイベントを自動的に Amazon EventBridge に送信します。

Amazon DynamoDB 用 Salesforce Connect アダプター

AWS パートナーシップの機能強化の詳細はこちら。 

Salesforce Functions の機能強化

Salesforce Functions を使用して Heroku Postgres にアクセスします (Heroku Connect によって管理されるデータを含む)。Apache Kafka on Heroku を使用してイベントを公開し、Heroku Redis を使用してデータアクセスオーバーヘッドを最適化します。

Salesforce Functions

Salesforce Functions の機能強化の詳細はこちら。

セキュリティポイシー管理

複数の組織を管理している場合に、セキュリティセンターでクリック操作によって一元的なセキュリティポリシーを定義し、すべての組織にリリースできるようになりました。このリリースでは、状態チェックのベースライン、パスワードポリシー、セッション設定、信頼済み IP 範囲が含まれています。

セキュリティポイシー管理の詳細はこちら。

イベント監視の機能強化

イベント監視のまったく新しい権限セットイベントによって、権限セットの変更を詳細に把握することができます。この新しいイベントでは、トランザクションセキュリティを使用して重要な権限が悪意によって、または誤って付与されることが防止されます。

トランザクションセキュリティの作成

イベント監視の機能強化の詳細はこちら。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる