Salesforce Billing のリリースと統合

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce Billing のさまざまなリリースモデルを識別する。
  • 財務による課税の管理に Salesforce Billing がどのように役立つのかを説明する。
  • 財務による支払の管理に Salesforce Billing がどのように役立つのかを説明する。
  • Salesforce Billing のインテグレーションに対するプラットフォームによるアプローチを明確に説明する。

最終段階

これが終われば、もう少しで作業は終了します。前の単元では、Salesforce Billing でビジネスの見直し、営業および営業業務のパートナーとのコラボレーション、顧客関係の強化を可能にするさまざまな方法について説明しました。

では、どのように実装するのでしょうか? この単元には、Salesforce Billing の設定方法のステップごとのチュートリアルは含まれていませんが、最新の請求ソリューションを実装するときに考慮する点を紹介します。

Salesforce Billing のさまざまなリリースモデル

単元 3 「財務に手を貸す」では、収益ライフサイクル全体を通して柔軟性を維持することがなぜそれほど重要なのかを説明しました。営業には必要な方法で販売できるという利点があり、価格設定、データキャプチャ、ワークフローの適切なガードレールは財務が管理します。それと同時に、顧客を満足させながら、自分の仕事の責任も果たすという適切なバランスを維持することができます。

Salesforce のプラットフォームでは、もう 1 つ柔軟な領域があります。それはプロセスです。この場合、ワークフローやデータのハンドオフについて言っているのではありません。ここで言っているのは、チームとテクノロジの占有領域に適した最善の収益ライフサイクルモデルの実装です。

リード-to-請求書
新商品発売時の拡大に関する課題、サブスクリプション、利用/メトリクス料金、消費量/公共料金の請求に関する課題を解決します。財務業務と会計は ERP で管理されますが、価格設定およびトランザクションエンジンは 1 つしかないのでデータがクリーンになります。
リード-to-キャッシュ
このモデルは、単元 3 の「財務に手を貸す」で説明しています。このモデルでは、Salesforce Billing で請求書がサポートされ、収集の調整も行われます。クリーンなデータが GL とレポートにハンドオフされます。

各オプションには固有の考慮事項があり、財務チームと会計チームにさまざまなレベルで影響します。また、テクノロジの占有領域、ERP およびポートフォリオに含まれるその他の財務/会計ツールの使用方法にも影響します。

インテグレーションについてお話しましょう

このモジュール全体を通して、同じプラットフォームで Salesforce CPQ と Salesforce Billing を使用することで合理化される重要な領域について説明しました。これは、税金計算機能、支払プロセッサ、ERP のインテグレーションを容易にするものと同じプラットフォームです。

メモ

メモ

Salesforce Billing のリリースモデルに応じて、下記の一部またはすべてに該当します。

税金管理

Salesforce Billing には、商品ごとに固有の税金ルールを設定できる柔軟性があります。起動させる 1 つ以上のルールを宣言的に (ポイント & クリック) 割り当て、課税が正しく行われるようにします。たとえば、次を指定できます。

  • そもそも商品に課税するのかどうか
  • どのインテグレーションを使用するのか (詳細は以下)
  • 税コード
  • レコード管理プロセスを指示する GL ルール
  • その他

Salesforce のプラットフォームでリリース方法のオプションが提供されているように、Salesforce Billing は、標準の事前に読み込まれた税金機能を簡単に使用し、サードパーティの税金ソリューションと統合できます。またその多くでネイティブインテグレーション (Avalara、Vertex など) が開発されています。

Salesforce Billing は税金計算の調整を容易にします。

請求と送金申告の税金を計算する完全なシステムを使用する場合でも、サードパーティの計算機能を使用し、さらに別のツールにハンドオフする必要がある場合でも (大変ですね)、プラットフォームではこれらのステップがサポートされます。

目標は、組織の役に立つ適切なプロセスと、顧客や関係者の期待に応える能力をどのように構築できるかということに、あなたの重点を置いてもらうことです。

支払

リード-to-キャッシュモデルでは、PayPal、Authorize.net、CyberSource といった支払システムとのネイティブインテグレーションを使用できます。ここでは、Salesforce Billing は請求書と支払の追跡と管理に役立ちます。請求書に対してデビットノートやクレジットノートを宣言的に設定できます。また、処理の一部またはすべてを自動化できます。

主な機能は次のとおりです。

  • 支払の処理。複数の請求書または個々の品目レベルに対して、保存されている支払方法を使用して全額または一部の支払を処理します。
  • 定期的な支払。これで支払プロセスを自動化できます。Salesforce Billing が請求書を経時的に評価し、顧客の支払情報に対してスケジュールされた支払を行うようルールが設定されます。
  • クレジットとデビットの適用。スタンドアロンのクレジットノートまたはデビットノートを発行し、個々の請求書品目に適用します。

その後、トランザクションの請求書決済データが、財務報告のために ERP にハンドオフされます。 

ERP について

ここでも、リリースモデルが ERP とのインテグレーションの扱い方に影響します。幸い、プロセスを理解したら、Salesforce またはシステムインテグレータが、適切なインテグレーションタイプを判断するサポートができます。

Salesforce プラットフォームには、主要な ERP システムとのネイティブコネクタ、最適なアプローチを見つけるお手伝いをするパートナーのカタログが用意されています。これらは、アプリケーションマーケットプレイスである Salesforce AppExchange にあります。また、カスタムインテグレーションが必要な場合、システムは拡張できます。すべての自動アップグレードで、API の後方互換性が確認されるので、設定してある接続は切断されません。

パートナーと共に

円の中で重なっている 4 つの手は、Salesforce CPQ と Salesforce Billing の組み合わせは、営業、業務、財務の部門を超えたコラボレーションを真に可能にする唯一のプラットフォームであるという考えを表しています。

では、収益ライフサイクルの変革に関わるすべてのチームの点呼をとってみましょう。

  • 顧客 (必要)
  • 財務 (絶対必要)
  • 業務
  • 営業
  • システムインテグレータ
  • Salesforce CPQ と Salesforce Billing

このリストの順序には、もちろん規則があります。ビジネスの変革には、新しい商品やサービスの導入、新しいビジネスモデル、または関係の再評価など、どれに重点を置くにしても、これは重要度の理想的な順序です。完璧な世界では、顧客、そしてあなたが顧客のニーズにどのように適応するかということが、すべての始まりです。 

しかし実際には、状況はあっという間に変化することがあります。したがって、チーム間の柔軟な対応、オープンなコラボレーション、そして変化をもたらす適切なテクノロジを使用することが重要になってきます。このような変革に重点的に取り組むと、顧客ロイヤルティ、定期購入取引、価値のつけられないある種の拡大と適応性という形で必ず利益がもたらされます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる