進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Pardot アカウントの設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • プロスペクト、取引先、商談カスタム項目を対応付ける。
  • Salesforce ユーザ名を Pardot ユーザに対応付ける。
  • Salesforce Pardot シングルサインオンを設定する。
  • Salesforce のリードおよび取引先責任者を Pardot にインポートする。
  • Pardot を Salesforce モバイルアプリケーションに追加する。

プロスペクト、取引先、商談カスタム項目の対応付け

これまでに Pardot AppExchange パッケージと Salesforce コネクタをインストールし、Salesforce を設定しました。次のステップは、Salesforce のカスタム項目を Pardot のカスタム項目に対応付け、双方向に同期させることです。手順は次のとおりです。 

  1. Pardot で、[管理] | [設定項目] | [プロスペクト項目] に移動します。
  2. [+ カスタム項目を追加] をクリックします。
  3. カスタム項目の内部名を入力します。
  4. Tab キーを押すと、自動的にカスタム項目 ID が生成されます。
  5. タグを入力します (該当する場合)。
  6. Pardot 項目と同期させる Salesforce.com 項目の名前を選択します。
  7. 適切な設定を選択します。
  8. [同期動作] を選択します。
    1. [最近更新したレコードを使用する] を選択すると、Pardot と Salesforce との間で双方向同期が行われます。
  9. 作成する項目のデータ型を選択します。
  10. 必要に応じて追加の設定を選択します。
  11. [カスタム項目を作成] をクリックします。
メモ

メモ

デフォルト項目は自動的に対応付けられます。


Pardot の [カスタム項目を編集] ページPardot のカスタムプロスペクト項目を Salesforce の該当する項目に対応付けることができました。Pardot でカスタム取引先または商談項目を使用している場合、これらの項目も同じ手順で対応付けられます。 

双方向の同期動作についての詳細は「プロスペクト項目を Salesforce と同期する場合」という記事を参照してください。

Salesforce ユーザ名の Pardot ユーザへの対応付け

Pardot でプロスペクトが割り当てられているユーザは、ユーザ設定で Salesforce ユーザ名が選択されています。ユーザにこの設定がない場合は、Pardot がそのプロスペクトを Pardot の Salesforce コネクタユーザに再割り当てします。ユーザを個別に対応付ける手順は、次のとおりです。 

  1. Pardot で、[管理] | [ユーザー管理] | [ユーザー] に移動します。 
  2. 選択したユーザの右端にある 歯車 をクリックして、[編集] をクリックします。
  3. スクロールダウンして、[CRM ユーザー名] ドロップダウンメニューから適切な Salesforce ユーザを選択します。
  4. [ユーザーを保存] をクリックします。

この時点で、[メール/CRM] 列に Pardot ユーザ名と CRM ユーザ名が一緒に表示されます。 

[ユーザー] ページ。[メール/CRM] 列に Pardot ユーザ名と CRM ユーザ名が一緒に表示されています。

対応付けるユーザが大勢いる場合は、インポートを使うと全員を一度に対応付けられます。

[ユーザー] ページ。[ユーザーをインポート] と [メール/CRM] 列が示されています。

Salesforce Pardot シングルサインオンの設定

Salesforce/Pardot シングルサインオン (SSO) を使用すると、ユーザが Salesforce と Pardot との間をシームレスに移動でき、それぞれのアカウントにログインする必要がありません。また、Salesforce ユーザが、Pardot のユーザ名とパスワードを入力しなくても、リードまたは取引先責任者レコードの Visualforce ページを表示できます。Pardot でユーザの SSO を有効にする場合は、個々のユーザレベルでユーザインポートを実行するか、以下の手順を実行します。 

  1. Pardot で、[管理] | [ユーザー管理] | [ユーザー] に移動します。
  2. テーブルの左側にあるチェックボックスを使用して、SSO を有効にするすべてのユーザを選択します。
  3. ユーザテーブルの左下のドロップダウンから、[CRM とのシングルサインオンを有効化] を選択します。
  4. [移動] をクリックします。

[ユーザー] ページ。ユーザレコードが選択され、[CRM とのシングルサインオンを有効化] オートメーションアクションが適用されています。
シングルサインオンが正常に適用されると、緑のチェックマークアイコンと青のレンチアイコンが表示されます。 

[ユーザー] ページ。ユーザレコードの横に緑のチェックマークと青のレンチが表示され、SSO が有効になっていることが示されています。
シングルサインオンが有効になったため、Salesforce アカウント内から Pardot にアクセスできます。手順は次のとおりです。 

  1. Salesforce で、アプリケーションランチャーに「Pardot」と入力します。
  2. [Pardot] を選択します。
    アプリケーションランチャーで Pardot アプリケーションを選択。
  3. 次に、[Pardot] メニュー項目を選択します。

これで Salesforce アカウント内に Pardot アカウントのダッシュボードが表示されます。 

Salesforce アカウント内の Pardot の [ダッシュボード] ページ

Salesforce のリードおよび取引先責任者の Pardot へのインポート

Salesforce と Pardot を接続したら、既存のリードや取引先責任者を Pardot にインポートできます(コネクタによって、Salesforce の既存のリードや取引先責任者から自動的にプロスペクトが作成されることはありません。最初にインポートする必要があります)。この作業は、初回同期を確立するために 1 回だけ行います。インポートが終了した時点で、Pardot が新しいプロスペクトレコードを既存の Salesforce リードまたは取引先責任者レコードと同期し、その後は更新が自動的に同期されます。

  1. Pardot で、[管理] | [インポート] | [プロスペクト] に移動します。
  2. コンピュータから CSV ファイルをドラッグするか、[+ ファイルをアップロード] をクリックします。
  3. 必須の [コンプライアンス] 項目をチェックして、Pardot のパーミッションマーケティングポリシーに目を通したことを確認します。
  4. [次へ] をクリックして CSV ファイルを Pardot に読み込みます。
    [ファイルを選択] ページ。緑のバーのファイル名の横にチェックマークが表示され、ファイルが正しくアップロードされたことが示されています。
  5. CSV ファイルの項目を Pardot の該当する項目に対応付けます。
    1. 列ヘッダーに基づいて、Pardot に対応付けの候補が自動的に表示されます。
    2. メールアドレスを対応付ける必要があります。Salesforce リードまたは取引先責任者 ID とメールアドレスに基づいてプロスペクトを同期することも選択できます。
    3. 既存のデータを上書きする場合は、[既存のデータを上書きする] チェックボックスをオンにします。
  6. [次へ] をクリックします。
    [項目をマッピング] ページ。Pardot による対応付けの候補が示されています。
  7. インポートするプロスペクトのキャンペーンとして [Web サイトトラッキング] を選択します。
  8. タグを追加します (該当する場合)。
  9. [次へ] をクリックします。 [キャンペーンとタグを選択] ページ
  10. [アクションを選択] オプションを選択します。
    [アクションを選択] ページ。[プロスペクトをインポートする] オプションが選択されています。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. [確認して保存] をクリックします。

    [確認して保存] ページ。詳細を確認できます。

Pardot の Salesforce モバイルアプリケーションへの追加

会社の Salesforce アカウントを Pardot に正常に接続したら、Salesforce でどこからでも Pardot のデータにアクセス可能にすることができます。おそらく、ユーザがすでにモバイルアプリケーションを使用して外出先でも Salesforce にアクセスしているものと思われます。これからは Pardot データも同じように簡単に調べることができます。 

Pardot ユーザの場合は、営業チームをマーケティングオートメーションソリューションに誘い込むために、Salesforce Engage を使用して、顧客とのパーソナライズされた関係の構築に必要なツールへのアクセス権を付与します。営業担当の時間を節約するために、メールテンプレートやエンゲージメントキャンペーンを作成しておくことが考えられます。営業担当は、マーケティングが承認済みのコンテンツにすぐアクセスできるため、相手に合わせて工夫を凝らすことに時間を割くことができ、こうしたパーソナライズがブランドの差別化や商談成立の増大につながります。詳細は「Salesforce Engage の基本」モジュールを参照してください。 

Pardot は Salesforce モバイルアプリケーションプラットフォームに統合されます。モバイルアプリケーションのリードや取引先責任者レコードの Pardot 情報にアクセスするには、Pardot をインストールしてから、Salesforce でリードおよび取引先責任者ページレイアウトを編集する必要があります。 

モバイルアクセスのためにレイアウトを編集する方法は次のとおりです。

  1. Salesforce にログインします。
  2. [オブジェクトマネージャ] で、[リード] | [ページレイアウト] をクリックします。
  3. [リードレイアウト] の横にある下矢印から [編集] をクリックします。
  4. ページレイアウトエディタの [Visualforce ページ] を選択します。
  5. [Pardot モバイルアクティビティ] 項目を [モバイルカード] セクションにドラッグします。
  6. [Pardot モバイルリストメンバーシップ] 項目を [モバイルカード] セクションにドラッグします。
  7. [Pardot モバイルソーシャルデータ] 項目を [モバイルカード] セクションにドラッグします。
  8. [保存] または [適用] をクリックします。

この手順を繰り返して、Pardot モバイル項目を Salesforce の取引先責任者ページレイアウトに追加します。 

結論

このモジュールではたくさんのことを説明しました。Pardot 項目を Salesforce 項目に対応付け、Pardot ユーザアカウントを Salesforce ユーザアカウントに一致させ、さらにこの 2 つのプラットフォーム間でシングルサインオンを有効にしました。これで Pardot と Salesforce を連携させて、活用することができます。 

リソース