Salesforce 組織外のページでのフローの表示

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Salesforce 組織の外部でフローを表示する事例を説明する。
  • エクスペリエンスビルダーページの種類を挙げる。
  • 新しいエクスペリエンスビルダーページを作成し、そこにフローを追加する。

Salesforce 組織にログインしているユーザ向けには、Lightning ページ、フローアクション、ユーティリティバーと多くのオプションがあります。けれども、Salesforce ライセンスを持っていない人々がフローにアクセスできるようにするにはどうすればよいでしょうか?

幸いなことに、フローを組織のエクスペリエンスビルダーサイトに追加することができます。サイトへのフローの追加は、Lightning ページへのフローの追加と同じくらい簡単です。エクスペリエンスビルダー上に構築されたサイトに最適なフローの例を次に示します。サイトには顧客向け、パートナー向け、従業員向け、またはまったく別のグループ向けのものがあります。

  • アンケート
  • 登録フォーム
  • 関心表明フォーム
  • (販売車向けなどの) 見積ジェネレーター

高度な操作

エクスペリエンスビルダーサイトを使用しない場合には別の選択肢がありますが、それには開発スキルが必要です。開発者は、Lightning Out を使用して外部アプリケーションに lightning:flow コンポーネントを埋め込むことができます。手始めに「Aura コンポーネントの基本」モジュールをご確認ください。

エクスペリエンスビルダーページ

Experience Cloud サイトの作成で最初に行う作業の 1 つはテンプレートを選択することです。各テンプレートには、特定のエクスペリエンスビルダーページのセットが含まれています。ただし、すべてのエクスペリエンスビルダーページがこれらのカテゴリのいずれかに該当するとは限りません。

  • 私のページ: ユーザが作成する標準ページです。(作成したオブジェクトページは [オブジェクト] に表示されます)。
  • テンプレートページ: サイトテンプレートに付属するデフォルトのページです。
  • オブジェクト: サイトのオブジェクトのページで、オブジェクトのレコード詳細、リスト、関連リストページが含まれます。
  • 汎用レコードページ: これらの汎用ページは、カスタムオブジェクトページが存在しない場合に、Salesforce オブジェクトのレコード情報を表示するために使用されます。
  • ログインページ: サイトテンプレートに付属するデフォルトのログインページです。

エクスペリエンスビルダーページへのフローの追加

ユーザ向けのサイトを設定するには、入念な計画や多くのノウハウが必要です。ただし、サイトがなければ、サイトにフローを追加する方法を説明できないため、まず簡単にサイトを作成してから、フローを追加しましょう。フローを作成するために使用する要素とコンポーネントについて説明しましたが、エクスペリエンスビルダー内ではフロー自体がコンポーネントです。次はそれを説明します。

  1. Trailhead Playground でデジタルエクスペリエンスを有効にします。(すでに有効になっている場合は、ステップ 2 に進みます。)
    1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「デジタル」と入力し、[デジタルエクスペリエンス] の下の [設定] をクリックします。
    2. [デジタルエクスペリエンスを有効化] をクリックします。
    3. ドメイン名を入力し、それが使用可能であることを確認して、変更を保存します。
  2. サイトを作成します。
    1. [設定] の [すべてのサイト] ページにリダイレクトされます。リダイレクトされない場合やステップ 1 をスキップした場合は、[クイック検索] ボックスに「デジタルエクスペリエンス」と入力し、[すべてのサイト] を選択します。
    2. [新規] をクリックします。
    3. [カスタマーサービス] テンプレートを選択し、[使用を開始する] をクリックします。
    4. サイトの名前を入力し、[作成] をクリックします。
  3. 新しいサイトを作成できたので、サイトのホームページにフローを追加しましょう。
    1. [私のワークスペース] ページで、[ビルダー] をクリックしてエクスペリエンスビルダーを開きます。
    2. 左上隅の [コンポーネント] をクリックし、[コンポーネント] ペインを開きます。エクスペリエンスビルダーの左上隅に [コンポーネント] メニューが展開されます。
    3. 適切なコンポーネントを見つけるために「フロー」を検索します。[フロー] をエクスペリエンスビルダーページにドラッグします。フローコンポーネントをコミュニティのホームページにドラッグします。
    4. コンポーネントに適切なフローが表示されていることを確認します。フローのプロパティペインで [Sample Flow (サンプルフロー)] を選択します。エクスペリエンスビルダーでの [フロー] コンポーネントのプロパティ設定

フローのテスト

これで完了です。実際に稼働しているサイトでフローがどのように動作するかを確認しましょう。

  1. エクスペリエンスビルダーの右上隅にある [公開] をクリックし、もう一度 [公開] をクリックします。このサイトを公開するのが初めての場合、公開には数分かかります。コーヒーでも飲みながら、確認メールが来るのを待ちましょう。
    通常は、サイトを公開する前にプレビューしますが、設計モードとプレビューモードでは、フローコンポーネントにフローが表示されません。これは、最初の画面が表示される前にフローによってアクション (多数のレコードの作成など) が実行されないようにするフェイルセーフです。
  2. 「サイトは正常に公開されました」という確認メールで、リンクをクリックします。
  3. ログインしていない場合は、ログイン項目の下にある [従業員ならログイン] をクリックします。Trailhead Playground のユーザ名とパスワードを入力する必要がある場合は、「Trailhead Playground の管理」モジュールの「Trailhead Playground のユーザ名とパスワードの取得」単元でその方法をご確認ください。

これで終わりです。フローは稼働を開始し、サイトユーザが使用できるようになります。

公開されたコミュニティで実行されているサンプルフロー。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる