パートナープログラムについて

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce とそのパートナーの関係について説明する。
  • AppExchange パートナープログラムとコンサルティングパートナープログラムを区別する。
  • AppExchange パートナーとコンサルティングパートナーが行うことを挙げる。

Salesforce のパートナーになるとはどういうことか?

ビジネスには企業の真摯な取り組みが反映され、顧客へのコミットメントが示されます。ビジネスパートナーと提携する場合の目的は、独力では実現できない目標を達成することです。もちろん、パートナーシップを結んだ場合、あらゆる面で主導権を握るということはないため、慎重に判断する必要があります。きちんと理解したうえで提携するためには、相当の努力が必要です。

Salesforce では、ビジネスパートナーとの提携においても、エンタープライズソフトウェアと同じことを行います。つまり、細部に注意を払い、パートナーの皆様がビジネスに専念できるようにします。

陽に照らされた室内でテーブルを囲むビジネスパートナー

ビジネスパートナーシップの締結は大仕事

ビジネスパートナーシップの締結の経験がある方なら、膨大な確認事項があることをご存知でしょう。ここでは細かく説明しませんが、提携時の経験則があり、その代表的なものは以下のとおりです。

  • ビジネス提携は信頼する相手とのみ行う。人生にこれ以上の悲劇は必要ありません。
  • ビジネスパートナーによって何がもたらされるかを理解する。このパートナーは成功を収めているか?
  • 明確な役割と責任を定義する。お互いが相手の領域に足を踏み入れ、煩わせるようなことはしたくありません。
  • 必要なときにビジネスパートナーを頼りにできるか自問する。

理想的なビジネスパートナーシップを形成するためには、努力とコミットメントを要します。時間をかけて詳細を詰めることをしなければ、この先どこかで驚くことになりかねません。

詳細はお任せください

Salesforce パートナープログラムでは、健全なビジネスパートナーシップに必要な項目を 1 つずつチェックしていきます。当社とのパートナーシップに関する全条件を明示した標準契約書をお渡しします。この契約書により、手間が省け、インセンティブが調整され、リスクが軽減されます。

Salesforce との提携では、信頼について心配する必要はありません。Salesforce では、お客様の信頼を基盤にビジネスを構築し、自身の信頼も確立しています。当社のビジネスパートナーは、当社の家族、つまり当社の Ohana の一員です。お互いを頼りにし、成功を分かち合います。

Dreamforce に詰め掛けた大勢の人々

そして、こうした何千社もが、当社のパートナーになることでビジネスを成功させています。ですから、当社が何をもたらすかはおわかりでしょう。Salesforce エコシステムでは、顧客を特定してつながり、その問題を解決することができます。そして、顧客から惚れ込まれます。

Salesforce パートナーとして当社に参加する際には、ビジネスの計画および成長から、サービスのマーケティングやソリューションの配布まで、各段階で必要なものをすべて当社が提供します。

Salesforce パートナープログラムによってどのような機会がもたらされるのでしょうか? これまでのところ、なかなかの成果を挙げています。IDC 社のこの報告書によると、Salesforce パートナープログラムによって 2020 年までに、世界各国で 190 万人分の雇用が創出され、事業を運営している各国の GDP の合計が 3890 億米ドルに達することが予想されています。当社のパートナーエコシステムでは、Salesforce が 1 米ドル稼ぐごとに 4 米ドルを超える収益が生み出されています。どの当事者にとってもかなり良い取引のように思われます。

Dreamforce で講演する Marc Benioff

その上、誰もが経験や知識を気軽に披露する、活発な Salesforce パートナーコミュニティにも参加できます。各種業界のパートナーが集まるこのコミュニティは拡大の一途を辿っています。ナンバーワンのビジネスアプリケーションマーケットプレイスである AppExchange も統合されています。AppExchange では、パートナー製のソリューションやサービスを求める顧客を簡単に見つけることができます。

Salesforce のパートナーになるにはどうすればよいか?

Salesforce との関係は、御社の目的によって異なります。Salesforce プラットフォームを利用して独自のソリューションを開発し、競争で優位に立つことが目的ならば、AppExchange (ISV) パートナーとして参加することが適しています。このパートナーになると、ソリューションを開発し、Salesforce ストアである AppExchange に公開してサポートを提供するためのツールやリソースにアクセスできます。

あるいは、他の人々が Salesforce を効率的に使用できるようにすることが目的の場合は、コンサルティング業務を立ち上げ、自身の専門知識を活用して、顧客が望むものを装備できるようにサポートすることができます。コンサルティングパートナーになると、当社が御社のチームにトレーニングを実施し、実務を整備して、AppExchange でサービスを販売するお手伝いをします。

Salesforce Ohana

どちらの場合も、Salesforce のパートナーになることで、当社の Ohana の一員になります。お客様の成功が Salesforce の成功です。成功への道のりの各段階で当社を頼りにしていただけます。

パートナーは何をするのか?

AppExchange パートナーとコンサルティングパートナーでは、何をどのように販売するかが異なります。AppExchange パートナーは、AppExchange でソリューションを販売します。このソリューションの種類は、ソフトウェア開発のビルディングブロック (Lightning コンポーネントなど) から、Salesforce プラットフォームで実行され、外部サービスを使用する本格的なアプリケーションまでさまざまです。

コンサルティングパートナーの場合は、ソフトウェアの移行、システムインテグレーション、カスタムアプリケーションなどでサポートを必要とするクライアントに Salesforce の専門知識を提供します。各自の専門知識は、Salesforce の最新の認定を受け、成果を挙げたプロジェクトのポートフォリオを作成するという方法で実証します。次に例を示します。

  • ヘルスケアのトップ企業でケース管理ソリューションを立ち上げ、経費を 20% 削減した。
  • 大手の多国籍企業に統合型カスタマーコミュニティを構築して、顧客満足度を大幅に向上させた。

Salesforce パートナープログラムによって、事業活動の構造が整えられるため、パートナーは顧客への価値の提供に専念できます。さらに、他のパートナーと関係を構築すれば、ビジネスを成長させ、実務経験を拡大できます。

パートナーライフサイクルについては、後続の単元で説明します。この 2 種類のパートナーシップについての詳細は、「AppExchange パートナーの基本」および「コンサルティングパートナーの基本」モジュールを参照してください。これらのモジュールは、Salesforce パートナーになるとはどういうことかをわかりやすく説明するために作成されたものです。

使用を開始するには?

その疑問にお答えします。パートナープログラムについて理解を深めたところで、ビジネスを構築する次のステップに進みましょう。お客様のプログラムへの参加は当社にとって嬉しい限りです。お客様の成功に向けて協力していくことを楽しみにしています。

次の単元では、Salesforce パートナーコミュニティに進み、お客様をサインアップします。すでにパートナーで、コミュニティの使い方をご存知の場合もお付き合いください。当社では常にパートナー環境の向上に努めているため、次の単元で何らかの新しいトリックを学べるかもしれません。

リソース