Sales Cloud Einstein の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Einstein 設定アシスタントを使用して Sales Cloud Einstein 機能を有効にする。
  • ページレイアウトやリストビューに追加する項目とコンポーネントを決定する。
  • Sandbox を使用する利点を説明する。
  • Saleforce Inbox と Einstein 活動キャプチャによってどのように生産性が向上するかを説明する。

機能の有効化

当たり前のように思うかもしれませんが、あなたが目覚まし時計をセットしたのにアラームをオンにするのを忘れたことがあれば、各機能の「スイッチを入れる」ことについてのリマインダーの便利さがわかるでしょう。

Einstein 設定アシスタントでは、各機能が設定ページへのリンクと共にリストされています。設定アシスタントにはユーザに Sales Cloud Einstein へのアクセス権を付与するステップも含まれていますが、Eleanor は各機能の設定とテストが完了するまで待ちます。

Sales Cloud Einstein 設定アシスタントのガイドに従って設定プロセスを実行できます。

多くの機能では、必要な作業は有効にすることだけです。それ以外の機能では、Einstein が業務のやり方を理解できるようにする設定オプションをガイドに従って指定します。たとえば、Einstein リードスコアリングの設定では、どの取引開始マイルストンを使用するかや、Einstein の分析から除外するリード項目があるかどうかが尋ねられます。

リードスコアリングの設定では、追加オプションのガイドが表示されます。

どれだけのデータがあるかに応じて、Einstein 機能がデータを分析しインテリジェンスの生成を開始するにはある程度の時間がかかることがあります。

リードスコアリングの設定状況

その他のカスタマイズ

次に、Einstein のスコア、インサイト、その他のインテリジェンスが目的の場所に表示されることを確認します。Einstein の項目とコンポーネントは、該当するデフォルトのページレイアウトとリストビューに自動的に追加されます。ただし、Salesforce はカスタマイズされることが多いため、カスタムページレイアウトとカスタムリストビューにも忘れずに Einstein の項目とコンポーネントを追加しましょう。Einstein 設定アシスタントのガイドに従ってこれらの手順を実行できます。

Einstein 商談スコアリングと Einstein リードスコアリングは Lightning Experience と Salesforce Classic の両方で使用できます。スコアをリストビューとページレイアウトに追加する方法は、どちらの UI を使用するかによって異なります。Honeydew は Lightning Experience を使用していて、多くのカスタマイズされたページレイアウトがあります。商談スコアとリードスコアが営業チームに表示されるようにするには、いくつかの作業が必要です。Eleanor はページレイアウトとリストビューを変更して、特定の Einstein 機能から提供される新しい情報が反映されるようにします。

機能 項目またはコンポーネント 追加する場所
Einstein 商談スコアリング [商談スコア] 項目 商談レコードのカスタマイズされたコンパクトページレイアウト

公開商談リストビュー

Einstein リードスコアリング Einstein リードスコアリングコンポーネント リードレコードのカスタマイズされたページレイアウト
[リードスコア] 項目 公開リードリストビュー

その他の Sales Cloud Einstein 機能に関する項目とコンポーネントについての詳細は、Salesforce ヘルプの設定情報を参照してください。

入念なテスト

Salesforce 組織に大きな変更を行うことは、神経がすり減るものです。そのため、まず Sandbox でいろいろと試してみることをお勧めします。Sandbox は、別の環境に作成された Salesforce 組織のコピーです。Sandbox を使用して、本番組織のデータやアプリケーションを損なうことなく、開発、テスト、トレーニングを行うことができます。
ヒント

ヒント

Sandbox 内のデータは限られているため、Sandbox は Sales Cloud Einstein 機能が既存のアーキテクチャ、ワークフロー、Lightning コンポーネントとどのように連携するかをテストするのに適しています。Einstein モデルのパフォーマンスを評価するには、必要な量の履歴データがある本番組織を使用します。

Eleanor は権限セットの割り当て、機能の有効化、ページレイアウトのカスタマイズを本番組織で行う前に、Sandbox ですべて実行します。Sandbox を使用することで、リスクの高い商談を営業マネージャに通知するワークフローもテストできます。
ヒント

ヒント

プロセスビルダーでリードスコアを使用するハンズオン練習を行うには、「Einstein リードスコアリングによるリードの優先度設定」プロジェクトを実行してください。

ユーザへの Sales Cloud Einstein の割り当て

Eleanor は機能を設定してテストも行ったので、ライセンスを割り当てる準備が整いました。前述のとおり、彼女はゆっくりとローリングアウトを進めていて、まずインサイドセールス担当者、フィールドセールス担当者、数人の営業マネージャを含む少人数グループから開始しています。

Sales Cloud Einstein 権限セットを使用すると、すべての Sales Cloud Einstein 機能に対する権限が付与されます。Eleanor は権限セットをユーザに割り当てるだけです。Honeydew の営業マネージャは、リードスコアリングと商談スコアリングの両方にアクセスする必要があるので、デフォルトの Sales Cloud Einstein 権限セットが適切です。その他の Sales Cloud Einstein 機能に対する権限も含まれていますが、それらの機能は [設定] でまだ有効になっていないため、誰も使用することはできません。

Sales Cloud Einstein 権限セットはデフォルトで機能への権限を有効にします。

ただし、Eleanor はインサイドセールス担当者をリードスコアリングのみに制限し、フィールドセールス担当を商談スコアリングのみに制限したいと考えています。そこで、Sales Cloud Einstein 権限セットをコピーし、「リードスコアリング」権限のみが付与されるように変更します。そして新しい [Sales Cloud Einstein-Inside Sales (Sales Cloud Einstein-インサイドセールス)] 権限セットをインサイドセールス担当者に割り当てます。同じように、フィールドセールス担当者には「商談スコアリング」権限のみを付与します。

[Sales Cloud Einstein-Inside Sales permission (Sales Cloud Einstein-インサイドセールス)] 権限セットと [Sales Cloud Einstein-Field Sales (Sales Cloud Einstein-フィールドセールス)] 権限セット

別の方法として、Eleanor はページレイアウトを使用してアクセスを制御することもできます。たとえば、インサイドセールス担当者にリードオブジェクトへのアクセス権があり、商談オブジェクトへのアクセス権がない (そしてフィールドセールス担当には反対のアクセス権がある)場合、両方のグループに同じ権限セットを使用して、オブジェクトの権限によってどの Einstein 情報が表示されるかを制御することができます。ただし、カスタム権限セットを作成した方が、後で Honeydew が Sales Cloud Einstein 機能を追加したときに権限を詳細かつ柔軟に制御できます。
ヒント

ヒント

Sales Cloud Einstein に付属する Sales Analytics アプリケーションは Sales Cloud Einstein 権限セットに含まれません。Sales Analytics アプリケーションの権限の設定は別個に行う必要があります。

チームのオンボーディング

Eleanor はすべてのリリースにとって最も重要なことはユーザの利用だということを知っています。貴重な Sales Cloud Einstein ライセンスを無駄にしないことも重要ですが、ユーザがこの機能を最大限に利用することはそれ以上に重要です。ユーザは Sales Cloud Einstein の機能、得られる価値、そして操作方法を理解する必要があります。

チームのお祝い

前述のとおり、ユーザの利用にとって鍵となるのは、関係者にプロジェクトの概要を説明するキックオフミーティング、特定のユーザペルソナや使用事例に合わせたトレーニング、定期的な非公式ミーティングなどです。Eleanor の最初のユーザグループは少人数なので、週に 1 度のコーヒー休憩を設定し、Einstein を使い始めたユーザがその体験について Eleanor と話したり、質問をしたり、フィードバックを提供できるようにします。また、Eleanor は Einstein ユーザのところに行って、どのように作業を行っているかを観察します。これによって、Einstein がチームのニーズを満たしているかどうかがわかります。

Salesforce Inbox と Einstein 活動キャプチャを使用した生産性の維持

AI が営業チームに及ぼす最大の影響の 1 つが生産性の向上です。営業チームが販売に集中するべき時間の多くを管理作業に費やしていることがわかっています。Sales Cloud Einstein を使用すれば、営業チームは雑用を減らして全体像に重点を置くことができます。

今日では多くの顧客が販売者とメールでコミュニケーションを行うことを望んでいるため、営業担当はほとんどの時間をメールやカレンダーに費やしています。Salesforce Inbox はモバイルとデスクトップの生産性アプリケーションスイートで、営業担当は Microsoft または Google の受信箱を離れることなくスマートに作業できます。営業担当がメールアプリケーションで個々のメールを参照すると、Inbox によって関連する Salesforce データとインテリジェントなフォローアップアラームが表示されます。さらに、対応可能時間の挿入機能を使用すれば、ミーティングをすばやく簡単にスケジュールできます。

Salesforce Inbox はデスクトップデバイスとモバイルデバイスで使用できます。

Einstein 活動キャプチャは、各営業担当のメールとカレンダーを Salesforce と連携させる生産性向上ツールです。Einstein 活動キャプチャで実行される機能は主に 2 つです。まず、メールと行動 (イベント) が営業担当の Microsoft または Google アカウントから取得され、それらが Salesforce の関連レコードの活動タイムラインに追加されます。営業担当は、Salesforce で活動を手動で記録する必要がなくなります。

Einstein 活動キャプチャはメールと行動 (イベント) を Salesforce レコードに関連付けます。

また、Einstein 活動キャプチャによって Salesforce と営業担当の Microsoft または Google アカウントの間で取引先責任者 (連絡先) と行動 (イベント) が同期されます。

""

ヒント

ヒント

対話型のメールコンフィグレータを使用すると、自分に適したメールインテグレーションツールを調べられます。

Inbox と Einstein 活動キャプチャや Einstein インサイト、Einstein 自動取引先責任者、Einstein 売上予測に対して Eleanor と Honeydew チームの準備が整うのに時間はかからないでしょう。ただし、ロールアウトを計画し、小規模から始めて、その過程で実装を評価することによって、Honeydew は Sales Cloud Einstein を使用してセールスプロセスのすべてのステップをスマートなものにすることができます。