進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

成功のためのコラボレーション

学習の目的

このモジュールを完了すると、次のことができるようになります。

  • 営業チームが Chatter でどのようにコラボレーションできるかを説明する。
  • Quip の主な利点を説明する。

Chatter: コラボレーションハブ

前の単元で、取引先チームを編成してロールを定義する方法を説明しました。ここでは、これらのロール間のコミュニケーションの重要性について説明します。以前に述べた新生の素晴らしいバンドを思い出してください。各人が別々のキーで演奏すればハーモニーは生まれず、ビートに乗った演奏などとてもできません。営業チームが簡単かつ効率的にコミュニケーションを図れない場合も同じで、商談がまとまることはありません。

Chatter は、Salesforce のコラボレーションプラットフォームで、チームが簡単にリアルタイムで会話できます。私生活で使用するソーシャルメディアプラットフォームに似ていますが、仕事用に構築されています。

  • 誰もが、取り組んでいる内容について投稿したり、他のユーザの投稿にコメントしたりすることができます。
  • 公開または非公開グループに参加すれば、そのグループでトピックの最新情報を入手したり、問題を一緒に解決することができます。
  • チームメイトが商談や取引先レコードで直接コラボレーションできるため、情報が必要となるその場所に保存されます。
  • そして、使い慣れたソーシャルプラットフォームの場合と同様、Chatter には各自にとって関心の高いコンテンツや役立つコンテンツが表示されます。

各人がどこにいるかに関係なく、人々を 1 つの場所に集める素晴らしい手段であるほか、営業チームに競争優位性をもたらします。大きな成功を収めている営業チームが、Chatter の使い方に関して次のベストプラクティスを示しています。

チームとして情報を共有する

営業チームには共有すべき情報がたくさんあります。そして、業務を遂行するためには大量のデータを処理する必要があります。こうした過剰な情報によってメールの容量不足 (またはメールの紛失) が生じる可能性があることから、ここでのヒントは、共有すべき情報はすべてチームの Chatter グループに保存して、メールの疲弊を回避するということです。遊び心をもってグループの名前を選び、チームを盛り上げます。Salesforce には「Can't Stop Won't Stop」「Turtle Power」「Wolff Pack」といったグループがあります (最後の 2 つは Turtle と Wolff というマネージャの名前を使っています)。ユーモアのある名前を付けて楽しみましょう!

次に、Chatter グループに招待すべき人々と、どのような情報が得られるかを示します。

  • 営業マネージャ: エグゼクティブの意向の伝達、最新の総計値、トレーニングに関する提案
  • 営業担当: 営業に関するポッドキャストの提案、他の人々にとって教訓となる商談 (または損失)。また、商談に役立つ質問を投稿すれば、誰かが答えを投稿して助けてくれます。
  • マーケティング: 新しい Web セミナー、SPIFF の詳細、最新のプレゼンテーション

担当者には投稿された時点でこれらの情報がすべて表示され、必要に応じて遡って検索することもできます。

商談に関するコラボレーション

1 つの商談に何人かで取り組むチームがある場合は、追跡すべき情報がたくさんあります。それぞれロールが異なれば、共有するアイデアや最新情報、ファイルなどが異なることがあります。幸いにも、誰もがその商談レコードの Chatter ページから直接グループと共有できるため、必要なときに必要な場所から情報に簡単にアクセスできます。

チームのモチベーションを高める

やり手の営業マネージャなら、担当者が時として公明正大な競争によって能力を発揮することを知っています。こうした性質を利用して、チームのモチベーションを高めることができます。そのやり方をご紹介します。Sales Cloud を使用している場合は、膨大な量の情報にアクセスできますが、その 1 つの視覚的なダッシュボードを使用して、競争心に火をつけることが考えられます。

今月の活動数が最多のメンバー、商談成立件数の上位 10 人の担当者、電話件数が最少のメンバーなどを表示するダッシュボードを Chatter する (そうです。何かを Chatter に投稿することを意味する動詞として使用します) ことを検討します。(この機会に、成果を出せないかわいい部下を、愛情をもってせっつくことができます)。目標を達成している担当者と達成していない担当者を明らかにして鼓舞します。成果を認識されることや、認識する成果がないことを示されることによってモチベーションが高まります。

Quip: 次世代の生産性

Quip は Salesforce ファミリの新商品で、まだよく知らないかもしれませんが、そろそろ知っておいてもよい頃です。Quip の紹介: あなたの業務を一変するクラウド商品です。ドキュメント、スプレッドシート、チェックリスト、チャットが 1 か所にまとめられるため、権限があれば誰でも、どこからでも、どのデバイスでも (オフラインの場合でも) アクセスできます。Quip は強力なコラボレーション手段で、あらゆる瞬間の生産性を高め、営業チームがより多くの商談を成立させられるようにします。以下に、Quip を使用してどのようなことができるかを示します。

プランを一緒に作成する

取引先チームが商談に取り組むときに、Quip で必要なあらゆるドキュメントを作成できます。アカウントプランを例に挙げます。誰かがアカウントプランを作成したら、誰でも自身のアイテムを追加できます。全員が編集することや、誰かに質問をしたいと思ったときにコメントを追加することができます。この最大の利点は、常に最新バージョンが表示されるため、「これは最新バージョン?」という質問によってグループの作業が滞ることがない点です。

営業チームは取引先のサクセスプランに Quip ドキュメントを使用します。

レポートの分析

Sales Cloud には膨大なデータが保持されていますが、時として若干の整理が必要です。Sales Cloud を夢のようなウォークインクローゼットと考えます。美しく、明るく、広く、そして何よりも完璧に整理整頓されています。この収納機能を果たすのが Quip です。Quip で直接 Salesforce のレポートを開くことができるため、レポートのデータを整理してごく簡単に検索できます。

レポートは常に同期されているため、何度も実行する必要がありません。こうした機能は、チームの連携を維持するうえで特に役立ちます。確認したい情報を絞り込んだり、コールアウトする内容を強調表示したり、フィードバックを求める人や注意してもらいたい人を @メンションすることができます。さらに、チームの最新情報など、スプレッドシートを選択して別のドキュメントに埋め込むことも可能です。

チームは Quip でレポートを表示してコラボレーションします。

これらのコラボレーションツールの概要がわかったところで、いよいよチームに Chatter と Quip を使ってもらいましょう。チームが簡単に協力できれば効率性が高まります。ですから、そのためのツールを取り入れましょう!

リソース