再利用可能なメールテンプレートの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 再利用可能なメールテンプレートを作成する。
  • メールテンプレート内のコンテンツをロックする。

はじめに

あなたは、最近、Northern Trail Outfitters (NTO) のマーケティングチームで働き始めました。同社はちょうど Marketing Cloud を購入したところです。あなたに与えられた最初のプロジェクトは、会社の Welcome メッセージを作成して送信することです。この Welcome メールは、プロモーションメールの受信をオプトインしたお客様に送信されます。

Marketing Cloud のメールツールにじっくり慣れている時間はあまりありません。上司は、お客様宛てのメールを今日中に作成して送信したがっています。

でも心配は無用です。このクイックスタートでは、再利用可能なメールテンプレートを作成し、メールを作成し、メールをプレビュー、テストして、選択した顧客リストに送信する方法を学習します。作業を簡単にするために、対象顧客のリストと必要なアセットが用意されており、一部の作業も完了済みの状態になっています。

やってみましょう!

Trailhead シミュレータ

開始する前に、Marketing Cloud 向けの Trailhead シミュレータについて理解しておきましょう。 

操作性を最大限に高めるために、Trailhead シミュレータはモバイルデバイスではなくコンピュータに表示してください。Trailhead Playground とは違い、Trailhead シミュレータはシミュレートされたユーザエクスペリエンスを提供し、進行中の作業は保存されません。シミュレーションを閉じて再起動すると、最初からやり直すことになります。中断した場所に戻るには、シミュレータのナビゲーションコントロールを使用します。 

また、Trailhead シミュレータは、ユーザが間違った領域をクリックすると、正しいクリック領域を強調表示するように設計されています。強調表示された領域をクリックすると作業を続行できます。この機能の例を次に示します。
シミュレータ内で間違った場所をクリックした場合の動作を示すスクリーンショット。クリックまたは入力すべき場所が強調表示されます。

これで、メールテンプレートを作成する準備が整いました。 

再利用可能なメールテンプレートの作成

再利用可能なテンプレートを作成する使用事例は多数あります。NTO のマーケティングチームが作成しようとしているのは、テンプレートの特定部分のみが編集可能な標準メールテンプレートです。これにより、ブランド設定、フォントサイズ、フォントの種類、全体的なデザインやレイアウトの一貫性を各メールで保つことができます。さっそく、NTO の標準メールテンプレートを設定しましょう。

  1. Trailhead シミュレータを起動します。
  2. [Begin (開始)] をクリックします。
  3. Marketing Cloud アプリケーションバーで、[Content Builder] をクリックし、[Content Builder] を選択します。
  4. [Local Folders (ローカルフォルダー)] で、[Templates (テンプレート)] をクリックします。
  5. 右上部にある [Create (作成)] をクリックします。
  6. [Email Template (メールテンプレート)] をクリックし、[From Existing Template (既存のテンプレートから)] を選択します。
  7. [Basic (基本)] タブで、[Hero 1 Column (ヒーロー 1 列)] をクリックし、[Select (選択)] をクリックします。
  8. [Content (コンテンツ)] タブをクリックします。
  9. [NTO White.png] を上部の画像ブロックコンテンツ領域にドラッグします。これによって、画像ブロックに Northern Trail Outfitters のロゴが配置されます。
    Northern Trail Outfitters のロゴが上部コンテンツブロックに追加された後のメールテンプレートレイアウトを示すスクリーンショット。
  10. [Scale to Fit (領域に合わせて拡大縮小)] をクリックします。
    画像を追加したコンテンツブロックの [Dimensions (寸法)] セクションを示すスクリーンショット。幅が 600px、高さが 200px に設定され、[Scale to Fit (領域に合わせて拡大縮小)] チェックボックスがオンになっています。[Scale to Fit (領域に合わせて拡大縮小)] チェックボックスをオンにすると、画像が拡大縮小されて、どの画面サイズでもメール内に画像を表示できるようになります。[Width (幅)] 項目と [Height (高さ)] 項目は、最大画像表示サイズを定義します。詳細は、「エディターのベストプラクティスとヒント」を参照してください。
  11. [Done Editing (編集完了)] をクリックします。

NTO は、ユーザがこのテンプレートのメインロゴを変更できないようにしたいと考えています。そこで、コンテンツのブロックをロックしましょう。  

  1. NTO ロゴを含むコンテンツブロックにマウスポインタを置くと、コンテンツの周りにグレーのボックスが表示されます。
  2. 下矢印をクリックし、[Lock (ロック)] を選択します。
    コンテンツブロックをロックする方法を示すスクリーンショット。右上隅の下矢印を指す赤い矢印と、[Lock (ロック)] オプションを指す 2 つ目の赤い矢印があります。

このコンテンツブロックをロックしたので、このテンプレートを使用してメールを作成するユーザは、このコンテンツセクションを編集できません。あなたの上司は、NTO のブランドを反映して、メールをカジュアルで会話調のものにしたいと考えています。次のステップを実行して、テンプレートを適宜変更しましょう。 

  1. [Design (デザイン)] タブをクリックします。
  2. [Buttons (ボタン)] をクリックしてメニューを展開します。
  3. 次の各項目をクリックします。シミュレータでは自動的に値が変更されます。実際にテンプレートを変更するときには、各項目に独自の値を入力します。
    ボタン項目 新しい値
    Background (背景)
    #009DDC
    Corner Radius (角の半径)
    30px
    Border (境界線)
    #009DDC

    次のようになります。
    [Buttons (ボタン)] メニューからボタンに加えた変更を示すスクリーンショット。

次に、変更した内容を保存しましょう。

  1. [Save (保存)] の横にある [Save (保存)] プルダウンメニュー。 をクリックし、[Save and Exit (保存して終了)] を選択します。
  2. [Name (名前)] ボックスに NTO Template (NTO テンプレート) と入力し、 Enter キーまたは Return キーを押して、[Save (保存)] をクリックします。これで、テンプレートが Templates フォルダーに保存されます。
    Templates フォルダー内に保存された [NTO Template (NTO テンプレート)] を示すスクリーンショット。
  3. [Continue (続行)] をクリックし、[Exit (終了)] をクリックします。

お疲れさまでした! これで再利用可能なメールテンプレートが作成されました。テンプレートの作成と編集についての詳細は、「リソース」セクションを参照してください。ここでは、わかりやすくするため、いくつかの調整が行われています。それについて、次の単元で説明します。 

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる