メールのプレビュー、テスト、送信

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • メールをプレビューする。
  • テストメールを送信する。
  • メールを送信する。

Welcome メールのプレビューとテスト

Welcome メールを作成したので、次はそれをテストして送信します。  

  1. Trailhead シミュレータを起動します。
  2. [Begin (開始)] をクリックします。
  3. [Next (次へ)] をクリックします。
  4. [Subscriber Preview and Attributes (購読者のプレビューおよび属性)] セクションで、フォルダーアイコン をクリックします。
  5. [Data Extensions (データエクステンション)] (1) をクリックし、[NTOSubscribers] (2) をクリックし、[Faith Hines] (3) を選択して [Select (選択)] (4) をクリックします。
    [Data Extensions (データエクステンション)]、[NTOSubscribers]、[Faith Hines]、[Select (選択)] ボタンが選択されたことを示すスクリーンショット。[Subscriber Preview and Attributes (購読者のプレビューおよび属性)] パネルに Faith の情報が表示され、メールパネルには Faith のメールのプレビューが表示されます。メール内の変数が Faith の名に置き換えられていることに注目してください。
    左側の 2 列のテーブルに Faith Hines の情報が表示され、右側に Faith が受信するメールのプレビューが表示されているスクリーンショット。パーソナライズ文字列が、Faith の名に置き換えられています。
  6. [Mobile (モバイル)] をクリックします。これによって、プレビューウィンドウの幅が狭くなり、メールがモバイルデバイスでどのように表示されるかを確認できます。
    幅が 450px しかないウィンドウ内で Faith のメールのプレビューが表示されているスクリーンショット。
  7. [Test Send (テスト送信)] アイコン をクリックします。
    テストメールの送信前にすべてのオプションが表示されているスクリーンショット。このモジュールでは、すべてデフォルトのままにします。実際の Marketing Cloud インスタンスでこれを実行するときには、テストメールの送信先メールアドレスを追加します。
  8. [送信テスト] をクリックします。
  9. [Test Send Summary (テスト送信のサマリー)] 画面で、[Confirm and Send (確認して送信)] をクリックします。

成功メッセージが表示されます。
テスト送信と送信成功メッセージが強調表示されたスクリーンショット。

シミュレータでは、テストメールがメール受信箱でどのように表示されるかを確認できます。

メール受信箱内で表示されるテストメールを示すスクリーンショット。件名行の「[Test]: ([テスト]:)」の下に数字 1 があり、件名行の残りの部分の下に数字 2 があり、プリヘッダーの下に数字 3 があります。

メールの部分 説明
(1) 件名行の修飾子
テストメールを送信する前に、この値を定義できます。この値のデフォルトは「[Test]: ([テスト]:)」です。件名行の修飾子を使用して、メールをテストとしてマークします。
(2) 件名行
前の単元で件名行を「Welcome to Northern Trail Outfitters」(Northern Trail Outfitters へようこそ) と定義しました。
(3) プリヘッダー
前の単元でプリヘッダーを「Let's get to know each other!」(お互いを知り合いましょう!) と定義しました。
  1. [Welcome to Northern Trail Outfitters (Northern Trail Outfitters へようこそ)] メールをクリックします。作成したメールの Web バージョンが別のウィンドウで開きます。
  2. メールの Web バージョンで、すべてが意図したとおりに表示されていることを確認します。これはライブバージョンなので、リンクをクリックして動作することを確認できます。将来、メールを修正または変更する場合、戻って変更し、新しいテストメールを送信することも簡単です。ここでは、すべてがうまく表示され、送信する準備ができたとしましょう。
  3. メールウィンドウを閉じ、Trailhead シミュレータウィンドウに戻ります。

メールの送信

メールをプレビューしてテストを送信したので、次は、NTO の購読者に Welcome メールを送信します。

  1. [Content Builder] をクリックします。
  2. [Email Studio] をクリックして、[Email (メール)] を選択します。
  3. [Recent Items (最近のアイテム)] リストから、[Welcome Email (Welcome メール)] をクリックします。
    [Recent Items (最近のアイテム)] リストに表示されている [Welcome Email (Welcome メール)] を示すスクリーンショット。
  4. [Send (送信)] をクリックして、[Next (次へ)] をクリックします。
  5. [データエクステンション] をクリックします。
  6. [NTOSubscribers] を [Targeted (対象設定済み)] ボックスにドラッグします。

このアクションによって購読者のリストが取得され、Marketing Cloud でメールの送信先として設定されます。このデータエクステンションは定義済みですが、ライブインスタンスでは独自のデータエクステンションを作成できます。データエクステンションとその作成方法についての詳細は、「リソース」セクションを参照してください。

  1. [Select Publication List (パブリケーションリストの選択)] ウィンドウで、[All Subscribers (すべての購読者)] が選択されたままにして、[Select (選択)] をクリックします。
    左端の列で [Data Extensions (データエクステンション)] が選択され、中央の列で [NTOSubscribers] が選択され、右端の列で [NTOSubscribers] が選択されていることを示すスクリーンショット。
  2. [Next (次へ)] をクリックします。
  3. [Send Timing (送信のタイミング)] で、デフォルトの [Send Immediately (すぐに送信)] のままにして、[Next (次へ)] をクリックします。
  4. この情報が正しく、このメールを送信する準備が整っていることを確認します。
  5. [Send (送信)] をクリックします。
  6. [Continue (続行)] をクリックし、[Exit (終了)] をクリックします。

おめでとうございます。Northern Trail Outfitters に歓迎する Welcome メールを送信しました。 

このモジュールでは、再利用可能なメールテンプレートを作成する方法、そのテンプレートを使用してメールを作成する方法、メールをプレビューしてテストする方法、メールを送信する方法を学習しました。これらは、Marketing Cloud で実行できることのほんの一部だということを覚えておいてください。下記の「リソース」セクションの推奨 Trailhead コンテンツを使用して学習ジャーニーを続けましょう。 

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる