進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

モバイルでの生産性の向上

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 営業チーム全体に Salesforce モバイルアプリケーションが重要である理由を説明する。
  • 営業担当の生産性を高めるために使用できるモバイルツールを挙げる。

誰もが、どこでも Salesforce

その昔、モバイルソリューションを必要とするのはフィールドセールスだけでした。これは、誰もが、飼い犬までもがモバイルデバイスを持ち歩くようになる前の話です(現に、犬のローバーにもデータの使い過ぎについて話をする必要があります!)。誰もが、どこでも携帯電話でつながっている今、営業チームもその例外ではありません。Salesforce モバイルアプリケーションのお陰で、あらゆる人々に役立つモバイル戦略をいとも簡単に実装できます。

このアプリケーションは、Salesforce のモバイル版のセールスアプリケーションです。標準の CRM データをすべて備えているほか、カスタマイズも取り込まれます。特殊なセールスプロセスがあっても大丈夫です。組み込まれています。ワークフローも、ちゃんとあります。App Store とのインテグレーションも、もちろんです! さらに、このアプリケーションはご使用の Salesforce ライセンスに付属しています。すごいでしょう!

Salesforce モバイルアプリケーションはごく簡単に有効にできますが、実際にオンにする前に適切なロールアウト戦略があるか考えてみてください。チームにあらかじめ説明し、準備を整えておく必要があります。実装にあたり、次の点を考慮します。

  1. 要件を収集する。チームが必要とする機能を確実に把握します。チームが何を必要としているのかわからない場合は、モバイルを誰よりも使っている人々、つまり、営業担当に話を聞きます。そして、インパクトが最大で、最大の時間を節約できる使用事例を優先します。通常、Salesforce モバイルアプリケーションをそのまま使うだけでもこうした効果がありますが、話を聞いて困ることはありません!
  2. スーパーユーザを味方につける。スーパーユーザとは、チームが敬意を抱くリーダーや、常に新しいことに挑戦している人々です。こうした人たちがモバイルアプリケーションを試し (その素晴らしさを実感して) 友人に話せば、誰もが試してみたくなるでしょう!
  3. モバイルの導入を発表する。成功の鍵を握るのはコミュニケーションです。Salesforce モバイルアプリケーションがいつ使えるようになるかをチームに伝え、デモを見せます。優れた機能をモバイルデバイスで使用可能になることを知らせます。

準備が整ったら、組織で Salesforce モバイルアプリケーションをごく簡単にオンにできます。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「Salesforce」と入力し、[Salesforce の設定] を選択します。
  2. [Salesforce モバイルブラウザアプリケーションの有効化] を選択します。
  3. Apple App Store または Google Play から Salesforce をダウンロードするよう営業担当に指示すれば、仲間入りできます!

簡単すぎるぐらいです(それでも、この改革があなたの手柄であることに変わりありません)。

Salesforce モバイルのツールを使用した営業担当の生産性の向上

営業担当が Salesforce モバイルアプリケーションを手に入れたら、どこにいても生産的になることができます。コーヒーショップ? もちろん。次のミーティングまでの空き時間? 当然。ミーティング中? できることはできますが、少なくとも会議を聞いている振りはしておいてください!

Salesforce モバイルアプリケーションにより、どこからでも商談を進められるようになるほか、営業担当が生産性を格段に向上させる新たな機能を備えています。

Today: カレンダーを Salesforce に保存されているすべての情報と相互参照させ、1 日の計画を立てやすくします。実際に顔を合わせる前に、話をしている相手や商談のことをすべて把握できます。

Today では、インテリジェンスを活用して 1 日のスケジュールを整理します。

ニュース: 見込み客や既存の取引先に影響を及ぼすニュースを確認できます。顧客や見込み客と情報に基づく会話を進め、新しい商談を見出します。会話のスタート地点から、相手に関心があることを示します。

ニュースには顧客に関する重要な情報が表示されます。

メモ: 重要なことがすべて記憶されるため、時間を節約できます。クライアントとのミーティング中にメモを使えば、取引先責任者または商談にメモが保存され、いつでも見つけることができます。

メモは重要な事項を覚えておく際に役立ちます。

Chatter: モバイルデバイスからチーム全体とやりとりできるため、どこからでもチームとコラボレーションできます。

Chatter があれば、どこからでもコラボレーションできます。

SalesforceA: 営業担当の皆様には申し訳ありませんが、この機能は特別な方のためのものです! そうですよね、システム管理者さん? SalesforceA は、システム管理者が携帯電話からパスワードのリセットやユーザのロックなどを実行するためのアプリケーションです。

SalesforceA があれば、システム管理者が外出先からでも Salesforce を管理できます。

これで、システム管理者と営業担当がどこからでも生産的になる準備が整いました。ビーチって言いましたか? 私たちのパラソルも取っておいてくださいね!

リソース