進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce アーキテクチャについて

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Salesforce アーキテクチャに関連する主要な用語を定義する。
  • 信頼に関連する情報を検索する。
  • Salesforce API の少なくとも 1 つの使用事例を説明する。

Salesforce アーキテクチャとは?

現在までに、Salesforce を使用すれば、高度にカスタマイズされたエクスペリエンスを顧客や従業員、パートナーに提供できることがわかりました。そして、コードをほとんど (またはまったく) 記述することなく、すばやくこのエクスペリエンスを実現することができます。

Salesforce の一体何がそれほど特別なのでしょうか? その筆頭は、当社のアーキテクチャです。

非常に退屈と思われるテーマの学習から逃れるためにこのウィンドウを閉じてしまいたいと思うかもしれませんが、落ち着いてください。Salesforce アーキテクチャの学習は意外と面白く、アーキテクチャを理解すればプラットフォームをかなり簡単に使いこなせるようになります。

Salesforce アーキテクチャは、何層にも重なったレイヤ構造と考えることができます。美味しいケーキのようなものと想像すれば、とっつきやすいかもしれません。

Salesforce アーキテクチャを概説する図

詳しく解説すればきりがありませんが、ここでは特に重要な点に絞って説明します。

  • Salesforce はクラウド企業です。つまり、当社が提供するものはすべて、信頼できるマルチテナントクラウドに存在します。
  • Salesforce Platform は、当社のサービスの基盤です。このプラットフォームはメタデータを備え、データサービス、人工知能、開発用の堅牢な API のような各種の要素で構成されています。
  • 当社のアプリケーションはすべてプラットフォーム上に存在します。Sales Cloud や Marketing Cloud のような事前作成済み製品も、開発者がこのプラットフォームを使用して構築したアプリケーションも、一貫した強力な機能を備えています。
  • そして、すべて統合されています。当社が提供するあらゆる製品や、開発者が構築するすべてのものに、Einstein 予測インテリジェンスや開発用の Lightning フレームワークなど、当社のプラットフォームテクノロジが組み込まれています。

このアーキテクチャを理解するためには、信頼、マルチテナンシー、メタデータ、API といった特に重要な用語を抑えておく必要があります。

クラウドを信頼する理由

Salesforce で信頼は最優先事項です。お客様は機密データを組織に保存しているだけでなく、会社の成功に不可欠な機能を当社のプラットフォームで構築しています。お客様のデータおよび機能の安全を確保する当社の責任が軽視されることはなく、当社ではそのためにサービスに対する透明性を常に維持しています。

信頼に関する当社のサイト (trust.salesforce.com) は、極めて重要なリソースです。このサイトでは、パフォーマンスデータを参照したり、データを保護する方法に関する情報を確認したりすることができます。また、当社が予定しているメンテナンスが、お客様の Salesforce へのアクセスに影響する可能性がある場合もこのサイトで通知されます。

マルチテナントクラウドでの共有には配慮が必要

これまで、住宅についていろいろ話してきました。けれども実際のところ、Salesforce はアパートのような構造です。お客様の会社はクラウドに独自のスペースを確保しますが、その付近には個人経営の商店から多国籍企業までさまざまな隣人が存在します。

専用スペースを持ちながら、リソースを共有するアパート。

こうした概念をマルチテナンシーといいます。マルチテナンシーなどと言えば、何だか飲み会で賢そうな印象を与えられそうな気がしますが、実際にはリソースを共有することを意味します。Salesforce では、マルチテナントクラウドで、お客様の全員に一連のコアサービスを提供します。お客様は、ビジネスの規模に関係なく、同一の計算機能、データストレージ、コア機能にアクセスします。

信頼とマルチテナンシーは密接に関連しています。他の企業とスペースを共有しながらも、Salesforce によってデータの安全性が確保されていると信頼することができます。また、年に 3 回のシームレスな自動アップグレードによって最新かつ最高の機能を利用できることも確信できます。Salesforce はクラウドサービスのため、新しい機能をインストールする必要や、ハードウェアについて心配する必要がありません。このすべてが可能になるのもマルチテナンシーだからです。

メタデータの魔法

メタデータを簡単に言うと、データに関するデータです。全然簡単ではありません。当社がデータに関するデータという場合、Salesforce 組織の構造を意味します。

Property (物件) などのオブジェクトについて考えてみましょう。DreamHouse の同僚は Salesforce を使用するときに、物件に関するデータを入力して表示します。たとえば、物件がボストンにあり、価格が 50 万ドルで、寝室が 3 つあるとします。

では、こうした具体的なデータをすべて取り除いたところを想像してみてください。何が残るでしょうか? Property というオブジェクトと、住所、価格、寝室数などの項目が残ります。また、ページレイアウト、セキュリティ設定、各自が行ったその他のカスタマイズも維持されます。

組織内のこうした標準およびカスタムの設定、機能、コードのすべてがメタデータです。プラットフォーム上ですばやく移動できる理由の 1 つは、各自が作成したメタデータをすぐさま保存して利用できるようにする術を Salesforce が心得ているからです。

API に関するすべて

基本的に、API はさまざまなソフトウェアを互いに結び付け、情報交換できるようにするものです。

説明がやや抽象的と感じた方は、現在操作しているコンピュータを見てください。おそらく各種の接続をサポートするさまざまな形状やサイズのポートがいくつがあるはずです。これらのポートは API のハードウェアバージョンのようなものです。USB ポートの仕組みを知る必要はありません。知っておくべきことは、携帯電話を USB ポートに接続すれば、情報がコンピュータに伝達されるということだけです。

API も同様です。詳しいことがわからなくても、アプリケーションを他のアプリケーションやソフトウェアシステムに接続することができます。情報をシステム全域に伝達する具体的な方法は、基盤となるテクノロジによって処理されます。

では、こうしたことが Salesforce にどのように関係するのでしょうか?

以前に、データベースについて説明しました。カスタムオブジェクトまたは項目を追加すると、プラットフォームで、組織とデータベース間のアクセスポイントとして機能する API 参照名が自動的に作成されます。Salesforce はこの API 参照名を使用して、探しているメタデータやデータを取得します。

たとえば、取引先責任者の [名前] 項目は、Salesforce モバイルアプリケーションやカスタムページ、あるいはメールテンプレートなどさまざまな場所で使用できます。こうしたことが可能になるのも API 参照名があるからです。

取引先責任者および物件の API 参照名を使用した Salesforce のメールテンプレート。

API が威力を発揮する根本的な理由は、データとメタデータがすべて API に対応しているためです。今のところ大したことではないように思えるかもしれませんが、API によって、Salesforce に非常に高い柔軟性がもたらされます。ビジネスソフトウェアに関する従来の考え方にとらわれず、独特のクリエイティブなソリューションを作成できます。どんなことができるかの例を次の動画でご覧ください。

Salesforce データを Minecraft に統合できるのもすごいことですが、API の実務的なアプリケーションもたくさんあります。標準機能を使用している場合でも、カスタムアプリケーションを構築している場合でも、Salesforce を使用するたびに API とやりとりすることになります。

リソース

Rights of ALBERT EINSTEIN are used with permission of The Hebrew University of Jerusalem. (ALBERT EINSTEIN の権利は、ヘブライ大学の許可を受けた上で使用しています。)Represented exclusively by Greenlight. (Greenlight が排他的に代理人を務めています。)