Welcome メールの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • メールテンプレートを使用してメールを作成する。
  • メール内のデフォルトの画像とテキストを更新する。
  • メールをパーソナライズする。

Welcome メールの作成

再利用可能なメールテンプレートを作成したので、次は NTO の Welcome メールを作成します。

  1. Trailhead シミュレータを起動します。
  2. [Begin (開始)] をクリックします。
  3. [Local (ローカル)] パネルで、[Welcome] をクリックします。
  4. [Create (作成)] をクリックして、[Email Message (メールメッセージ)] を選択します。[Create Email (メールの作成)] で [Template (テンプレート)] が選択されています。
    オプション [Template (テンプレート)] が選択されている [Create Email (メールの作成)] を示すスクリーンショット。
  5. 単元 1 で作成して保存したテンプレートを使用するので、[Saved (保存済み)] タブをクリックします。
  6. [NTO Template (NTO テンプレート)] をクリックし、[Select (選択)] をクリックします。
  7. [Name (名前)] 項目に Welcome Email (Welcome メール) と入力し、Enter キーまたは Return キーを押して、[Next (次へ)] をクリックします。
  8. [Subject (件名)] 項目に Welcome to Northern Trail Outfitters (Northern Trail Outfitters へようこそ) と入力し、Enter キーまたは Return キーを押して、[Save (保存)] をクリックします。
    [Subject (件名)] 行ボックスの右下隅にある [Save (保存)] ボタンを指している赤い矢印を示すスクリーンショット。

コンテンツの更新

次に、メールクライアントで件名行の直後にテキストを表示するプリヘッダーをメールに追加します。プリヘッダーは必須ではありませんが、効果的なプリヘッダーテキストは、メールを開封する受信者数の増加につながります。

  1. [Preheader (プリヘッダー)] 項目に Let's get to know each other! (お互いを知り合いましょう!) と入力し、Enter キーまたは Return キーを押して、[Save (保存)] をクリックします。
  2. NTO ロゴの下のコンテンツブロックにマウスポインタを置き、[Layout (Click to edit) (レイアウト (クリックして編集))] をクリックすると [Content (コンテンツ)] タブが開きます。
    状態が [Layout (Click to edit) (レイアウト (クリックして編集))] に変化したコンテンツブロックを示すスクリーンショット。
  3. コンテンツブロック内の画像ブロックにマウスポインタを置き、[Image Block (Click to edit) (画像ブロック (クリックして編集))] をクリックします。
    状態が [Click to edit (クリックして編集)] に変化した画像ブロックを示すスクリーンショット。
  4. [Content (コンテンツ)] タブで、[Replace (置換)] をクリックします。
    [Replace (置換)] ハイパーリンクを指している赤い矢印を示すスクリーンショット。
  5. [welcome-step1-hero.png] を選択し、[Select (選択)] をクリックします。画像ブロックに「Welcome to Northern Trail Outfitters (Northern Trail Outfitters へようこそ)」という画像が配置されます。画像の下にテキストボックスも追加されます。
    画像コンテンツブロック内に「Welcome to Northern Trail Outfitters (Northern Trail Outfitters へようこそ)」という画像が表示されたスクリーンショット。
  6. テキストブロックにマウスポインタを置き、[Text (Click to edit) (テキスト (クリックして編集))] をクリックします。
    テキストコンテンツブロックがグレー表示になり、白いテキストのフロート表示に [Text (Click to edit) (テキスト (クリックして編集))] と表示されているスクリーンショット。
  7. [Content (コンテンツ)] タブで、プロファイルアイコン をクリックします。
    コンテンツエディター内のプロファイルアイコンを指している赤い矢印を示すスクリーンショット。
  8. [Choose New Data Source (新しいデータソースの作成)] をクリックします。
  9. [データエクステンション] をクリックします。
  10. [NTOSubscribers] をクリックし、[OK] をクリックすると、NTOSubscribers プロファイルの項目が [Profile (プロファイル)] 選択リストに追加されます。
  11. [Content (コンテンツ)] タブで、[Lorem ipsum dolor sit amet] (1) をクリックし、プロファイルアイコン (2) をクリックします。
    [Content (コンテンツ)] タブが表示されているスクリーンショット。「Lorem ipsum dolor sit amet」というタイトルが青で強調表示されています。さらに赤いボックスで囲まれていて、その横に数字 1 が表示されています。プロファイルアイコンも赤いボックスで囲まれていて、その横に数字 2 が表示されています。
  12. プレースホルダテキストの最初の行を受信者の名に置き換えるには、[FirstName (名)] をクリックします。
    プロファイルアイコンがクリックされた後のドロップダウンオプションを示すスクリーンショット。[FirstName (名)] が選択されています。
    タイトルが「%%FirstName%%」に変更された[Content (コンテンツ)] タブを示すスクリーンショット。
  13. [Lorem ipsum] テキストブロックをクリックします。シミュレータによって、メールテキストが置き換えられます。

新しいテキストで、%%=Lowercase(OptInSource)=%% 変数に注目してください。Welcome メールは、NTO からのプロモーションメッセージの受信にサインアップしたお客様に送信するのでしたね。この変数は、メール受信者がどこでサインアップしたかを表示します。変数値を小文字にするために AMPscript も使用されています。AMPscript は、HTML メール、テキストメール、ランディングページ、SMS メッセージ、プッシュ通知に組み込めるスクリプト言語です。 

メモ

AMPScript についての詳細は、Salesforce 開発者ページにある『AMPscript 構文ガイド』を参照してください。

メールのパーソナライズ

このメールをテストする前に、さらにいくつか変更する箇所があります。

  1. ボタンブロックにマウスポインタを置き、グレー表示されたらクリックします。
    ボタンブロックのコンテンツがグレー表示され、[Button (Click to Edit) (ボタン (クリックして編集))] というテキストが表示されているスクリーンショット。グレー表示されたボックスが赤いボックスに囲まれています。
  2. [Content (コンテンツ)] タブで、[Button Text (ボタンテキスト)] 項目をクリックします。
  3. Latest News (最新ニュース) と入力し、Enter キーまたは Return キーを押して、[Done Editing (編集完了)] をクリックします。
  4. もう一度、[Done Editing (編集完了)] をクリックします。
  5. [Save (保存)] をクリックします。
  6. [Content (コンテンツ)] タブをクリックします。
  7. [Complete Your Profile (プロファイルを記入)] コンテンツブロックを選択してドラッグし、キャンバスの [Latest News (最新ニュース)] ボタンの下にドロップします。
  8. [Done Editing (編集完了)] をクリックします。
  9. [Save (保存)] をクリックします。時間を節約するために、シミュレータではバックグラウンドでさらに 3 つのコンテンツブロックが追加されます。
  10. NTO ロゴの右にあるスクロールバーをクリックすると、ドラフトメール全体が表示されます。シミュレータでは、スクロールバーをクリックすると自動的にスクロールされます。心配はいりません。次の単元では、メール全体を表示して操作できます。
    Northern Trail Outfitters ロゴに最も近いスクロールバーを指している赤い矢印を示すスクリーンショット。画面上には 2 つのスクロールバーが表示されているため、これでわかりやすくなります。
  11. [Continue (続行)] をクリックし、[Exit (終了)] をクリックします。

Marketing Cloud を使用して最初のメールを作成しました。これは基本的なメールに過ぎません。Marketing Cloud をさらに深く知ることで、メールをさまざまな方法で拡張できます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる