Social Studio の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ソーシャルマーケティングと Social Studio がビジネスにどのように役立つかを説明する。
  • Social Studio の主要な機能を説明する。

Social Studio へようこそ

今日のマーケターは、ソーシャルメディアが、強力なブランドを築き、コミュニティと交流し、商品についての率直なフィードバックを集めるのに最適であることを知っています。ソーシャルチャネルを使用すれば、顧客のさまざまな面を捉えることができます。つまり、カスタマーサービスの苦情、商品への賛辞、エピソードやストーリーといったことです。これらをすべて見ることはマーケターにとって重要です。また、ソーシャルメディアマネージャからタイムリーに応答する必要があることが状況を複雑にします。顧客は目に付きやすい複数のソーシャルプラットフォームで直接会社とやりとりできるため、すばやい応答を期待します。 

Social Studio は、これらの課題と需要をすべて管理するために役立ちます。Social Studio を使用すれば、地理的距離、ブランド、部門に分散する個人やチームの間で、コンテンツを計画し、スケジュールできます。さらに、コンテンツを公開した後に、顧客とエンゲージし、投稿のパフォーマンスを、公開済みの他のコンテンツと比較できます。

Northern Trail Outfitters のキャンプに関する投稿が表示されている Social Studio の公開インターフェース

フォローしましょう

さらにシンプルに説明すると、Social Studio では、オーディエンスをリスンし、追跡し、それに応答することができます。それによって社内のマーケティング、営業、サービスの各チームは、人気のあるソーシャルチャネルを通じて顧客とつながることができます。 

Social Studio の概要を把握するには、次の動画をご覧ください。 

Social Studio のアクション

Social Studio では、次のことができます。

ワークスペースを設定することで世界中、国別、地区別などの領域別にチームをすばやく編成し、ブランドやビジネス機能別にワークスペースを整理します。ワークスペースを使用すると、キャンペーン、コンテンツ作成、公開のためのコラボレーションを促進できます。

ワークスペースカレンダーでコンテンツのスケジュールと設計を行います。チーム用に設計されて完全な機能が搭載された計画ツールとスケジュールツールにより、今後と過去のコンテンツカレンダーを管理できます。

単なるテキスト入力ボックスではなく、インテリジェントなソーシャルネットワークプラットフォームを使用して、特定のネットワーク用の完璧なソーシャルコンテンツを作成します。画像や動画を添付することで、さらにインパクトを高めることができます。

簡単に作成してカスタマイズした承認ルールを使用し、コンテンツをプレビューして承認してから公開することができます。承認ルールによってブランドの整合性を保護し、情報に一貫性を持たせることができます。承認者の通知は、Social Studio に表示され、メールでも送信されます。Social Studio モバイルにログインして使用している場合、通知はプッシュ通知として表示されます。

ソーシャルネットワークのオーディエンスにエンゲージして応答し、変化するコンテンツに集中できます。ショートカットと一括アクションを使用し、目標、チーム、権限を他のコンテンツ目標と合わせることができます。

マクロを使用して共通のアクションとプロセスを自動化し、コンテンツの分類、レポート、ルーティングを行うことができます。

次の表は、Social Studio プラットフォーム内の主な機能とタスクを示しています。

Social Studio のコンポーネント
説明
システム管理者
管理機能を管理します。

ユーザ、トピックプロファイル、ソーシャルアカウント、マクロの追加と管理を行います。既存の Salesforce Service Cloud アカウントと Marketing Cloud アカウントを Service Cloud と Marketing Cloud への統合のために接続します。
公開
会話を開始します。

公開では、コンテンツを作成して、複数のチャネルにわたる 1 つ以上のソーシャルアカウントに、ほぼリアルタイムに公開したり、後で投稿するようにスケジュールしたりできます。
エンゲージ
会話に参加し、会話を管理します。

エンゲージでは、公開を使用して作成したコンテンツから始まった会話に進行役として参加できます。分類とワークフローのコントロールを使用して、あらゆる規模のソーシャルエンゲージメントを管理し、ソーシャルカスタマーサービスやリード生成などのさらに複雑な使用事例を可能にします。
分析
会話を理解します。

分析を使用すると、複数のソーシャルアカウントとトピックプロファイル、所有するソーシャルアカウントからのディスカッション、さらに広範囲なソーシャルニュースをモニタリングできます。共有するためのカスタムダッシュボードを作成します。
Einstein Vision
データを使用して画像を分類します。

人工知能を使用し、入ってくる画像を自動的に分類します。Einstein では、ロゴ、シーン、食べ物、物ごとに画像を分類できます。返されるデータにより、ブランドについて、何が重要で、何が議論されているかに関する深いインサイトを得ることができます。

Social Studio は概して、投稿の管理、スケジュール、作成、モニタリングを 1 か所で行うソリューションです。では、これらの機能を活用できるように準備していきましょう! 次の単元では、Social Studio のナビゲーションと、ユーザーのロールや権限を管理する方法を説明します。 

リソース