進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

フロー配布の開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • フローを配布する前に何を行う必要があるかを説明する。
  • フローを配布するさまざまな方法を挙げる。
  • 簡単な画面フローを作成する。

何日も、あるいは何週間も苦労して、やっと価値のあるフローができたとします。それは、ユーザが正式なビジネスプロセスに従うようにするものかもしれません。または、ユーザが繰り返し作業をしなくてすむようにするものかもしれません。あるいは、まったく別のことを自動化するものかもしれません。1 つ確かなことは、それによってユーザの時間と組織のコストを節約できるということです。ただし、この時点では単に Salesforce の「設定」に存在しているだけのもので、ユーザはアクセスすることができません。

フローの作成とテストが完了した後に、もう 1 つ決定しなければならないことがあります。それは、どのようにしてユーザがフローにアクセスできるようにするかということです。

フローのライフサイクル

フローを配布する方法を数えてみましょう

フローを配布する方法は多数あり、そのそれぞれに注意事項と考慮事項があります。たとえば、フローを Lightning ページに 1 つ配置し、ユーティリティバーにも 1 つ配置することができます。Lightning Experience でのみ使用できる配布方法もあれば、Salesforce Classic に適している配布方法もあります。ユーザがそこに移動できるよう、画面を使用したフローは、次の場所に配置できます。

  • Lightning ページ
  • フローアクション
  • ユーティリティバー
  • コミュニティページ
  • カスタム Lightning コンポーネント
  • Visualforce ページ
  • Web タブ
  • カスタムボタンとカスタムリンク

画面があるフローだけでこれだけあります。自動起動フローにプロセス、ボット、Apex アクション、API を加えると、リストはかなり長いものになります。

このモジュールでは、Lightning Experience で画面フローを配布する 4 つの主な事例と、そのそれぞれにお勧めの方法について説明します。

簡単なフローの作成

このモジュールは、フロー作成についてのものではありませんが、配布するものがなければフローの配布について説明するのは困難です。ですから、このモジュールの他の単元で使用できるフローを作成しましょう。これは意図的に非常に簡単なものになっています。1 つの画面要素と、その画面上に 1 つの項目があるだけです。これらの配布方法は簡単なフローでも複雑なフローでも機能するため、実際のフローにも使用できます。

  1. フローを作成します。
    1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「フロー」と入力し、[フロー] を選択します。
    2. [新規フロー] をクリックし、Flow Builder キャンバスを開きます。
    3. [画面フロー] を選択し、[作成] をクリックします。
  2. 画面要素をフローに追加します。
    1. ツールボックスから、[画面] をクリックして、キャンバスの開始要素の近くにドラッグします。
    2. [表示ラベル] に「My Screen (私の画面)」と入力します。
    3. [ナビゲーションを制御] で、[前へ][一時停止] がオフになっており、[[次へ] または [完了]] のみがオンになっていることを確認します。
  3. 画面にテキスト表示項目を追加します。
    1. [画面コンポーネント] タブで [表示テキスト] をクリックします。
    2. [表示テキスト] プロパティペインの [API 参照名] に「myText」と入力します。
    3. テキストボックスに「Hello, World!」と入力します。
    4. [完了] をクリックして、画面を保存します。
  4. [開始] の下部にあるノードをクリックし、[画面] にドラッグします。
  5. フローを保存します。「Sample Flow」 (サンプルフロー) と名前を付けます。
  6. Flow Builder のボタンバーで [有効化] をクリックします。これでフローは有効になりました。

ユーザがフローを実行できることを確認する

フローを配布するさまざまな方法を具体的に説明する前に、ユーザが実際にフローを実行できることを確認しましょう。デフォルトでは、すべての配布方法が「フローを実行」権限に連動しています。「フローを実行」権限を組織のユーザプロファイルまたは権限セットに追加し、その権限セットを適切なユーザに割り当てます。フローに割り当てられた権限を表示するには、フローの横にある 下矢印 をクリックし、[編集アクセス権] をクリックします。フローで [デフォルト動作を上書きし、有効化されたプロファイルまたは権限セットにアクセスを制限します。] が選択されている場合、そのフローを権限セットまたはプロファイルに追加し、それを適切なユーザに割り当てます。権限セットの作成と割り当てについての詳細は、Salesforce ヘルプの「権限セット」を参照してください。

メモ

メモ

「フローを実行」システム権限によって、ユーザは有効なフローを実行できます。無効なフローを実行できるのは、「フローの管理」ユーザ権限を持つ管理者のみです。

リソース