Net Zero、Learning、Customer Success、Slack、その他の新機能

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • カーボンフットプリントレポートのデータギャップを自動化し、固定資産のエネルギー原単位を追跡する方法を説明する。
  • 固定資産のエネルギー原単位を追跡する方法を説明する。
  • 厳選されたリソース、パーソナライズされたレコメンデーション、必要なベストプラクティスを見つけるのに最適な方法を説明する。
  • フィードバック回答率を高める方法を説明する。

ネットゼロのための Einstein 予測

組織がネットゼロを早く達成できるように、合計排出量への関与が大きい資産を特定し、排出量を減らす方法についての推奨事項を取得します。

Net Zero Cloud の Einstein 予測

ネットゼロのための Einstein 予測の詳細はこちら。 

カーボンディスクロージャープロジェクト (CDP) レポートフレームワーク

Net Zero Cloud でガイド付きフローを使用して、カーボンディスクロージャープロジェクト (CDP) レポートに必要なデータを数分で抽出します。CDP を通じて報告することで、競争上優位になるのに加えて、人々と地球のために持続可能な経済を築くことに貢献できます。

カーボンディスクロージャープロジェクト (CDP) レポートフレームワークの詳細はこちら。 

自動データギャップ補足

カーボンフットプリントデータの欠落していたり関連付けられていなかったりするエネルギー使用レコードを、CBECS などの参照データセットや自社のデータ平均との比較に基づいて補足します。日付の欠落、日付の重複、二酸化炭素排出量範囲外の日付などのデータのギャップに簡単に対処します。

[エネルギー使用量レポートの日付を修正] ページ

自動データギャップ補足の詳細はこちら。 

建物エネルギー原単位計算ツール

固定資産 (建物やデータセンターなど) のエネルギー原単位を追跡し、領域ごとのエネルギー使用に関するインサイトを得て、特定の地域の同様の資産とエネルギー原単位を比較します。建物のエネルギー原単位データを使用してカーボンフットプリントのギャップを特定できます。

[建物エネルギー原単位] ダッシュボード

建物エネルギー原単位計算ツールの詳細はこちら。 

サクセスセンターの機能強化

サクセスセンターは、目標を達成してビジネス価値を高めるために必要な厳選されたリソース、パーソナライズされたレコメンデーション、ベストプラクティスを入手できる場所です。Salesforce ジャーニーのどの地点にいるか、あるいはどの製品を購入したかに関係なく、サクセスセンターでは必要なものを簡単に見つけることができます。

サクセスセンターの機能強化の詳細はこちら。 

Signature Success Plan の機能強化

このリリースでは、Signature 製品の対象が取引先エンゲージメント、パーソナライズ、B2B Commerce Cloud と Marketing Cloud、主要イベント管理の機能強化、Org Request Rate Drop と呼ばれる新しいプロアクティブな監視アラートに広がりました。

Signature Success Plan の機能強化の詳細はこちら。 

Premier Success Plan の機能強化

Summer '22 では、新しく更新されたエキスパートコーチングセッション、Sales Cloud 向けガイド付きオンボーディング、Premier でのマーケティングインテリジェンスへの対応が追加されました。

Premier Success Plan の機能強化の詳細はこちら。 

GovSlack

GovSlack を使用すると、公共セクターとそれに協力する商業パートナーのコンプライアンスニーズを満たすために構築された安全で柔軟なコラボレーションが可能になります。

Slack 向け Salesforce Cloud インテグレーション

Sales Cloud、Marketing Cloud、Service Cloud との新しいインテグレーションにより、Salesforce のデータやツールを直接 Slack 内で利用してチームのパフォーマンスを向上させることができ、会話がこれまで以上に顧客中心で行動指向の有意義なものになります。

Slack での Marketing Cloud ジャーニーテスト

Slack 向け Salesforce Cloud インテグレーションの詳細はこちら。

Scheduler: シフト編成の機能強化

テリトリーマネージャーやリソースがすべてのリソースとテリトリーの休日の勤務時間を視覚化して、予定の対応状況を追跡できます。

Scheduler: シフト編成の機能強化の詳細はこちら。 

フィードバック管理: マトリックス質問

同じ回答オプションを使用する複数の質問をすることで、フィードバックを向上させます。

フィードバック管理: マトリックス質問の詳細はこちら。 

アンケート: デザインの機能強化

ブランド基準に準拠するために、すべてのアンケートの下部に会社のロゴを追加します。

アンケート: デザインの機能強化の詳細はこちら。 

Scheduler: コントラクター予定管理の機能強化

Experience Cloud を使用して、コントラクターの予定を簡単に予約して管理します。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる