分析とインテグレーションの新機能

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Slack から離れずに CRM Analytics を最大限に活用する方法を説明する。
  • 任意のデータセットからのインサイトとダッシュボードを自動化する方法を説明する。
  • どこからでも API を管理し、保護する方法を説明する。
  • MuleSoft を使用して迅速で効率的にアプリケーションとデータを統合する方法を説明する。

Einstein Discovery: テキストのクラスター化

機械学習 (ML) を使用して大きなテキスト項目からキーワードを抽出することによって、構造化されていないテキストデータを最大限に活用します。さらに、そのキーワードを予測 ML モデルに入力します。

Einstein Discovery: テキストのクラスター化の詳細はこちら。

Ask Data for Salesforce

インサイトやダッシュボードをデータセットから取り出すのではなく Analytics Studio のホームページにある検索項目で関連性のある質問をして自動的に取得します。

Ask Data for Salesforce の詳細はこちら。

CRM Analytics for Slack

CRM Analytics for Slack を使用すれば、あらゆる会話にデータを利用し、どこからでもデータに基づくインサイトを得ることができます。Digital HQ for Analytics を使用すれば、組織全体で分析を利用できるため、データの影響力が高まります。

Slack の会話内での Tableau CRM ダッシュボード

CRM Analytics for Slack の詳細はこちら。 

データマネージャーの機能強化

新しいデータマネージャーは、レシピの共有、チェーニング、視覚化に関して作成されている追加機能の基礎となります。

データマネージャーでのレシピガイダンスへのアクセス

データマネージャーの機能強化の詳細はこちら。 

Anypoint Flex Gateway

非常に要求の厳しいアプリケーションに必要なパフォーマンスを実現し、DevOps と CI/CD のワークフローをシームレスに統合する超高速ゲートウェイによって、あらゆるアーキテクチャまたは環境で実行する API を管理し、保護します。Anypoint Flex Gateway は Anypoint Platform でのユニバーサル API 管理を可能にする主要な製品の 1 つです。  

API Manager の [Add API (API の追加)] 画面

Anypoint API Governance

すべてのエンタープライズ API の一貫した品質とセキュリティを維持し、業界規制や内部ベストプラクティスに準拠できるように、開発に負担をかけることなく API ガバナンスを運用します。Anypoint API Governance は Anypoint Platform でのユニバーサル API 管理を可能にする主要な製品の 1 つです。

API Governance ダッシュボード

MuleSoft コンポーザーのコネクタ

Summer '22 では、Salesforce 用 MuleSoft コンポーザーに新しいコネクタがリリースされました。アプリケーションやデータを Salesforce にごく迅速かつ簡単に接続する手段になります。新しいコネクタには、Gmail、Google カレンダー、Workday、Shopify、MS Dynamics Business Central、Snowflake HTTP があります。

新しいコネクタのロゴ

MuleSoft Accelerator

製造、ライフサイエンス、保険、銀行、ウェルス/資産マネジメント、小売用の新しい MuleSoft Accelerator を使用して、Salesforce クライドやその他の業種責務に関する重要なインテグレーションユースケースを開始できます。

Anypoint Exchange に表示されている新しい各種 MuleSoft Accelerator

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる