価格の計算

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ビジネスが Salesforce CPQ 価格計算機能から得られる利点を説明する。
  • 見積の作成時に Salesforce CPQ 価格計算機能が使用されるタイミングを説明する。
  • 標準の Salesforce CPQ で満たすことができる一般的な価格設定要件を説明する。

価格は確実に正確

ビジネスの世界は絶えず変化しています。Salesforce CPQ の動的な価格設定は、その変化に対応するために必要な柔軟性があります。あなたと Infinity Solutions の営業担当は有効で適切な見積を提示するために、適切な時点での正しい価格設定が必要です。Salesforce CPQ の価格計算機能では、価格設定が常に正しく、見積に手動計算のエラーがないことを確信できます。たとえば、営業業務部門の Seamus は Infinity Solutions の価格設定を簡単に変更できます。見積の作成時に、あなたと営業チームには更新された価格が表示されます。

見積に商品を追加すると、見積のその商品の価格が自動的に計算されます。商品の数量の変更など、その後の見積へのすべての変更は見積の価格設定に反映されます。見積の作成時に定義したサブスクリプション期間に基づき、サブスクリプション商品とその価格も自動的に計算されます。

そろばんでもスプレッドシートでもない、CPQ 価格方式

それでは価格はどこから取得され、Salesforce CPQ はどのようにして Infinity Solutions のさまざまな価格設定要件を満たすのでしょうか? 標準の Salesforce 機能でその一部が実行され、Salesforce CPQ の価格方式と計算で残りが実行されます。

ほとんどの商品の開始点は、標準の Salesforce 価格表です。価格表には、すべての Infinity Solutions 商品のリスト価格または標準価格が含まれています。もちろん、複数の価格表とマルチ通貨を使用する場合は、その基本開始点から拡張することができます。営業業務部門の Seamus が、取引先である MondoCorp に特別な商品価格を定義したい場合、その取引先だけの契約価格を作成できます。

その開始点の他に、Salesforce CPQ で商品ごとに異なる価格方式を使用できます。つまり、Infinity Solutions はさまざまな方法で商品の価格を設定できます。たとえば、Seamus が商品の単位コストを設定した後に、あなたと営業チームがコスト + マークアップ価格方式を適用できます。数量が特定の範囲内である場合は特定の価格にする必要がある商品が Infinity Solutions にある場合、Seamus はブロック価格方式を選択します。そこで、Seamus はさまざまな数量ブロックと各ブロックに関連付けられた価格を定義します。

割引が簡単

Salesforce CPQ で提供される機能は、最初の商品価格の設定だけではありません。Seamus は、ボリュームベースの価格用の階層割引を処理するために割引率表を適用できます。サブスクリプション商品に割引率表を適用して、見積で設定した全体のサブスクリプション期間に基づき自動的に割引することもできます。

さらに柔軟に設定する必要がある場合、あなたと営業チームは割引を品目ごとに入力できます [1]。また、Seamus は Salesforce CPQ を使用して、条件ベースの価格設定の取得や価格ルールを使用した計算など、より複雑な価格設定シナリオを処理できます。

1.[追加割引] が強調表示された [見積品目エディタ] 画面

Salesforce CPQ に価格を計算させることで、あなたと営業チームは技術的および商業的に実行可能な見積を作成していることを確信できます。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる