進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce モバイルアプリケーションの使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Salesforce モバイルアプリケーションを使用する利点をいくつか挙げる。
  • モバイルアプリケーションのカスタマイズが重要な理由を説明する。
  • アプリケーションを検索してダウンロードする。
  • アプリケーションの作業環境を選択する。

モバイル提供という約束の実現

過去 10 年間、洞窟に隠れていたのでなければ、おそらく私たちがモバイル革命のまっただ中にあることにお気付きでしょう。モバイルの利用は増える一方です。私たちのほとんどが、コンピュータの前にいるのと同じくらいの時間をデバイスに費やしています。モバイルテクノロジは、私たちの生活、学習、旅行、買い物、つながり維持の方法を変革しました。

そして、企業も例外ではありません。人々はビジネスツールを携帯し、ビジネスツールに容易にアクセスできることを望みます。従業員は外出先や、自分のデスクから離れた場所で仕事を完了する必要があります。(場合によっては、自分のデスクを持たない従業員、つまり、自分のデスクが車、飛行機の席、近くのコーヒーショップである従業員もいます)。

ただし、ここに問題があります。モバイルテクノロジの普及にもかかわらず、ほとんどの会社がまだモバイルを提供するという約束を果たすことができていません。なぜでしょうか? モバイルアプリケーションの構築が困難なためです。構築するのは Android 向けですか、それとも iOS 向けですか? どのツールを使用しますか? 複数の画面サイズをどのように設計しますか? セキュリティはどうですか?

幸い、システム管理者には Salesforce モバイルアプリケーションという手段があります。こうした煩わしい開発上の課題には Salesforce がすでに対応しているため、面倒な作業を一切せずにモバイルを利用できるのです。便利でしょう? そう思っていました。それでは、Salesforce アプリケーションについて詳細に説明しましょう。

Salesforce モバイルアプリケーションへようこそ

Salesforce モバイルアプリケーションは、ユーザが電話端末またはタブレットから会社の CRM データにすぐにアクセスできるようにする、エンタープライズクラスのモバイルアプリケーションです。このアプリケーションには、次のような利点があります。

  • すべての Salesforce ライセンスには、モバイルアプリケーションが付属します。つまりこれは無料です。正直なところ、モバイルロールアウトを先延ばしにすることは、大金に火を放つようなものです。
  • このアプリケーションはプラグアンドプレイです。つまり、ユーザはこれを App Store または Google Play からダウンロードしてすぐに使用できます。設定なしですぐに使用できます。あっという間です。この項を読んでいる時間でアプリケーションのインストールとログインを完了できるほどです。
  • このアプリケーションはクロスプラットフォームです。Android および iOS オペレーティングシステムで動作します。まるで自動化されているようです。開発作業は不要です。
  • このアプリケーションにはオフライン機能があります。モバイルユーザは、不安定な携帯電波、FAA 規制、地下鉄構内、遮蔽性の高い建築による影響がありません。
  • これは単なるアプリケーションではありません。プラットフォームです。アプリケーションは、Salesforce プラットフォームで稼働するため、非常に高いカスタマイズ性があります。ポイント & クリックツールを使用して独自にカスタマイズできます。

これだけお伝えしてもまだ Salesforce アプリケーションに心を奪われていないようでしたら、次の簡単なデモをご覧ください。

メタデータの魔法

Salesforce アプリケーションをそのまますぐに使用できるのはどうしてか疑問に思われているのではないでしょうか? それを解く鍵がメタデータです。

システム管理者である皆さんは、Salesforce1 のカスタマイズにポイント & クリックツールを使用したことがあるでしょう。カスタムオブジェクトの作成、ページレイアウトの調整、リストビューの作成などを行ったことがあると思います。

そうしたカスタマイズはメタデータに追加されます。メタデータは、Salesforce 組織を記述する一連の定義にすぎません。Salesforce モバイルアプリケーションでは、ほとんどのカスタマイズが自動的に使用可能になります。これは、モバイルアプリケーションがこれらの定義を読み込み、それに従ってデータを表示するためです。

ちょっと待ってください。Salesforce のカスタマイズすべてをすでにモバイルアプリケーションで使用できるのなら、わざわざそれをカスタマイズするのはなぜでしょうか?

モバイルは別

デスクトップ環境で機能するものが、モバイル環境でもうまく機能するとは限りません。次に例を示します。大量のカスタム項目を商談オブジェクトに追加したとします。つまり、商談ページレイアウトには 100 個を超える項目があります。

デスクトップユーザなら、これは問題ありません。携帯端末から商談を編集する営業担当にとってはどうでしょうか? 携帯電波が不安定で、巨大なページを読み込むのに長時間待たなければなりません。その後、実際には 3 つの項目を更新したいだけなのに、延々とスクロールしなければなりません。

これは問題です。ストレスが溜まりそうです。ただし、そうしなくてもすむ方法があります。時間をとって、モバイル固有の組織設定をいくつか調整することで、モバイルユーザの操作性を大幅に改善できます。

モバイルアプリケーションのカスタマイズ

Salesforce アプリケーションをカスタマイズすることで、このモバイルアプリケーションを、ユーザがすばやく作業を完了できる強力なツールに変えることができます。このモジュールでは、Salesforce1 のカスタマイズに使用できる 3 つの機能について説明します。

  • クイックアクション
  • コンパクトレイアウト
  • モバイルナビゲーション

Salesforce アプリケーションを初めて扱う場合は、モバイルユーザの問題を解決するためにこれらの機能をどう使用すればよいかを正確に把握するのが難しいことがあります。そこで、実世界のシナリオのコンテキストで Salesforce1 をカスタマイズする方法について学習しましょう。

DreamHouse Realty の例

DreamHouse Realty は、75 名の不動産ブローカーを擁する成功した不動産会社です。ブローカーは多忙です! 購入者とのミーティング、物件の見学、オープンハウスの準備などで常に外出しています。

DreamHouse の Salesforce システム管理者である D’Angelo Cunningham は、Salesforce モバイルアプリケーションの導入を検討中です。ブローカーが外出先の現場でも生産性を維持するのに役立つと考えています。

モバイルの可能性を想像する D'Angelo

そこで、D’Angelo は下調べを実施しました。ブローカーと話し合い、何回か仕事先に同行してモバイルアプリケーションで問題解決や特定プロセスのスピードアップが可能な状況を把握しました。

自分のメモを見直した結果、D’Angelo はブローカーが日常的に実行している最も一般的な作業をいくつか特定しました。それらの作業は使用事例と呼ばれます。

モバイルの目的

D’Angelo が特定したモバイルの使用事例とはどのようなものでしょうか? ブローカーが現場ですばやく実行しなければならない 3 つのことがあります。

  • 新規の見込み住宅購入者を追加する
  • 新規の見学をスケジュールする
  • 見学後に見込み購入者のフィードバックを入力する

このモジュールを通して、D’Angelo と一緒にこうした使用事例をモバイルカスタマイズに落とし込んでいきます。

ヒント

ヒント

自分自身のモバイル使用事例について検討を始めるにもよいタイミングです。このモジュールを完了したら、「Salesforce モバイルアプリケーションロールアウト」モジュールに進んでください。Salesforce アプリケーションの提供開始についての豊富なアドバイスに加え、モバイル使用事例の開発手順が含まれています。

Salesforce モバイルアプリケーションの取得

D’Angelo と一緒に Salesforce アプリケーションをカスタマイズする準備はできましたか? それでは進みましょう。では、このモバイルアプリケーションを稼働できるようにしましょう。

要件を確認する

モバイルアプリケーションは、必ず最小プラットフォーム要件を満たすデバイスで実行します。この要件は変更される場合があるので注意してください。

アプリケーションをダウンロードする

最小要件を満たす Android または iOS デバイスがある場合は、App Store® または Google Play™から入手できる Salesforce ダウンロード可能モバイルアプリケーションを使用できます。

サポートされているモバイルブラウザで実行するモバイルブラウザアプリケーションを使用することもできます。この場合は何もインストールする必要はありません。

作業環境を選択する

Salesforce モバイルアプリケーションにログインすると、自動的に本番組織に接続されます。ただし、Sandbox にログインすることもできます。Sandbox は、モバイルの設定とカスタマイズをいろいろと試すのに最適です。Sandbox がない場合は、Trailhead Playground (TP) 組織のログイン情報でログインするか、無料の Developer Edition アカウントを取得します(TP のユーザ名とパスワードが必要な場合、こちらの手順に従ってアクセスできます)。

モバイルアプリケーションで異なる組織とインスタンス間を切り替える方法については、『Using the Salesforce Mobile App (Salesforce モバイルアプリケーションの使用)』ガイドの「Switch Between Users, Orgs, and Communities (ユーザ、組織、コミュニティ間の切り替え)」の章を参照してください。

制限を理解する

Salesforce アプリケーションには多数の機能がありますが、何でもできるわけではありません。Salesforce フルサイトとはいくつかの違いがある点に注意してください。Salesforce アプリケーションでは使用できない Salesforce 機能、機能上の差異、モバイルアプリケーションでの異なる動作について学習することを優先事項とします。

モバイルがもたらす未来

Salesforce が電話端末にインストールされたので、少し立ち止まって組織のモバイルジャーニーの第 1 歩を踏み出したという実感を味わいましょう。ワクワクしますね?

Salesforce アプリケーションは開始するのに最適な場所です。標準のままでユーザに山ほどの価値を提供できます。さらに、このモジュールで説明するカスタマイズ機能を利用すれば、ユーザは時間を節約して、日々の作業負担を大幅に軽減できるようになります。(注意: ユーザが喜びの涙を流すこともあるので、いつもティッシュを差し出せるようにしておきましょう)。

利点はまだあります。モバイルの提供開始が成功すれば、全体的な Salesforce の採用も大幅に増加するでしょう。システム管理者にとって、採用の増加という言葉は耳に心地よい調べのようなものです。

では始めましょう! 次の単元では、Salesforce アプリケーションにクイックアクションを設定して、ユーザが外出先でも重要な作業を簡単に実行できるようにする方法を学習します。