Salesforce CPQ の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 営業サイクルでの Salesforce CPQ の役割を説明する。
  • 従来のセールスプロセスに共通する非効率性を特定する。
  • Salesforce CPQ で営業チームの課題に対応する方法を説明する。

CPQ で顧客を VIP として対応して ETA を最速化する

あなたと Infnity Solutions のあなたの営業チームの他のメンバーは、迅速に商談を成立させたいと考えています。これは事実であり、Salesforce を使用している理由の 1 つです。また、これはこのモジュールに時間を費やす理由でもあります。このモジュールでは、あなたとあなたのチームがさらに短期間で商談を成立させるために役立つネイティブ Salesforce アプリケーション、Salesforce CPQ について学習します。

CPQ は、設定 (Configure)、価格 (Price)、見積 (Quote) を表します。これを覚えるには、次の質問を思い浮かべてください。顧客が購入したい商品は何か (設定)? それらの商品はいくらか (価格)? 顧客に販売の詳細をどのようにして提供できるか (見積)?

設定、価格、見積アイコン

これらの質問とその回答は日常業務で必要になります。Salesforce CPQ を使用すると、あなたとあなたのチームにとってこのプロセスが非常に簡単になります。さらに、完全で正確かつプロフェッショナルな、質の高い見積の作成にも役立ちます。

これまでずっとチームで付箋を使用して詳細を追跡してきたから?

付箋とは限りませんが、多数の手動更新が行われています。つまり、現在のシステムは正常に機能していないため、新しいソリューションが必要なことがわかっています。

  • あなたと他の Infinity Solutions 営業担当は手動で見積をまとめ、商品と価格が正しいことを願っています。
  • 顧客は、最終的に受け取ったときに正確でない可能性がある見積を待っています。
  • Infinity Solutions 営業業務スタッフから、商談と関連システムを更新したり、データに誤りがある場合は修正するようにいつも言われています。

最終的には、かなりの労力を費やした後に商談が成立するでしょう。そのうちに。うまくいけば。

プロセスを早めるために独自のソリューションを構築することも考えましたが、そのようなソリューションは維持することが難しいことがわかっています。以前の職場では、1 人の担当者のみがツールの維持方法を把握し、単独で運用していました。

Infinity Solutions が独自の CPQ ツールを作成した場合、そのツールが Salesforce や他のシステムと適切に連携し、完全に統合できたら運がいい方だということもわかっています。運が悪ければ、チームはすべてのシステムにデータを手動で転送する誰かを採用する必要があります。

最後に、Infinity Solutions には定着しているセールスプロセスがあっても、すべての営業担当がそのプロセスに従っているとは限りません。チームの一部はそのルールに従うための支援が必要であり、ルールの適用には時間がかかります。その時間をより有効に活用できる良い方法があることがわかっています。

CPQ で実際にできることは?

Salesforce CPQ を使用すると、あなたとあなたの営業チームはわずかな労力と最小限のエラーで見積をすばやく作成できます。CPQ の素晴らしさがわかる簡単な説明を次に示します。

C は設定を表します。顧客が購入するものを選び出します。

P は価格を表します。自動的に合計されるため、非常に簡単です。

Q は見積を表します。プロフェッショナルな PDF が生成されます。

これらを Salesforce CPQ で実現できます。

それでは、詳しい説明を見てみましょう。

C は設定

顧客に関する質問と顧客が何を探しているかの質問に答えることから開始します。たとえば、顧客は営利団体、政府機関、学術機関のどれに該当するでしょうか? この回答と Infinity Solutions でのセールスプロセスに固有の他の質問の回答に基づき、カスタマイズされた商品のリストが表示されます。Salesforce CPQ はスマートなルールを使用して、あなたと営業担当が関連商品をまとめて販売 [1] し、互換性のない商品が同じ見積に含まれないようにします。

2 つの商品名が強調表示されている [商品の設定] 画面

P は価格

販売する商品の正しい価格を知る必要がありますが、Salesforce CPQ は真の価格設定ソースとして機能します。あなたと営業担当は自由裁量の割引を適用 [1] できる一方で、計算 [2] を含む残りは Salesforce CPQ が処理します。計算はすべて Salesforce CPQ で自動的に実行されます。計算機ではなく顧客に集中できるのです。

1.[追加割引] と 2.合計

Q は見積

あっという間にすべての見積の詳細が含まれた PDF を生成し、1 回のクリックだけで顧客に送信できます。会社の見積の外観をカスタマイズできるため、プロフェッショナルな見積が生成されます。チーム全体が Salesforce CPQ を使用すると、すべての見積の外観が同じになります。見積も動的であるため、見積に契約特記事項が必要であれば、自動的に表示されます。電子署名インテグレーションを追加すれば、商談を今までよりも短期間で成立させることができます。

ドラフト提案例

Salesforce CPQ を使用すると、あなたとあなたの営業チームは新しい商談の作成から顧客への見積の提供までをわずか数分で行うことができます。プロセスの速度と管理が向上すれば、エラーが減少し、商談の成立が早まり、データがより正確になり、パイプラインを進む商談数が増加します。

Salesforce CPQ は、営業チームの強化と効率化に役立ちます。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる