Salesforce Engage の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesfoce Engage がどのようにビジネスの役に立つのかを説明する。
  • Salesforce Engage の 4 つのコンポーネントを挙げる。
  • Salesforce Engage が Pardot および Salesforce とどのように連動するのかを説明する。

営業とマーケティングの連携にまつわる謎

世界には不可解なものがたくさんあります。ネス湖の怪獣。イースター島のモアイ像。アメリア・イアハート。なかでも最も不可解な問題は、どのようにして効果的に営業チームとマーケティングチームが連携を図るのかということです。少し大袈裟に言いましたが、ほとんどのビジネスがこのことで苦労しているのは確かです。うまく連携できれば、営業サイクルが短くなったり、ROI を最大化できたり、組織内の全員に調和をもたらしたりします。うまく連携できなければ、商談を逃したり、プロスペクトがリードにつながらなかったり、部門間の不要な緊張の原因となったりします。

Salesforce Engage の導入

そこで朗報です。Salesforce Engage は営業チームとマーケティングチームの連携を促進するために特別に設計されたもので、各チームはスマートに連携して製品を販売できます。マーケティングチームは、Salesforce Engage を使用して、すばやく簡単に営業チームと Pardot で共有できる、マーケティングが承認したコンテンツ (メールテンプレートなど) を作成できます。また、営業チームはこの承認済みコンテンツにアクセスして、マーケティング評価済みリードの育成、データに基づく判断、および商談の早期成立を、Salesforce プラットフォーム内ですべて行うことができます。

Engage Alerts ダッシュボード

もう一声

Salesforce Engage は、Engage Campaigns、Engage Reports、Engage Alerts、Engage for Gmail および Engage for Outlook という 4 つのコンポーネントで構成されています(Salesforce Engage に含まれるものは他にもありますが、今はこれらのコンポーネントを重点的に説明します)。

Salesforce Engage と Engage Campaigns、Engage Reports、Engage Alerts、Engage for Gmail および Engage for Outlook のマトリックス

Engage Campaigns: マーケティングが承認したコンテンツを使用して、Salesforce から直接、1 対 1 または 1 対多数のキャンペーンを開始します。

Engage Alerts: 設定した条件で絞り込まれたカードベースの列ビューを使用して、プロスペクトのアクティビティをリアルタイムで表示し、適切なタイミングでプロスペクトに連絡します。

Engage Reports: 過去 1 週間、過去 2 週間、過去 30 日間、またはカスタム日付範囲でパフォーマンスが最も優れているメールとテンプレートを参照して、リードと取引先責任者が Engage Campaigns とどのようなやりとりを行っているのかを分析します。マーケティング担当者は Engage Team Reports を使用して、すべての Engage ユーザのメールの結果を参照し、パフォーマンスが最も優れているテンプレートとキャンペーンを確認できます。

Engage for Gmail および Engage for Outlook: Gmail と Outlook から直接、プロスペクトに追跡可能なメールを送信します。

Pardot との連動

Salesforce Engage は、Pardot と Salesforce のブリッジとして機能する大幅に強化されたアドオンであると考えてください。一方には Saleforce の業界をリードする B2B マーケティングオートメーションソリューションである Pardot が、もう一方には世界をリードする CRM である Salesforce があります。その間にあるのは、使いやすい 1 つのツールに両方の機能を統合する Salesforce Engage です。

Pardot、Salesforce、Salesforce Engage のベン図

では、これらがどのように連動するのかを詳しく見てみましょう。

Pardot は、一元化されたプラットフォームから B2B マーケティング担当者がオンラインマーケティングキャンペーンを作成、リリース、管理できるように設計されています。マーケティング担当者は、Saleforce Engage からアクセスできる営業チーム用のコンテンツを Pardot で作成します。営業チームは、リードまたは取引先責任者がさまざまなマーケティングアセットといつやりとりを行っているのかを確認できます。Pardot はデータを追跡し、メッセージの影響を監視するためのエンジンでもあります。

次は Salesforce です。ご存知のとおり、Salesforce は世界をリードする CRM システムです。営業チームは Salesforce を日常的に使用している可能性が高いため、Salesforce で、Engage Campaigns の開始、リストの作成、Engage Alerts の受信、すべてのキャンペーンの有効性を追跡する Engage Reports の表示を行います。

中央にあるのが Salesforce Engage です。小さくも強力な Salesforce Engage は、マーケティングオートメーションの機能を直接 Salsforce と営業担当に提供します。

まとめると、次のようになります。

Pardot を使用するためには Salesforce Engage が必要ですか? いいえ。

Salesforce Engage を使用するためには Pardot が必要ですか? はい。

Salesoforce はどうでしょうか? はい、それも必要です。

Salesforce Engage はあなたに適しているのか?

Salesforce Engage について少し理解してきたところで、はたして自分に適しているのだろうかと考えているかもしれません。その場合は、次のことを自問します。

  • 競争で優位に立つために、プロスペクトに適切なタイミングで連絡したいですか?
  • 商談を進めるために、すべてのやりとりをプロスペクトのニーズに合わせた、関連性の高い内容にしたいですか?
  • どこにいても時間を最大限に生かし、効率的に作業したいですか?

これらの質問のいずれかに「はい」と答えた場合は、Salesforce Engage はあなたに適しています。

まだ納得していませんか? 次の表に、プロスペクトに早期に連絡し、関連性を高め、生産性を向上するために Salesforce Engage がいかに役立つかを示す例を示します。

最初に行う — 競争で優位に立つために、プロスペクトに適切なタイミングで連絡する。

関連性を高める — 商談を進めるために、すべてのやりとりをプロスペクトのニーズに合わせた、関連性の高い内容にする。
生産性を向上する — どこにいても時間を最大限に生かし、効率的に作業する。
  • リアルタイムのアラートに従って行動を起こし、プロスペクトがエンゲージしているときに連絡する。
  • 携帯電話、タブレット、またはデスクトップから、プロスペクトのアクティビティのカスタマイズ可能なライブフィードにアクセスする。
  • Salesforce、Gmail、Outlook で追跡メールを使用してどこからでも接続する。
  • お気に入りのツール内から、有益なプロスペクトのアクティビティデータおよびインサイトにアクセスする。
  • プロスペクトがエンゲージしているマーケティングアセットに焦点を合わせて、すべての会話を意味のあるものにする。
  • 適切なタイミングで適切な情報を使用し、商談を早期に成立させて顧客の信頼を得る。
  • 最も見込みのあるリードを特定してそれに集中し、自分の時間を最大限に生かす。
  • 1 対多数のメールキャンペーンで、パーソナライズされたメッセージを瞬時に各プロスペクトに送信する。
  • 常にアプローチを改善できるように、うまくいっている、またはうまくいっていない営業メールを確認する。

素晴らしいことだと思いませんか?

次の単元では、Get Clouding Consulting が営業チームとマーケティングチームの連携を図るために、Salesforce Engage をどのように使用しているのかを見ていきます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる