進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce 組織のページでのフローの表示

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Lightning ページにフローを表示する事例を説明する。
  • Lightning ページの種類を挙げる。
  • 新しい Lightning ページを作成し、そこにフローを追加する。

フローが Salesforce 組織の内部ユーザ向けのもので、頻繁に使用される場合は、Lightning ページに追加して、見つけやすくします。

次の質問をすることで、この方法が適切であるかどうかを確認します。

  • このフローは、画面領域を使用する価値があるほど重要か?
  • このフローは頻繁に使用されるか?
ヒント

ヒント

Lightning ページにフローを追加すると、ページが読み込まれるたびにフローが開始され、最初の画面が表示されます。フローにその画面より前の要素が含まれていると、ユーザが別の要素で作業している場合でも、それらのアクションが実行されます。意図しないアクションを避けるため、これらのフローの最初の要素は画面にすることをお勧めします。

Lightning ページ

Salesforce のページの範囲としてフローを公開する場合は、Lightning ページが唯一の選択肢です。Lightning ページについて知っておくべきことはすべて「Lightning アプリケーションビルダー」モジュールに記載されています。ただし、そのバッジをまだ獲得していない方のために、概要を簡単に説明します。

Lightning アプリケーションビルダーは、Salesforce モバイルアプリケーションや Lightning Experience のカスタムページを簡単に作成するためのポイント & クリックツールで、ユーザに必要なものが 1 か所にまとめられています。

Lightning ページは、Salesforce アプリケーションまたは Lightning Experience で使用するページを設計できるカスタムレイアウトです。Lightning ページは、コンポーネントを含む範囲で構成されます。

Lightning ページにはいくつかの種類があり、用途がそれぞれ異なります。

  • ホームページ: Lightning Experience でユーザがホームに移動したときに表示されるページ
  • レコードページ: Lightning Experience でユーザが取引先やケースなどのレコードを開いたときに表示されるページ
  • アプリケーションページ: オブジェクトに関連付けられていないページ
  • メールアプリケーションページ: Lightning for Outlook や Lightning for Gmail でユーザに表示されるページ

これらのページを作成または更新するには、Lightning アプリケーションビルダーを使用します。ページの適切な範囲にコンポーネントをドラッグし、プロパティを設定すれば完了です。

Lightning ページへのフローの追加

有効なフローを Lightning ページに追加するのがどれほど簡単かを見てみましょう。ここでは、取引先のレコードページを取り上げますが、どの種類の Lightning ページでも同じことができます。

  1. グローバル検索バーで、「Edge」と入力し、[Edge Communications] 取引先を選択します。
  2. 設定ギアボタン をクリックして、[編集ページ] を選択します。
  3. フローコンポーネントをキャンバスの右列の最上部にドラッグします。
    フローコンポーネントを取引先ページにドラッグ
  4. [フロー] で、作成したフロー [Sample Flow (サンプルフロー)] を選択します。
  5. 変更を保存して有効化します。必ず [組織のデフォルトとして割り当て] を選択してください。

フローのテスト

[戻る] をクリックして Edge Communications 取引先に戻り、ページを更新し、フローの動作を見てみましょう。 取引先レコードページに表示される [Sample Flow (サンプルフロー)]

ここでは、取引先ページの狭い列にフローを配置していますが、自由な方法でフローを Lightning ページに追加できます。広い列に配置したり、全体の幅の列に追加したり、ページ全体でそれだけを表示したりできます。試しに、タブコンポーネント内にフローを配置すると次のようになります。Lightning ページのタブ内に表示される [Sample Flow (サンプルフロー)]