GitHub および Travis 継続的インテグレーションの下準備

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • 継続的インテグレーションによって開発者や顧客にどのような利点があるかを説明する。
  • Salesforce DX を使用した継続的インテグレーションに必要なツールを挙げる。

継続的インテグレーションとは?

継続的インテグレーション (CI) は、ソフトウェア開発のベストプラクティスです。CI を採用すると、開発チームが作成したコードがすべて中央リポジトリに取り込まれ、自動ビルドで検証できます。この手法では、開発チームが変更を顧客にリリースする前に、問題を検出してバグを特定し、その問題やバグを修正できるようになります。

CI は保険契約のようなものです。自動車保険を契約しないまま、あえて街中を運転しようと思いますか? 思わないですよね! 昨今のアジャイル開発環境では、ユーザに変更を簡単に転送できます。CI システムを実装していれば、システムが滞りなく機能し続ける中でごくわずかな変更も確実に処理されます。ソフトウェアの利害関係者 (つまり「顧客」のことです) を満足させる秘訣は、早期検出・早期修正です。

これで CI によって会社の資金を節約できることがわかりました。次は、Salesforce DX を使用して CI を設定する手順について説明します。以前のモジュールで説明したとおり、Salesforce DX では使用するツールを選択できます。こうした柔軟性により、開発者がその好みに応じた CI や継続的デリバリー (CD) サービスを利用できます。このモジュールでは、次の 2 つのクラウドベースのソリューションを活用することにしました。

  • GitHub - バージョン管理システム (VCS) で、中央リポジトリに使用します。
  • Travis CI - GitHub とスムーズに連携します。

始める前に

このモジュールの手順に従うために、以下の設定が済んでいることを確認してください。
  • Salesforce CLI をインストールしているか?
  • Developer Edition 組織または Trailhead Playground で Dev Hub を有効にしているか?

「Salesforce DX を使用したアプリケーション開発」モジュールを修了した方は、同モジュールで完成させる必要のあったツツールを備えているものと思われます。よくわからない場合は、最初に上記のモジュールに取り組むことをお勧めします。

GitHub アカウントの作成および Git のインストール

どの VCS も使用できますが、当社では GitHub の Git を好んで利用しています。開発者や開発チームがプロジェクトで協力しやすいためです。ここではまず、GitHub からサンプルアプリケーションを取得します。

それでは始めましょう。

  1. GitHub に登録します。
  2. GitHub の説明に従って、Git を各自のマシンにインストールします。
メモ

メモ

このモジュールでは、HTTP を使用して GitHub リポジトリからサンプルを取得します。実務では SSH を設定することをお勧めします。SSH は、GitHub に保存するコードに安全に接続する最も容易な手段です。GitHub の説明に従って、SSH 鍵を GitHub アカウントに追加します。

GitHub からのサンプルアプリケーションの取得

  1. GitHub の設定が済んだら、このプロジェクトに使用するアプリケーションを取得しましょう。このためには、既存の GitHub リポジトリの複製を作成します (GitHub 用語では「フォーク」といいます)。

    1. sfdx-travisci GitHub リポジトリを開きます。
    2. リポジトリで、[Fork (フォーク)] をクリックします。
    3. フォーク先の GitHub アカウントを選択します。フォークを実行すると、リポジトリの自分用のコピーが作成されます。
    4. コマンドウィンドウから、次のコマンドを実行します。
      git clone https://github.com/<GH_username>/sfdx-travisci.git
      <GH_username> は各自の GitHub ユーザ名に置換します。このコマンドは、リポジトリのすべてを取得してローカルに保存します。このリポジトリには、設定済みの Salesforce DX プロジェクトが格納されています。 
    メモ

    メモ

    .zip ファイルをダウンロードして展開することもできます。

     

    5.Travis CI サンプルアプリケーションディレクトリに移動します。

Travis CI アカウントの作成

Travis CI の使用を開始する手順は簡単です。GitHub ログイン情報を使用してログインします。

  1. Travis CI Web サイトに移動して、[Sign Up (サインアップ)] をクリックします。
  2. [Authorize travis-ci (travis-ci を認証)] をクリックし、GitHub ログイン情報でログインしてから GitHub パスワードを入力します。実際にはこの時点で GitHub.com にアクセスしています。Travis CI がログイン情報を確認することはありません。
  3. ログインしたら、各自の写真をクリックしてプロファイル設定に移動します。
  4. Sfdx-travisci リポジトリを見つけて、自身のリポジトリの Travis CI をオンにします。Travis CI リポジトリの切り替えスイッチTravis CI と GitHub の同期に数分かかることがあるため、自身のリポジトリがすぐに表示されなくてもそのまま待機します。

これで完成です。これで GitHub リポジトリを追跡する Travis CI が設定されました。後ほど、CI プロセスの手順を記した .travis.yml 設定ファイルを見ていきます。

Travis CI クライアントのインストール

Travis CI コマンドラインインターフェース (CLI) をインストールします。macOS を使用している場合は、設定によって、sudo で始まるインストールコマンドの実行を求められることがあります。

正常にインストールされたことを確認するために、コマンドウィンドウで travis コマンドを実行します。

travis

正常にインストールされた場合は、出力に使用可能な Travis CI コマンドが示されます。

Travis コマンドの出力