📢 Attention Salesforce Certified Trailblazers! Maintain your credentials and link your Trailhead and Webassessor accounts by December 6th. Learn more.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Lightning Experience のセールス機能を知る

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Salesforce のカスタマイズが導入とプロジェクトの成功にどのように影響するかについて説明する。
  • どのような点で Sales Cloud 製品が営業サイクルに適合するかを特定する。
  • カスタマイズに取りかかる前の調査の重要性について説明する。

ようこそ!

Salesforce システム管理者として重要なことは、営業チームが Salesforce を最大限活用できるように営業チームをサポートすることです。Salesforce が皆さんをサポートします。営業チームが成功したら会社のビジネスが成功し、皆さんも成功します。

Salesforece は、営業チームをサポートする次のセールス機能をすばやく理解し、設定できるようシステム管理者をサポートします。
  • 新規ビジネスの開発
  • 反復ビジネスを促進するための顧客の育成
  • 健全な競争への関与
  • パイプライン内にある案件に関するレポート、および営業結果に関するレポート
また、成功するプロジェクトチームをまとめること、Salesforce から営業担当が何を得る必要があるかを学習すること、およびユーザ導入の計画を作成することに関してシステム管理者をサポートすることもできます。ただし、これについて学習を進める前に、「Salesforce の基礎」および「Lightning Experience の機能」の各モジュールを終了しましたか? これらのモジュールは重要な基礎を提供します。この基礎に基づいてこのトレイルを進めればこのトレイルを最大限活用できます。

このトレイルに進む準備ができていますか? さあ進みましょう。営業チームの成功率に大きな影響を与えることができるよう皆さんをサポートします。

Salesforce が提供する機能

標準搭載機能を使用する場合でも、Salesforce は超強力です。ただし、カスタマイズされた販売体験をチームに提供するように Salesforce を利用することもできます。

まず、営業チームがどのような機能を使用できるかについて理解してください。
重要領域 Salesforce がサポートする、営業担当とマネージャの作業 Salesforce の用語 探すべきアイコン
見込み調査 リードを製品およびサービスの購入顧客に変換することを目標としてリードに対する作業を行います。

営業担当がリードワークスペースに従って見込み客とのリレーションをどのように向上するかについて、自分で確かめてください。「リソース」セクションの動画「Qualify and Convert Your Leads Efficiently」(リードの効率的な評価および変換) をご覧ください。

リード リードアイコン
ダイレクトメールプログラム、セミナー、印刷広告、メール、またはその他の種類のマーケティング資料を使用する外部向けマーケティングキャンペーンを管理します。

キャンペーンを分析しやすいように階層に整理して、何が会社の売上増加に最も効果があるかを確認できます。

キャンペーン キャンペーンアイコン
会社のセールスプロセスに従って案件を処理します。

営業担当が商談ワークスペースに従って案件の処理とパイプラインの管理をどのように行うかについて、自分で確かめてください。「リソース」セクションの動画「Work Your Opportunities and Manage Your Pipeline」(商談の促進とパイプラインの管理) をご覧ください。

商談 商談アイコン
リードと商談の作業に関する会社のセールスプロセスを営業担当が導入するようにします。リードの評価と商談の成立のための重要な作業から推測を取り除きます。 セールスパス
営業担当の案件をフェーズ別に整理されたビジュアル表示で確認します。 Kanban
特定の営業チームを個々の商談に割り当てる場合、営業担当の共同作業がより効率的に行われるようサポートします。チーム内の役割には誰がチームに参加しているかが表示され、チームは連携して売上を増大できます。

商談所有者は、チームのメンバーに商談に関連するレコードへの特別なアクセス権を付与できます。

商談チーム
取引先、顧客、および商品の管理 営業先の企業およびその企業で働く個人についての情報を保存します。 取引先と取引先責任者 取引先アイコン

取引先責任者アイコン

複数の取引先に関連付けられた取引先責任者を追跡します。 取引先責任者-to-複数取引先
会社の商品を自分のために購入する個人を追跡します。 個人取引先
会社が販売する商品の管理と整理を行います。商品の詳細を商談に接続し、営業担当の商談に含まれる商品の情報を営業担当に提供します。 商品および価格表
生産性活動の簡略化 営業担当がスケジュールした会議と営業担当の今後の ToDo をリストとレポートで追跡し、その他の重要な活動に対処します。 活動
Salesforce から離れることなく電話機能を使用します。営業担当は電話の発信と着信、通話メモの追加、通話情報の記録を、Salesforce から離れることなく行うことができます。 Lightning Voice
ホームページ上で、管理している有意義なコンテンツにアクセスします。さまざまな営業チーム用の複数のホームページを作成することもできます。 ホーム
メモを取ってチームメイトと共有し、コンテキストとインサイトをチームセリングに提供します。 メモ メモアイコン
クリーンで正確なデータを維持し、ビジネス上の確かな意思決定を行います。

営業担当が Salesforce に重複レコードを作成できるかどうかと、作成するための条件を管理します。重複レコードを Salesforce で識別する方法をカスタマイズし、営業担当が保存した重複レコードに関するレポートを作成します。

重複管理
営業担当をつなぎ、引き込んで意欲を喚起し、ロールや場所に関係なく会社全体で効率的に作業を行います。

この社内ソーシャルネットワークでは、従業員が組み込みアプリケーションやカスタムアクションを使用して、商談、サービスケース、キャンペーン、およびプロジェクトに関して容易にコラボレーションできます。

Chatter
Microsoft メールと Salesforce 間で営業担当が取引先責任者、行動、ToDo を同期するときに冗長を排除します。

営業担当は Microsoft メールで重要なメールを Salesforce レコードに直接関連付けることもできます。

Microsoft® インテグレーション
営業担当が Gmail または Office 365 アカウントを Salesforce に接続できるようにすることで、メールのやりとりを効率化します。これにより、Salesforce から送信するメールは Gmail または Office 365 を経由するようになります。

つまり、受信者には Salesforce のアドレスではなく営業担当のアドレスが表示されます。Gmail と Office 365 はメールの送信とコンプライアンスを処理します。

Salesforce インテグレーションメール
外出先でも Salesforce を使用できます。

Salesforce のエンタープライズクラスのモバイル環境では、オフィスで表示される情報と同じ内容にリアルタイムでアクセスできます。モバイル形式では情報が整然と表示されるため、顧客とのミーティングの合間、飛行機の待ち時間、コーヒーを買う列に並んでいる間などにも業務を短時間で済ませることができます。

Salesforce のモバイル環境から営業担当にとってどのような利点が得られるかについては、「リソース」セクションの動画「Salesforce Mobile App Overview」(Salesforce モバイルアプリケーションの概要) で確認してください。

Salesforce モバイルアプリケーション Salesforce アプリケーション
セールスに関するレポート 次の情報を表示するレポートを提供します。
  • パイプラインの内容
  • 最高の業績を上げている営業担当
  • コーチングが必要な営業担当
Salesforce レポート

事前に計画を立てて Lightning Experience での営業チームの成功をサポートする

Salesforce は多くのカスタマイズを提供します。このカスタマイズはしっかりとした調査と計画に基づきます。システム管理者の成功は営業担当の成功に基づいて評価されるため、私たちは、営業担当にとって使いやすい Salesforce をシステム管理者が提供できるようサポートします。営業担当が Lightning Experience で良いスタートを切るためのいくつかの方法を用意しました。

Salesforce の作業を営業担当が効率的に行えるようにするにはどのように計画を立てればよいかを次に示します。
  1. チームを結成する
  2. リリーススケジュールを起草する
  3. ビジネスプロセスの主要な側面を特定する
  4. 問題点を確認して文書化する
  5. ビジネス目標と優先度を特定する
  6. 必要なレポートを定義する
  7. コミュニケーション計画およびトレーニング計画を作成する
「Lightning Experience のロールアウト」モジュールでは、主要な担当者を調整する方法と、主要な担当者からの質問に答えられるよう準備する方法についてさらに詳しく学ぶことができます。

このモジュールで推奨している情報を取得するためのフォーム (ダウンロード可能) をまとめました。このフォームは私たちの間では秘密とされているため、これをあなたの功績にすることができます。

次の単元では、Salesforce を最大限活用するための計画の作成をサポートします。その後、営業担当に表示する内容をどのようにカスタマイズするかと、Salesforce で営業担当がどのように作業するかを示します。また、そのカスタマイズの一部に関していくつかの提案も行います。ただし、チームにとって何が最良かを決定するのはあなたです。