進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

ナビゲーションのカスタマイズ

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • ユーザのナビゲーション操作をカスタマイズする Mobile Only アプリケーションと Lightning アプリケーションという 2 つの主なオプションについて説明する。
  • メニューとモバイルのアプリケーションランチャーへのアクセス方法を説明する。

ユーザのための案内板

空港には、現在地や手荷物受取所、ゲート番号などの特定の場所への行き方を示す標識があります。

アプリケーションで作業を進める場合も、視覚的な手がかりが必要です。その掲示の役割を果たすのがモバイルナビゲーションメニューです。ユーザはこのメニューを頼りに、Salesforce モバイルアプリケーション内のある場所から別の場所にできる限り効率的に移動します。

新しいモバイルアプリケーションでは、ユーザに表示されるナビゲーション項目は、ユーザが Salesforce モバイルアプリケーションで、Lightning アプリケーションを開いているのか、特殊な Mobile Only を開いているのかによって異なります。また、どちらを開いているのかに応じて、異なる方法でナビゲーション項目をカスタマイズできます。

では、ユーザの利便性を高めるためにナビゲーション項目をどのようにカスタマイズできるかを見ていきましょう。実際に行きたい場所への生き方を分かりやすく示してくれることが標識の役割なのです。

モバイルのナビゲーションバーとナビゲーションメニュー

カスタマイズオプションについて解説する前に、新しいナビゲーションバーと更新されたナビゲーションメニューについて少し説明しておきます。

画面下部には親指で操作しやすいナビゲーションバーが表示され、作業中でも重要なナビゲーション項目を簡単に操作できるようになっています。ナビゲーションバーについては後で説明します。

ナビゲーションメニューに移動するには、[メニュー] をタップします。ここで自分が使用できるすべてのオブジェクトやアプリケーション、項目にアクセスできます。

ナビゲーション環境には、新しいモバイルアプリケーションに初めてログインしたユーザ用の環境と、モバイルアプリケーションランチャーを使用して Lightning アプリケーションに切り替えたユーザ用の環境という 2 つの環境があります。

新しい Salesforce モバイルアプリケーションに初めてログインすると、Mobile Only「アプリケーション」のナビゲーションメニューが表示されます。アプリケーションと呼んではいますが、実際には以前のアプリケーションのナビゲーションメニューにあった一連のナビゲーション項目が新しいアプリケーションのナビゲーションメニューに移行されただけです。使い慣れたナビゲーション項目を使用できれば、ユーザは新しいモバイルアプリケーションにもシームレスに移行できます。

Mobile Only のナビゲーション項目は、以前のナビゲーションメニューをカスタマイズするのと同じ方法で [設定] でカスタマイズすることができます。ただし、ユーザが新しいモバイルアプリケーションに移行している間、設定はそのままにしておくことをお勧めします。

Mobile Only のナビゲーションメニュー

Mobile Only のナビゲーションメニューをカスタマイズする場合は、4 つの最重要項目が一番上にくるようにします。これらの 4 つの項目は、ユーザが Lightning アプリケーションに切り替えない限り、画面下部のナビゲーションバーにも表示されます。

ユーザは Mobile Only アプリケーションでこれらのナビゲーション項目を引き続き使用できますが、新しくモバイルアプリケーションランチャーが追加されたことで、オプションの幅が広がりました。

デスクトップだけではなく、モバイルにもアプリケーションランチャーが導入されたのです。Lightning アプリケーションをモバイルで有効にしてあれば、モバイルのアプリケーションランチャーを使用して、Lightning アプリケーションに切り替えることができます。デスクトップのアプリケーションランチャーで Lightning アプリケーションの順序を変更する場合、またはユーザが自分で順序をパーソナライズできる場合は、更新すると行われた変更がモバイルのアプリケーションランチャーに同期されます。

ユーザが Lightning アプリケーションに切り替えると、デスクトップバージョンのアプリケーションのナビゲーションタブは、モバイルのナビゲーションメニューと同期されます。したがって、ユーザが Lightning アプリケーションのデスクトップバージョンのタブを変更する権限を持っていれば、モバイルナビゲーションメニューに変更が反映されます。さらに、Mobile Only アプリケーションと同様に、ナビゲーションメニューの最初の 4 つの項目は画面下部のナビゲーションバーにも表示されます。

デスクトップのナビゲーションタブと一致するモバイルのナビゲーションタブの比較

Mobile Only に切り替えるには、モバイルアプリケーションランチャーを使用します。

モバイルのアプリケーションランチャー

変更できる項目

モバイルナビゲーションでは、次のような変更を行うことができます。

  • Mobile Only のナビゲーションメニューの項目。前述のとおり、ユーザが新しいアプリケーションに移行している間、これらはそのままにしておくことをお勧めします。後で、または継続性が重要でない場合 (すべてのユーザが Salesforce モバイルアプリケーションを初めて使用する場合など) は、ナビゲーションメニューを調整することができます。ナビゲーションメニューの最初の 4 つの項目は、画面下部のナビゲーションバーでも最初の 4 つの項目として表示されます。
  • Lightning アプリケーションのナビゲーションメニューの項目。これらの項目には、Lightning アプリケーションのデスクトップバージョンにあるタブが反映されます。システム管理者である皆さんや、適切な権限を持つユーザは、デスクトップのタブの順序を変更することができ、変更はモバイルナビゲーションメニューに反映されます。ナビゲーションメニューの最初の 4 つの項目は、画面下部のナビゲーションバーでも最初の 4 つの項目として表示されます。

モバイルナビゲーションに関する注意

モバイルナビゲーションメニューをカスタマイズするときには、次の点に注意が必要です。

  • ユーザの種別ごとに異なるメニューを設定することはできません。ただし、適切な権限を持つ Lightning アプリケーションのユーザは、デスクトップのナビゲーションタブを変更することができ、行われた変更は Lightning アプリケーションのモバイルナビゲーションメニューとナビゲーションバーに反映されます。
  • Mobile Only アプリケーションのナビゲーション項目を設定する前に、スマート検索項目の説明に必ず目を通してください。簡単に言うと、スマート検索項目は、最近アクセスされたオブジェクトのダイナミックリストをナビゲーションメニューに追加します。[スマート検索項目] の下に配置されたものはすべて、最近使用された項目のリストの後に表示されます[スマート検索項目] がナビゲーションメニューの最初の 4 つの項目のいずれかである場合は、最近使用された項目が画面下部のナビゲーションバーにも表示されます。
  • モバイルナビゲーションメニューに Visualforce ページ、Lightning ページ、Lightning コンポーネントを含める場合は、そのタブを作成する必要があります。
  • ページを Salesforce モバイルアプリケーションに追加する前に、モバイルでページが有効になっていることを確認します。Visualforce ページはデスクトップと同じように機能するとは限らないため、Salesforce モバイルアプリケーションで徹底的にテストする必要があります。詳細は、「リソース」セクションを参照してください。

Mobile Only のナビゲーションメニューのカスタマイズ

前置きはこのくらいにして、早速、DreamHouse の仲介担当者がモバイルアプリケーションをすいすい操作できるように手助けしていきましょう。

D’Angelo は、最重要項目が一番上にくるように Mobile Only のナビゲーションメニューをカスタマイズしたいと考えています。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「ナビゲーション」と入力し、[Salesforce ナビゲーション] を選択します。
  2. 選択済みの項目を、[行動]、[Chatter]、[ToDo]、[ダッシュボード]、[スマート検索項目] の順に並び替えます。ナビゲーションメニューには項目がこの順序で表示されます。
    メモ

    メモ

    リストの最初の 4 つの項目が、ユーザのナビゲーションバーの最初の 4 つのアイコンになるため、慎重に選択します。

    そして前述のとおり、[スマート検索項目] 要素より下に配置した項目はすべて、ナビゲーションメニューの最近アクセスしたオブジェクトのリストの下に表示されます。

  3. 次に、仲介担当者には必要のない [承認] 項目と [一時停止中のフローインタビュー] 項目を削除します。

    ナビゲーションメニューに選択した項目のスクリーンショット

  4. [保存] をクリックします。

Salesforce モバイルアプリケーションでの変更のテスト

仕組みや操作についてだいたい理解できたところで、改良した Mobile Only のナビゲーションメニューがモバイルアプリケーションでどのように表示されるかを見てみましょう

  1. モバイルデバイスで Salesforce を開きます。
  2. ナビゲーションメニューアイコン をタップしてナビゲーションメニューを開きます。Mobile Only アプリケーションを開いていない場合は、アプリケーションランチャーを使用して切り替えます。
  3. プルダウンして更新します。

これまでの些細な調整がすべてメニューに反映されています。最後のカスタマイズ作業をもって、このモバイル任務も終了です! D’Angelo が自信を持って提供した Salesforce アプリケーションを使用すれば、仲介担当者はモビリティによって実現される生産性の向上をすぐに実感するはずです。

次のステップ

D’Angelo の任務は一件落着ですが、組織にとってはこれからです。新たに見つけた知識を実践に移していく必要があります。モバイルカスタマイズツールをひととおり使いこなせるようになったら、以下を実行することをお勧めします。

  1. 「Salesforce モバイルアプリケーションロールアウト」モジュールを確認する。モバイルユースケースを策定し、モバイルの導入計画を立てる。
  2. 「Salesforce モバイルアプリケーションのセキュリティおよびコンプライアンス」を読み、モバイルデバイスからアクセスした会社のデータの安全性を確証できるようにする。
  3. Salesforce モバイルアプリケーションをユーザにロールアウトする。
  4. 全社的なモバイル戦略における Salesforce の位置付けを確認する目的で、「Mobile Strategy Development (モバイル開発戦略)」バッジを取得する。

これでしばらくはモバイル活用スキルの向上を目指す学習で忙しくなります。それでは早速、Salesforce モバイルアプリケーションのユースケースを実装してみてください。カスタマイズがうまくいくことを願っております!