進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

フローをレコードのアクションとして追加

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • アクションとしてフローを追加する事例を挙げる。
  • フローアクションを作成してページレイアウトに追加する。

Lightning アプリケーションビルダーとレコードページを使用すると、任意のレコードにフローを追加できます。ただし、ページにフローを追加すると、ページが読み込まれるたびに最初の画面が実行されると説明したのを覚えていますか? フローを起動する準備ができていることをユーザ自身が決定するのが妥当である状況がいくつかあります。次のような使用事例があります。

使用事例
フローの最初の要素が画面ではない。フローの威力は、ユーザが気づかないうちにバックグラウンドで多くのことを実行できることにあります。ただし、特に最初の画面より前にバックグランドで強力なことを実行する場合、それはやや危険でもあります。
ユーザに画面を表示する前にタスクを作成するフローを作成したとします。そのフローをたとえば取引先ページに配置すると、ユーザが取引先を読み込むたびにタスクが作成されます。それによって毎日不必要なタスクが多数作成される可能性があります。
フローがそれほど頻繁に使用されないため、デフォルトで展開する必要がない。 オフィスマネージャが新しい備品を注文するためのフローを作成したとします。オフィスマネージャがそのフローに簡単にアクセスできるようにする必要はありますが、備品を毎日注文する必要はないため、レコードページに直接フローを配置すると領域が無駄になります。

フローアクション

フローアクションは、フローを表示するカスタムアクションです。したがって、これらのような使用事例に最適です。フローアクションを作成してページレイアウトに追加すると、Lightning Experience の関連レコードのページレベルのアクションメニューに表示され、ユーザはこれを使用してフローを起動できます。

Lightning Experience のレコードのフローアクション

同様に、フローアクションは Salesforce アプリケーションのレコードのアクションメニューにも表示できます。フローアクションは、Salesforce Classic ではサポートされていません。

Salesforce アプリケーションのアクションバーのフローアクション

フローアクションの作成

簡単にフローアクションを作成してみましょう。ここでは取引先責任者についてのアクションを作成しますが、ほとんどのオブジェクトについてのアクションを作成できます。

  1. [設定] から、[オブジェクトマネージャ] タブをクリックします。[取引先責任者] をクリックし、[ボタン、リンク、およびアクション] をクリックします。
  2. [新規アクション] をクリックし、次の値を設定します。
    項目
    アクション種別 [フロー]
    フロー 最初の単元で作成したフロー [Sample Flow (サンプルフロー)] を選択します。
    表示ラベル 「Enter Flow Action」 (フローアクションの開始)」 と入力します。ユーザにはアクション名としてフローの表示ラベルではなく、この表示ラベルが表示されます。
  3. アクションを保存します。
  4. その他のアクションでもそうですが、フローアクションを作成したところで、作業はまだ半分しか終わっていません。忘れずに、適切なページレイアウトに追加してください。そうしないと、あなたのせっかくの努力の恩恵をユーザが受けることができません。そんなことがあっては大変です。
    1. [設定] から、[オブジェクトマネージャ] タブをクリックします。[取引先責任者] をクリックし、さらに [ページレイアウト] をクリックします。
    2. [Contact Layout (取引先責任者レイアウト)] をクリックします。
    3. [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション] セクションで、[定義済みアクションを上書き] をクリックします (表示されている場合)。
    4. パレットで [モバイルおよび Lightning のアクション] を選択し、アクションを [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションにドラッグします。[Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション] へのフローアクションのドラッグ
    5. [保存] をクリックします。

フローのテスト

次は、すべてが期待どおり動作することを確認しましょう。アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) から [セールス] アプリケーションを見つけて選択し、[Edge Communications] をクリックし、取引先責任者レコードを開きます。Ms. Rose Gonzalez の取引先責任者レコードのフローアクション。

ページレベルのアクションメニューに [Enter Flow Action (フローアクションの開始)] が含まれています。これが作成したアクションです。では、実際に確認してみましょう。[Enter Flow Action (フローアクションの開始)] をクリックします。Ms. Rose Gonzalez の取引先責任者レコードの上に表示された [Flow Action (フローアクション)] モーダル。モーダルのタイトルは [Flow Action (フローアクション)] で、[Sample Flow (サンプルフロー)] フローが表示されています。

別のウィンドウでフローが開きます。表示されているタイトルは、フロー名の [Sample Flow (サンプルフロー)] ではなく、アクションの表示ラベル [Enter Flow Action (フローアクションの開始)] になっています。ここでは、区別するために異なる名前を使用しました。独自の用途のためにフローアクションを作成するときには、アクションの表示ラベルとしてフロー表示ラベルを入力することをお勧めします。