Customer 360 Platform での開発

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Customer 360 プラットフォームの機能がコードでどう拡張されるかを説明する。

API ファーストプラットフォーム

Customer 360 Platform の機能を構築するときには API ファーストアプローチが採用されています。つまり、プラットフォーム上のほぼすべてに対して堅牢な API アクセスが提供されています。

信頼は Salesforce にとって最も重要な価値です。このプラットフォームは、データを保護するために OAuth 標準をサポートしています。

この動画で取り上げたリソースはすべてこの単元の最後にあります。

最新の開発者環境

Salesforce ツールによって、Salesforce Customer 360 Platform の開発がシンプルになりました。高性能なアジャイル開発向けに設計された、統合されたエンドツーエンドのライフサイクル管理を利用できます。1 回限りのスクラッチ組織で開発し、コマンドラインから直接バージョン管理システムでコードを操作し、継続的インテグレーションを実装して開発プロセスを合理化できます。

Customer 360 Platform は Lightning コンポーネントフレームワークを使用して構築されているため、開発者はすでに身に付けたスキルを活用し、Salesforce でアプリケーション、ユーザインターフェース、再利用可能なカスタムコンポーネントを作成できます。Lightning コンポーネントフレームワークでは、簡単に最新の Web 標準を使用しながら、Salesforce のデータとメタデータを操作する専門的な機能を提供できます。

Salesforce の柔軟な開発者環境では、チームは使い慣れたお気に入りのツールを使用し、共同で構築ができます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる