Education Cloud の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce.org Education Data Architecture (EDA) または K-12 Architecture Kit の使用を開始する。
  • EDA または K-12 Architecture Kit の学習の継続や利用のためのリソースを見つける。

トライアル組織へのサインアップ

メモ

メモ

すでに EDA または K-12 Architecture Kit にアクセスできる Salesforce ログインがある場合は、「次のステップ」セクションに進んで学習パスを選択してください。

Salesforce CRM での作業を開始する前に、「Salesforce 組織」と呼ばれるものへのアクセス権が必要です。Salesforce 組織は、自分の学校専用で安全なバージョンの Salesforce です。

Salesforce.org Power of Us プログラムを通じて、条件を満たす非営利団体と教育機関は無料で Salesforce 組織の提供を受けることができ、Sales Cloud と Service Cloud 用の 10 個の Lightning CRM Enterprise Edition ライセンスが付属しています。

1 つのライセンス = Salesforce の 1 人のユーザです。10 を超えるライセンスや追加の製品とサービスが必要な場合は、Salesforce.org から大幅な割引価格でそれらを購入できます。学校が Education Cloud について誰かと相談することに関心がある場合、詳細はこの単元の最後にある「リソース」を参照してください。

前述のとおり、EDA は Education Cloud の基盤であり、Salesforce の Enterprise Edition の上に構築されています。K-12 Architecture Kit は EDA 上に構築され、追加のページレイアウトやカスタマイズ可能なレポートとダッシュボードが含まれています。

EDA または K-12 Architecture Kit を実際に使用してみるには、AppExchange から既存の Salesforce 組織または Sandbox にいずれかをインストール (詳細な手順は「リソース」セクション参照) するか、次の手順で Salesforce.org にアクセスして新しいトライアルを開始します。

  1. こちらをクリックして「Start an EDA Trial (EDA トライアルの開始)」ページを開くか、こちらをクリックして「Start a K-12 Architecture Kit Trial (K-12 Architecture Kit トライアルの開始)」ページを開きます
  2. フォームに入力したら [Submit (送信)] をクリックします。

フォームに入力するユーザ名はメールアドレス形式にする必要があります。ただし、有効なメールアドレスまたは実際のメールアドレスでなくても構いません。たとえば、admin@mytrialorg.edu をユーザ名として使用することができます。また、ユーザ名に仕事用のメールアドレスを使用すれば覚えやすくなります。

新しいトライアル組織へのログイン

  1. メールの受信箱で support@salesforce.com からのメッセージを見つけます。
  2. メールに記載されている [Verify Account (アカウントを確認)] ボタンをクリックし、新しいパスワードを設定してログインします。

30 日間のトライアル期間中に忘れずに Power of Us に申し込んでください。申し込みが完了すると、トライアルバージョンが永続的な Salesforce 組織に変換されます。Power of Us の申し込みを 30 日以内に行わなかった場合は、トライアルへのアクセス権が失効します。

ユーザの追加

トライアル組織を開始すると、その組織のシステム管理者としてユーザが自動的に割り当てられます。学校や実装チームの他のメンバーがトライアルにアクセスできるようにするには、各メンバー用にユーザを作成する必要があります。大変な作業ではなく数分しかかかりませんので、安心してください。

ユーザを作成して、そのユーザに適切な権限を割り当てましょう。

1.Salesforce 組織にサインインし、ヘッダーにある [設定] アイコン (設定アイコン) をクリックします。

2.[クイック検索] ボックスに「ユーザ」と入力し、リストから [ユーザ] を選択します。

[設定] で [新規ユーザ] をクリックしてユーザを追加します。

3.[新規ユーザ] をクリックします。

4.フォームにユーザの姓、名、メールアドレスを入力します。

5.[ユーザ名] 項目にはそのユーザのメールアドレスを入力するか、そのユーザのログインに使用する一意の文字列を入力します。ユーザ名はすべての組織で一意でなければなりません。

6.[ユーザライセンス] 項目で [Salesforce] を選択します。

7.ドロップダウンからプロファイルを選択します。

[新規ユーザ] フォームの入力が完了したら [保存] をクリックします。

8.残りの項目はすべてそのままにして [保存] をクリックします。

次のステップ: 学習パスの選択

Salesforce でできることをすべて学習しようとすると圧倒されてしまうかもしれないため、学習に優先順位をつけて続けていくことをお勧めします。開始するときに考えるべき重要なことは「まずどの問題を解決する必要があるか?」ということです。

Education Cloud について詳しく知るには Trailhead が最大の味方となりますが、他にも役に立つリソースがあります。すでに説明したように、Power of Us Hub は非営利団体と教育機関 の Salesforce ユーザのためのオンラインコミュニティで、Salesforce.org によって管理とサポートが行われています。ここでは、ユーザが他の教育ユーザ、パートナー、各分野のエキスパートと共に学習、共有、コラボレーションを行うことで、Salesforce を最大限に活用できます。Salesforce 組織のユーザ名とパスワードを取得すると、それと同じログイン情報を使用して Hub にログインできます。ぜひご利用ください。

Salesforce.org のどのお客様も、Salesforce Standard Success Plan を利用できます。このプランには、オンラインテクニカルサポート、製品ドキュメントと Trailhead へのアクセス、特別なセミナーやイベントへの招待が含まれています。有料オプションで利用可能な Salesforce Premier Plan では、成功をさらに早めるための追加のガイダンスやサポートを受けることができます。

Education Cloud の概要について最後まで受講いただきありがとうございました。Salesforce は、皆さんのような教育機関のパートナーとなって世界中の生徒の力になれることを誇りに思っています。

リソース