Education Cloud の概要

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • CRM、Salesforce、Education Cloud を定義する。
  • Education Cloud と連携するツールやアプリケーションを挙げる。
  • Education Cloud によって教育ジャーニー全体をあらゆる観点から把握できることによって、学習者と学校の成功がどのように促進されるかを説明する。

Salesforce.org では、K-20 (幼稚園から大学院まで) の学生のライフサイクル全体を管理するのに必要なテクノロジによって教育機関の能力を強化します。このソリューションと製品のセットは Education Cloud といいます。ただし、テクノロジは学生の成功の 1 つの要素に過ぎません。Salesforce は、学校が Salesforce 製品から最大限の価値を得て、実用的な Salesforce スキルを教室に導入し、教育のリーダーを招集して業界全体のイノベーションを促進するお手伝いをします。

学校は Education Cloud を使用することで、K-12 (幼稚園から高校)、高等教育、さらにその先までの学習者の全体像を捉えることができます。学校全体が一体となって 1 つの統合 CRM プラットフォームを教育に活用することで、大規模に学習者エクスペリエンスのパーソナライズを行うことができます。これによって学校はサイロ化されたデータをアクション可能なインサイトに変換し、学習者エンゲージメントを生涯続く関係に変えることができます。

Education Cloud の利点は、学校が、教育専用の製品とソリューションに加えて、信頼される Salesforce Platform での堅牢な AI、分析、インテグレーション機能などの最新のイノベーションを利用できるということです。

基盤

Education Cloud を使用することで学校はコネクテッドな学生エクスペリエンスの構想を実現できます。コネクテッドエクスペリエンスとは何でしょうか? 学生がパーソナライズされたメッセージを受け取る学校でしょうか? それも一部かもしれませんが、コネクテッドエクスペリエンスにはもっと多くの機能が含まれています。コネクテッドエクスペリエンスを作成するには、まず学校が行うすべてのことの中心に学生を置き、学生エクスペリエンス全体をテクノロジによって変革します。

今日の生涯学習者は、デジタルファーストのエクスペリエンス、パーソナライズされたコミュニケーション、帰属意識を期待しています。コネクテッドエクスペリエンスでは、今日期待されている高速かつシームレスでパーソナライズされたデジタルでのやりとりによって学生とエンゲージすることによって、学生の成功を促進します。こうした理由から、あらゆる規模の学校が CRM プラットフォームを採用して、学生募集や入学事務から学生エクスペリエンス、さらにはアドバンスメント (寄付募集活動) や同窓生エンゲージメントまで、学生ライフサイクル全体のコネクテッドエクスペリエンスを大規模に作成しています。
Education Cloud の詳細を見ていく前に、いくつかの基本的な Salesforce 用語を定義しておきましょう。

  • CRM は、カスタマーリレーション管理の略です。教育機関の場合は、賛助者リレーション管理の略です。これは、すべての賛助者情報を 1 か所にまとめるシステムで、チームは各賛助者とのやりとりの完全な履歴を確認できます。すべての賛助者情報を 1 か所にまとめることで、エンゲージメントの高い学習者、保護者、同窓生、教員、スタッフを見つけやすくなります。

  • Salesforce は、初めて CRM をクラウドに移行した企業です。世界中のどこからでも、企業は各種のデバイスで顧客情報にオンラインアクセスできるようになったのです。創業当時から、Salesforce は 1-1-1 慈善事業モデルによって、1% の時間、1% の製品、1% の資産をコミュニティに寄付してきました。その初期モデルから Salesforce.org は誕生しました。

  • Salesforce.org は、グローバルコミュニティと連携して世界の大きな問題に取り組むための Salesforce の社会的影響センターです。営利エンティティである Salesforce 内で運営されていて、世界ナンバーワンの CRM 上でイノベーションを促進し、45,000 人以上の Salesforce 従業員の無償奉仕を活用し、Salesforce のお客様やパートナーに世の中を良くするためのグローバルな動きに参加するように呼びかけることができます。

  • Salesforce.org Education Cloud は、世界ナンバーワンの CRM 上に構築されていて、教育ジャーニー全体をあらゆる観点から把握することによって学習者と学校の成功を促進します。

  • Trailhead は Salesforce のオンライン学習ツールです。今まさに表示されているのがそれです。トレイルは、Salesforce スキルに沿ったコースを示すガイド付き学習パスです。モジュールでは特定のトピックについて学習することができ、モジュールはさらに小さな単元に分かれています。Trailhead は Salesforce を無料で楽しく学習できる手段です。ぜひ活用してください。

Education Cloud を選ぶ理由

今日の教育機関はかつてないほどの課題に直面しています。高等教育の場合、グローバルな学生のデモグラフィックは変化しつつあり、具体的な職業スキルに対する需要が高まっています。2019 年の秋の大学生のうち 700 万人以上は非従来型でした。これは 25 才以上であることを意味し、これらの学生はおそらく学業と仕事や子育てとを両立させようとしています。今日の K-12 の学校と学区には、新しいカリキュラム、基準、テクノロジに対応するために、より多くのことをより少ないリソースで行うことが求められています。そして、多くの場合、予算とリソースが制約される中で生徒の成果を高めることが期待されます。学校を選択することが一般的になるにつれて、K-12 の学校にとって、学生を引き付け、維持することがますます難しくなっています。そして、学校体系全体で学生と家族の期待が変化しています。

  • 教師は、学生の学業以外のニーズにより多くの時間を費やしていて、学生の成功を支援するためのツールを持っていない場合があります。
  • 保護者は、学校や学区が保護者と効果的にコミュニケーションを行っていないと言っています。
  • 学生は、パーソナライズされたエクスペリエンスを期待していますが、スタッフは組織的なサイロや官僚制度のために学生を支援するのに必要なデータを得るのが困難だと報告しています。
  • 高等教育のリーダーは、従来の学位の価値を疑問視する学生が増えたこともあって、競争が激化することを予測しています。K-12 でも、生徒と保護者の選択肢がこれまで以上に増えたために、同じことが起きています。

教育に携わる仕事は複雑で、ToDo リストは長くなります。EDA は、ワークフローの整理と合理化に役立ちます。

このようなことが周りで起きているとしたら、それはあなただけではありません。テクノロジの爆発的な進歩、教育の競争の激化、資金の制約によって、最大規模の学校でも学生、家族、教員、スタッフの変化する需要に適応するのが困難になっています。Education Cloud は、まさにこれらの課題に対応するために設計されました。

Education Cloud 入門

Salesforce は学習者と学校の成功を促進するソリューションを提供する強力なテクノロジスイートです。多くの人が「Salesforce」と呼ぶものには、多くの一般的なコア Salesforce アプリケーションに加えて、何千もの AppExchange アプリケーション (パートナー組織が作成し、ネイティブ Salesforce 製品とシームレスに連携するアプリケーション) が含まれています。また、カスタムアプリケーションを作成したり、Salesforce を外部システムに接続したりすることもできます。

当然ながら、Salesforce エコシステム内ですべてのオプションを使いこなそうとすると、圧倒されてしまうことがあります。Education Cloud は、Salesforce のテクノロジとアプリケーションの推奨セットで、教育機関が特定のニーズに対して Salesforce の可能性を十分に引き出せるようにします。Salesforce for Education は教育機関向け Salesforce と同義語だと考えることができます。教育機関にとっての要点である学生募集と入学事務、学生エクスペリエンス、アドバンスメント (寄付募集活動)、学校運営のためのソリューションセットです。

Education Cloud は学習者エンゲージメントを生涯続く関係に変えます。Education Data Architecture では、学生募集と入学事務、学生エクスペリエンス、寄付募集活動と同窓生エンゲージメント、学校運営のためのソリューションによって学習者の成功と学校の成功を支援します。

Education Cloud の基盤: Education Data Architecture

Education Data Architecture は Education Cloud の基盤です。教育パートナーやお客様コミュニティとのコラボレーションによって開発された EDA は、教育機関向けに Salesforce を設定するために設計された柔軟なデータアーキテクチャです。

「データアーキテクチャ」とは、具体的には何を意味するのでしょう? 基本的には、生徒のリレーションとアフィリエーションをモデル化する、Salesforce Platform 上に構築された一連の業界標準オブジェクトとカスタムデータオブジェクトです。また、出席状況、学期成績、就職先候補などに関する早期警告管理も含まれています。

Education Data Architecture (EDA) では、リレーション、アフィリエーション、専攻課程、履修科目などのコンポーネントによって生徒の全体像を把握できます。

データアーキテクチャとして、EDA は教育機関の能力を拡張し、生徒とアドバイザーや家族とのリレーションや、クラブ、学部などへのアフィリエーションを、使い始めたその日から簡単に確認できます。

デスクトップとモバイルでの EDA 学生取引先責任者レコード。
EDA が導入される前には、教育機関向けの Salesforce 標準データモデルがなかったため、教育機関は多くの時間と IT リソースを費やして同様のアーキテクチャをゼロから開発する必要がありました。EDA ができたことで、Salesforce システム管理者は実証済みのアーキテクチャ、統合されたアプリケーション、そして Trailblazer と呼ばれる経験豊富で成功しているユーザによって吟味されたベストプラクティスを利用して、短期間で稼働を開始できるようになりました。

最終的な目標は、学生が学習に集中でき、スタッフが最も得意なこと、つまり学生の成功を支援することに多くの時間を費やせるようにすることです。

K-12 Architecture Kit: 学校と学区のための基盤

K-12 Architecture Kit は、学校と学区が、人、プロセス、データをつなげるための基盤です。Education Data Architecture (EDA) 上に直接構築されている K-12 Architecture Kit を使用することによって、EDA の機能だけではなく、学校や学区のよくある課題に対応するための事前作成されたオブジェクト、ページレイアウト、カスタマイズ可能なレポートとダッシュボードにアクセスできます。

K-12 Architecture Kit は Ed-Fi Alliance データ標準に準拠していて、学生と教育者、スタッフ、家族のリレーションや、授業、課程、課外活動への出席状況を追跡するのに役立つ包括的なデータモデルを提供します。学校は、学生のニーズや成果の全体像に基づいてコラボレーションを行い、家族との連携を深め、改善の取り組みを実現できるようになりました。

K-12 Architecture Kit は、K-12 に固有のベストプラクティス、アイデア、成功を共有するという Salesforce.org の継続的な取り組みの表われです。 

Salesforce.org: より良い明日へ

Salesforce.org では、すべての学生に成功するために必要なものを提供することが、学生が成長し、学習し、コミュニティを良い方向に変えていくジャーニーを支援する最初のステップであると考えています。教育における Salesforce の取り組みは、平等と公平、つまり条件を公平にして機会を増やすことに重点を置いています。

実際、Salesforce には、青年や若い大人を対象として、学校、テクノロジ、職業に備えるための慈善プログラムがあります。Salesforce では、これを Future Ready と呼んでいます。Future Ready プログラムは助成金とテクノロジ支援を通じて、学生が教室から職場までの学習ジャーニーで能力を高めるためのリソースにアクセスできるようにするものです。

Salesforce Student プログラムを利用すれば、教育機関や人材育成組織は、実用的なハンズオントレーニングや適格性認定を提供することで、Salesforce を最大限に活用するために必要なスキルを学生に習得させることができます。Salesforce スキルはキャリアを始めるのに役立ちます。Salesforce は、実務で役立つ実際のスキルを学生に提供することで、学生の就職のチャンスを広げ、新しい世界での競争力を身に付けることを支援しています。Salesforce Student プログラムのミッションは、政府、大学、非営利団体と連携して人材開発に取り組むことで、経済に影響を与え、世界の状態をより良くすることです。

つまり、Salesforce.org とパートナーは教育に真剣に取り組んでいます。だからこそ、Salesforce は、Salesforce テクノロジによってお客様が達成した変革だけではなく、コミュニティ主導のイノベーションや学生の能力向上によって、自社の影響を定義しています。なぜなら、皆さんと同じように、Salesforce はすべての学生が明日に備えられることを望んでいるからです。

リソース