中小企業向け Salesforce について

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • CRM を定義する。
  • Sales Cloud Lightning Essentials を導入する。
  • Sales Cloud Lightning Essentials が中小企業に適している理由を説明する。

CRM が登場する前の世界

今あなたは、売上をスプレッドシートで管理し、重要な電話を付箋にメモして、会議の予定をカレンダーに書き込んでいるかも知れません。メールソフトの受信トレイはいつもどおり、まだ返信していない電子メールで埋まっています。顧客のデータがあちこちに散らばっているため、実際に顧客と電話で話す時間よりも、契約書を探すのに多くの時間を費やしていませんか?

そんなあなたに、中小企業に適したソリューションがあるのです。その名も Sales Cloud Lightning Essentials。すべての顧客データを管理してくれるので、あなたは顧客の対応に専念することができます。

CRM とは何か

CRM は、カスタマーリレーション管理 (Customer Relationship Management) の頭字語です。CRM 技術は、顧客とのやりとりのすべてを 1 カ所で管理できるようにします。チームのコラボレーション、作業の整理と編成、目標へ向かった進捗の追跡管理、そして顧客とのコミュニケーションを支援してくれます。 

Sales Cloud Lightning Essentials とは何か

Sales Cloud Lightning Essentials (以下「Essentials」) は、小規模ながら優良な企業があらゆる顧客の要求に応えられるようにするための CRM です。顧客データとビジネスの全体像にアクセスできるようになることで、会社は急速に成長します。

Essentials が中小企業に適している理由

私達はあなたが何を考えているか知っています。

  • 「うちの会社は零細企業だから大企業と同じサービスを提供できるはずなんてない。」
  • 「面倒くさいことは勘弁してほしい。」
  • 「どこから始めたらいいかすらわからない。」

心配はいりません。Essentials は、シンプルかつ合理的な方法でビジネスのロジスティックスを管理します。ガイド付きのウォークスルーや便利な設定アシスタントによって、簡単に使えるようになっています。最も重要な点として、顧客へのサービス品質の向上に集中できるようになり、ビジネスの内容をより向上させることができます。

ニューヨークのブルックリンで開業した Dreamscape Flowers という花屋を例に取り、Essentials がどのようにビジネスを繁盛させるかを見てみましょう。

ブルックリンのお花屋さん

Tracey Tiris は 3 年前、ブルックリンの小さな街角に Dreamscape Flowers という花屋を開きました。彼女の夢は、近所の人達に綺麗な花を届けることです。雑草のような勢いで店が繁盛しだすと、Tracey と営業マンの Jay は、電話、顧客の要求、そしてメールの対応に追われるようになりました。顧客の電話番号をメモに取ってスプレッドシートで管理していましたが、Tracey はたまに間違えてメモを捨ててしまったり、ノートに付けた名前を忘れてしまったりすることがありました。これは問題です。

小さいオフィスでメモを捨ててしまう Tracey と Jay

やがて Tracey は Essentials の名前を耳にし、ビジネスを管理して顧客のデータを安全に保存できることを知ると、興味を惹かれました。このモジュールと「Sales Cloud Lightning Essentials の機能」のモジュールでは、Tracey と Jay が Essentials の使い方を覚える様子を追いながら、Essentials が中小企業をどのように変革できるのかを学習します。

リソース