進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce 組織のすべてのページでのフローの表示

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • アプリケーションのすべてのページにフローを表示する事例を説明する。
  • Lightning アプリケーションを作成し、ユーティリティバーにフローを追加する。

これまでに、フローが重要で自動的に展開する場合に適したツールである Lightning ページについて学習しました。また、フローにレコードからアクセスできるようにしながら、自動的には展開しない場合に適したツールであるフローアクションについても学習しました。

では、フローを 1 つのオブジェクトの複数のレコードからアクセスできるようにする場合はどうでしょうか? 技術的には、すべてのオブジェクトに異なるフローアクションを作成し、それが同じフローを参照するようにして、さまざまなページレイアウトに追加することは可能ですが、事前に多くの作業が必要であるのに加えて、この方法だとメンテナンスが大変なことになりそうです。

アプリケーション内のいくつかのページで 1 つのフローを使用できるようにするには、Lightning ユーティリティバーの方が適しています。ユーザがアクセスできる固定フッターとして表示され、ドッキングパネルでユーティリティが開きます。各ユーティリティバーは特定の Lightning アプリケーションに関連付けられているため、ユーザがそのアプリケーションを使用しているときのみ項目が表示されます。

アプリケーションのユーティリティバーにフローコンポーネントを追加すると、ボタンをクリックするだけで、ユーザはアプリケーションのどのページにいてもフローを使用できます。当然、ユーザがフローをどの程度の頻度で実行する必要があるかを特にしっかりと確認した上で行います。

ユーティリティバーへのフローの追加

ユーティリティバーへのフローの追加は、Lightning ページへのフローの追加に非常に似ています。

  1. セールス Lightning アプリケーションを開きます。
    1. [設定] で、[クイック検索] ボックスに「アプリケーション」と入力し、[アプリケーションマネージャ] を選択します。
    2. [API 参照名] が LightningSales のアプリケーションで、下矢印をクリックして [編集] を選択します。
  2. フローをセールス Lightning アプリケーションのユーティリティバーに追加します。
    1. [アプリケーション設定] で、[ユーティリティ項目 (デスクトップのみ)] をクリックします。
    2. [ユーティリティ項目を追加] をクリックして、[フロー] を選択します。
    3. [ユーティリティ項目のプロパティ] で、[表示ラベル] を「Utility Bar Flow」 (ユーティリティバーフロー) に変更します。デフォルトアイコンをフローアイコンに置き換えます。
    4. [コンポーネントのプロパティ] の [フロー] で、[Sample Flow (サンプルフロー)] を選択します。フローコンポーネントのプロパティペイン。[フロー] は [Sample Flow (サンプルフロー)] になっています。 ユーティリティバーの入力変数は、Lightning アプリケーションページやホームページにある場合と動作がまったく同じです。フローに入力変数がある場合は、ここで値を設定できます。

  3. 変更を保存し、[戻る] をクリックします。
    新しく作成したコンポーネントをユーティリティバーに追加する場合、組織内のすべてのページに反映されるまで数分かかることがあります。

フローのテスト

最後に、ユーティリティバーのツアーを開始し、その後、追加したフローをテストしてみましょう。

  1. アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[セールス] を見つけて選択します。ページ下部にあるバーに注目してください。これがユーティリティバーです。ホームページのユーティリティバーに [Utility Bar Flow (ユーティリティバーフロー)] が含まれています。
  2. アプリケーション内のさまざまな箇所をクリックしてみます。取引先責任者レコードを開きます。リードホームに移動します。セールスアプリケーションのどのページにいても、フローを使用できます。Ms. Rose Gonzalez の取引先責任者レコードのユーティリティバーにも [Utility Bar Flow (ユーティリティバーフロー)] が含まれています。
  3. アプリケーションランチャーアイコン をクリックしてサービスアプリケーションを開きます。ページ下部に [Utility Bar Flow (ユーティリティバーフロー)] は表示されていません。ユーティリティバーは常に特定の Lightning アプリケーションに関連付けられているためです。ユーティリティバーを追加すると、関連付けられたアプリケーション内にあるすべてのページでユーティリティバーを使用できます。
  4. ユーティリティバーがどのような場合に表示されるかはおわかりいただけたでしょう。次に、ユーティリティバーでのフローの動作を見てみましょう。
    1. アプリケーションランチャーアイコン をクリックしてセールスアプリケーションに戻ります。
    2. ユーティリティバーで、[Utility Bar Flow (ユーティリティバーフロー)] をクリックします。ホームページのユーティリティバーで [Utility Bar Flow (ユーティリティバーフロー)] が開いた状態。

ユーティリティ項目の表示ラベル ([Utility Bar Flow (ユーティリティバーフロー)]) は引き続き表示されていますが、キーヘッダーはフロー名 ([Sample Flow (サンプルフロー)]) になっています。便利な機能として、ユーザがフローの途中で別の作業を行う必要がある場合は、フローを最小化できます。ユーザがアプリケーション内の別のページに移動しても、フローの進捗状況は保存されます。