Lightning 対応のリッチパブリッシャーアプリケーションの使用開始

メモ

メモ

Community Cloud は、Experience Cloud という新しい名称になります。Community Cloud で構築できるのはコミュニティだけではありません。ポータル、ヘルプセンター、フォーラム、サイト、モバイルアプリケーションの構築やコンテンツの管理も行うことができます。作成できるさまざまな種類のエクスペリエンスをより適切に反映させるため、Experience Cloud と呼ばれることになりました。今回この新しい名称を発表しましたが、製品内の名称は、まだもうしばらく Community Cloud のままになります。Community Cloud でこれまで使用してきたすべての強力な機能には、Experience Cloud を使用してください。

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • リッチパブリッシャーアプリケーションの概要を説明する。
  • リッチパブリッシャーアプリケーションの使用事例をいくつか挙げる。
  • リッチパブリッシャーアプリケーションの基本的なアーキテクチャについて説明する。

競争優位性の獲得

フィード投稿にファイルやリンクを追加するだけでなく、ライブ動画、目を引く GIF、対話型ウィジェットを添付することを想像してみてください。リッチパブリッシャーアプリケーションプラットフォームを使用すると、ほぼどのようなことでも可能です。このプラットフォームを使用して、カスタムアプリケーションを作成、設定し、5 個までフィードパブリッシャーに統合できます。ユーザに「今すぐここで使用できる」便利さを提供し、競合他社の先を行きましょう。

フィード項目上の地図リッチパブリッシャーアプリケーション

リッチパブリッシャーアプリケーションを使用すると、次のことができます。

  • ケースを投稿に添付する。
  • GIF や名言を挿入する。
  • ビデオミーティングを開始する。
  • Trailhead モジュールを添付する。
  • [あなたのアイデアをここに追加してください!]

このモジュールでは、リッチパブリッシャーアプリケーションを作成して、フィードをより動的にし、サードパーティサービスで使用できるようにする方法を説明します。

メモ

メモ

Lightning コンポートフレームワークには、Lightning Web コンポーネントと Aura という 2 つのプログラミングモデルがあります。このモジュールでは、Aura を使用してリッチパブリッシャーアプリケーションを作成します。

リッチパブリッシャーアプリケーションのしくみ

リッチパブリッシャーアプリケーションプラットフォームには、対話型アプリケーションを作成してフィードパブリッシャーに統合するために必要なツールがすべて揃っています。

リッチパブリッシャーアプリケーションをサイトに追加するには 3 つの方法があります。

  • AppExchange からアプリケーションを入手する。
  • 組織のカスタムアプリケーションを作成する。
  • 変更セットまたはパッケージを使用してアプリケーションを移植する。

リッチパブリッシャーアプリケーションを組織に追加する方法

組織からサイトへ

リッチパブリッシャーアプリケーションを組織に追加したら、その組織のすべての Experience Cloud サイトで使用できるようになります。サイトマネージャとシステム管理者は、サイトの [管理] ワークスペースでアプリケーションを選択して有効にできます。

サイトにリッチパブリッシャーアプリケーションを追加すると、メンバーには、パブリッシャーの [ファイル添付] アイコン の横にアプリケーションのアイコンが表示されます。

次の例では、3 つのカスタムアプリケーションインテグレーションがあるフィードパブリッシャーを示します。ケース (1)、GIF (2)、Trailhead モジュール (3) を添付するためのアイコンがあります。

質問パブリッシャーのリッチパブリッシャーアプリケーションアイコン

サイトからパブリッシャーへ

リッチパブリッシャーアプリケーションアイコンは、グループ、トピック、ダイレクトメッセージ、ユーザプロファイルのフィードの投稿パブリッシャーや質問パブリッシャーに表示されます。アンケートパブリッシャーには表示されません。

メモ

メモ

質問パブリッシャーでは、リッチパブリッシャーアプリケーションアイコンは、リッチテキストエディタの [詳細] セクションに表示されます。

サイトメンバーは、アイコンをクリックして選択ボックスを開きます。

リッチパブリッシャーの選択ボックス

選択したら、[追加] をクリックし、[共有] または [質問する] をクリックします。Salesforce がその投稿と添付ファイルを公開します。

質問投稿に含まれるリッチパブリッシャーアプリケーションペイロード

主要な開発概念

次の単元では、動的なリッチパブリッシャーアプリケーションを作成する手順を学習します。そのためには、いくつかの概念を理解しておくと役に立ちます。

ペイロードは、リッチパブリッシャーアプリケーションの開発における主要な概念です。ペイロードは、フィード項目表現の一部で、フィード項目に添付される対象 (動画、GIF、ウィジェットなど) です。

ペイロードが表示されているフィード項目表現

ペイロードには、文字列、base64 符号化 JSON オブジェクトなど、何でも選択できます。開発者がペイロードをコントロールできます。

Salesforce は、API でフィード項目を取得すると、次の処理を行います。

  1. ペイロードをフィード項目に関連付ける。
  2. ペイロードを取得する。
  3. ペイロードを送信し、フィードにフィード項目データと一緒に表示されるようにする。

次は、アーキテクチャの概要を見てみましょう。

リッチパブリッシャーアプリケーションの 4 つの主要コンポーネント

  • 構成コンポーネント (Lightning コンポーネント)
  • 表示コンポーネント (Lightning コンポーネント)
  • アイコン (パブリッシャーに表示される画像ファイル)
  • ローカライズ可能な表示ラベル (ヘッダーとフロート表示テキスト)

リッチパブリッシャーアプリケーションの主要コンポーネント

次は、こうした要素を作成し、それらを一緒にまとめて動的なリッチパブリッシャーアプリケーションにするプロセスを手順に沿って学習します。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる