スキャンの実行および結果の確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce Optimizer スキャンを生成する。
  • Salesforce Optimizer レポートに一般的に含まれる問題点とベストプラクティスを挙げる。

Salesforce Optimizer の使用

前の単元では、Salesforce Optimizer の概要と開発された理由について説明しました。次は、実際に試してみましょう。でもその前に、基本的なシステムとユーザの要件について説明します。

Salesforce Optimizer は Lightning Experience アプリケーションで、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition で使用できます。Optimizer は、本番環境と Sandbox 組織で実行できます。

組織で引き続き Salesforce Classic ユーザインターフェースを使用している場合は、このツールの .pdf ファイルベースバージョンを使用できます。Salesforce Optimizer の .pdf ファイルベースバージョンにアクセスする方法については、Salesforce ヘルプを参照してください。

このモジュールでは、受講者が Salesforce システム管理者で、Salesforce Optimizer を実行する適切な権限を有しているものと想定しています。けれども、システム管理者でなくても大丈夫です。このまま読み進み、本番組織でシステム管理者がこれらの手順をどのように実行するのか確認しましょう。

Salesforce Optimizer の実行

Salesforce Optimizer の実行はとても簡単です。手順は次のとおりです。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「オプティマイザ」と入力し、[オプティマイザ] を選択します。
  2. [アクセスを許可] をクリックして、Optimizer による組織の分析を許可します。証明のチェックボックスをオンにして [保存 & 閉じる] をクリックします。
  3. [オプティマイザを開く] をクリックします。組織にアプリケーションが起動します。組織の他のアプリケーションと同様、Optimizer もメインのアプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) からアクセスできるようになりました。
  4. [Optimizer を実行] をクリックします。

これで完了です。通常は 1 時間以内にスキャンが終了しますが、複雑な組織の場合はさらに時間のかかることがあります。Optimizer アプリケーションに戻って進行状況を確認します (ページがまだ開いている場合はブラウザを更新します)。

次にすることは何でしょうか?

Optimizer の実行は簡単な部分です。スキャンが終了すると、状況別に並び替えられた次のような結果リストが表示されます。

Salesforce Optimizer の結果リストのスクリーンショット

ここでレポート結果に目を通し、判明した問題に対処する計画を立てます。緊急性が最も高い項目はリストの最上位に表示され、[確認が必要] という状況になっています。テーブルの任意の行をクリックすると、Optimizer にスキャンの具体的な結果とともに、推奨アクションや役立つ関連リソースへのリンクが表示されます。[設定] に関連性の高い領域に移動するボタンがあり、そこから調査を開始できます。

Salesforce Optimizer の詳細な結果のスクリーンショット

メモ

メモ

Optimizer アプリケーションはコンソール風のナビゲーションを使用します。詳細な結果ごとに新しいコンソールが開き、主タブに表示されます。完全リストに戻るには、[組織総計値] タブをクリックします。  

 

Optimizer でフラグが付けられる一般的な問題と重大な問題をいくつか見ていきましょう。

見よ、一面に広がる項目を

オブジェクトに何百個もの項目が使用されているのはよくあることです。Salesforce では (エディションに応じて) 1 つのオブジェクトに最大 800 の項目を設定できますが、項目数が 350 を超える標準またはカスタムオブジェクトには Salesforce Optimizer がフラグを設定します。これらの項目すべてがユーザに必要で有用なのでしょうか? 結果リストの [項目の利用状況] 行を確認します。詳細ページで膨大な数の項目を処理したり、スクロールしたりするのは煩わしいものです。採用や使用状況も低下します。モバイルエクスペリエンスについても考えてみてください。携帯電話で項目のページを何ページもスクロールするのは、手間がかかりイライラしてきます。

[項目の利用状況] の [データリスト] セクションで、こうした項目にデータが入力されているかどうかを確認します。多くのお客様は、相当数のカスタム項目が空白のままで、ユーザにとって何の価値もないことを知って驚きます。

Optimizer で、組織のカスタム項目の制限、項目の使用状況、またはページレイアウトの項目にフラグが付けられても、それはあなただけではありません。それらの領域をクリーンアップすると、いつの場合でもユーザに喜ばれます。

オートメーションの過負荷

オートメーションは誰にでも歓迎されます。共有、フロー、入力規則のおかげでユーザの効率が向上し、データが整理されます。ただし、過ぎたるは猶及ばざるが如しです。システム管理者にとって、複雑なルールセットの維持は容易なことではありません。1 つのオブジェクトのオートメーションが多すぎると、エンドユーザにパフォーマンスの低下やその他の問題が発生する可能性があります。Salesforce Optimizer でこれらのカテゴリのいずれかにフラグが付けられている場合は、簡略化することを検討してください。

システム管理者が多すぎる

Salesforce Optimizer では、「すべてのデータの編集」権限と「アプリケーションのカスタマイズ」権限を持つユーザはすべてシステム管理者とみなされます。これらのスーパーユーザ権限を多くのユーザに付与すると、大変な事態を招くことになります。それがどのように起こり得るのかはわかっています。Sales Operations では、すべての商談へのアクセス権が必要なので、Sales Operations のプロファイルに「すべてのデータの編集」権限を追加します。次に、パワーユーザがケースオブジェクトの選択リスト値を変更する必要があるので、「アプリケーションのカスタマイズ」アクセス権を付与します。ただし、これらのような権限を大量に付与することは危険であり、避けるべきです。データ侵害、データ品質、Gack など、キッチンにいる料理人が多すぎると、さまざまな思わぬ結果を招きます。

では、システム管理者は何人いるのが適切なのでしょうか? 組織の規模、複雑度、入ってくる要求数によって異なります。こちらの Salesforce ヘルプ記事にガイドラインがいくつか記載されています。ユーザの人数を監査し、これらの権限を持つユーザ数を減らす方法を真剣に検討することを強くお勧めします。おそらく多すぎることでしょう。

1 つのオブジェクトに複数のトリガ

Salesforce Optimizer では、同じオブジェクトで複数の Apex トリガを使用するのは適切なことではありません。ユーザの人数を監査し、これらの権限を持つユーザ数を減らす方法を真剣に検討することを強くお勧めします。さらに、これらのトリガの実行順序を制御する方法がありません。トリガはオブジェクトごとに 1 つ設定し、面倒な作業にはヘルパークラスを使用することをお勧めします。

[私のドメイン] がない

Salesforce Optimizer では、組織で [私のドメイン] のカスタマイズが有効になっていない場合にもフラグが付けられます。この機能の詳細を確認し、有効にすることをお勧めします。主な利点には、次のようなものがあります。

  • [私のドメイン] は、外部 ID プロバイダを利用したシングルサインオンなど、多くの機能を使用するために必要です。
  • Lightning Experience ユーザインターフェースを有効化するために厳密には必要ありませんが、Lightning Web コンポーネント (Lightning の主要なイノベーションの 1 つ) には [私のドメイン] が必要です。
  • [私のドメイン] を使用すれば、ログイン画面のブランド設定や右フレームのコンテンツのカスタマイズを行うことができます。

「ユーザ認証」モジュールで [私のドメイン] についての詳細を参照し、Trailhead Playground で有効化の練習をしてください。

Salesforce Optimizer を味方につける

お客様の多くは、標準のメンテナンスプロセスの一部として、Salesforce Optimizer を定期的に実行しています。この非常に有益な作業は、組織の進化による変動を追跡するのに役立ちます。ぜひ試用して、フィードバックをお聞かせください!Trailblazer Community の「Salesforce Optimizer」Chatter グループの会話にもご参加ください。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる