見積とは?

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce CPQ での見積という言葉の 2 つの意味を挙げる。
  • Salesforce CPQ の見積が Salesforce の商談と商品に関連付けられる方法を説明する。
  • ほとんどの見積に共通する販売の詳細を特定する。
  • 主見積の役割を説明する。

見積の他の呼び名

顧客が見積を依頼する場合、通常は購入を決定するための詳細情報 (購入する商品やその価格など) を求めています。この情報は、印刷されたドキュメント、メール、または電話で提供できます。見積は人によって異なるものを意味する場合があるため、Salesforce CPQ のコンテキスト内での見積の定義についてここで説明します。

実は、Salesforce CPQ では「見積」という言葉が 2 つの異なる方法で使用されています。ほとんどの人が見積と聞いて思い浮かべるものから始めましょう。これは顧客が購入を希望している商品やサービスに関する情報が含まれたドキュメントです。これには、あなたと顧客の連絡先情報 [1]、総計が計算された価格表 [2]、日付や署名欄 [3] などが含まれます。次の例は、標準の Salesforce CPQ 機能を使用して生成される基本的な見積です。

ドラフト提案の最初のページ
ドラフト提案の 2 ページ目

見積データの電子レコードを表すためにも「見積」という言葉が使用されます。このレコードは PDF 形式で表されます。このレコードには、見積の各商品に関する情報 (割引率や正味金額など) に加えて有効期限や総計などの詳細が含まれます。実際に PDF で目にする内容のほとんどは、この見積レコードから取得されています。

そのため、Salesforce CPQ の見積という言葉は、電子レコードを指している場合とそのレコードから作成された PDF ドキュメントを指している場合があります。通常はコンテキストからどちらの見積を意味しているか判断できますが、この 2 つを明確に区別するため、多くの場合 PDF バージョンは「出力ドキュメント」と呼ばれます。

見積と商談の関係はピーナッツバターとジャムの関係のようなもの

次は、見積がどのように Salesforce フレームワークに適合するか見ていきましょう。

慣れ親しんだ既存の商談で開始します。その商談について、あなたとあなたの営業チームは [見積] 関連リストから見積を作成できます。[新規見積] をクリックしたら、見積の有効期限などの基本情報を入力し、見積に含める商品とサービスを選択します。これらは標準の Salesforce 商品です。他の金額と共に見積合計に加算されます。次の単元で Salesforce CPQ を使用して商品を簡単に選択できる方法を説明しますが、ここでは、他のレコードの保存と同じように Salesforce で見積を保存します。

特定の商談に対していくつでも好きなだけ見積を作成できます。実際に、営業は反復プロセスであるため、営業担当は多くの場合複数の見積を作成します。1 つの見積にすべてのオプションを含め、別の見積をシンプルにするといいかもしれません。1 回の商談で顧客に多数のオプションをすべて提示できるため、見積を交渉ツールとして使用できます。

複数の見積がそれぞれ独自の商品に流れている商談フローチャート

1 つの見積によるすべての管理

商談に多数の見積が含まれている場合でも、主見積として指定できるのは 1 つのみです。つまり、主見積は商談との特別なリレーションがあります。たとえば、主見積の見積総額は商談の [金額] 項目に転送されます。[商品] 関連リストも見積の商品で更新されます。後で別の見積を主見積にした場合、商談は自動的にその新しい詳細を反映して更新されます。

これまでの内容をまとめると、見積は、顧客に提供するドキュメントと見積データの電子レコードの両方の意味があります。商談時に、新規見積を作成します。その商談に対して多数の見積を作成できますが、主見積にすることができるのは 1 つのみです。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる