進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Summer '19 のアプリケーションビルダー向けの新機能の学習

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 連動選択リスト画面コンポーネントを必須にする。
  • フローテンプレートからフローを作成する。
  • 通知ビルダーを使用して最新情報を伝達する。
  • ケースの [ファイル] 関連リストでメールメッセージの添付ファイルを表示する。
  • 拡張レターヘッドを使用して Lightning メールテンプレートの有効性を高める。

認定 Salesforce 資格の概要

Salesforce プラットフォームアプリケーションビルダー資格を保有している場合、その認定資格を更新するためには期日までにこのモジュールを修了する必要があります。資格を更新するためにもう 1 つ重要なことは、必ず Trailhead アカウントと Webassessor アカウントをリンクしておくことです。

認定を受けることに関心がある場合は、Salesforce Platform アプリケーションビルダーの資格を参照してください。

Salesforce では多数の機能を強化しています。今回のリリースの機能強化のうち、より重要なものを確認していきましょう。

連動選択リスト画面コンポーネントを必須にする

新機能

フロー画面内の連動選択リスト画面コンポーネントでユーザ入力を必須にすることができるようになりました。たとえば、自動車のメーカーとモデルの両方を取得する必要がある場合、連動選択リスト画面コンポーネントを使用して両方の選択リストを必須とすることで、これを行うことができるようになりました。この変更は、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience および Salesforce Classic に適用されます。連動選択リスト画面コンポーネントは Lightning ランタイムでのみサポートされます。

そのしくみ

連動選択リスト画面コンポーネント内の選択リストを必須にするには、Picklist 1 Required、 Picklist 2 Required、または Picklist 3 Required 属性を {!$GlobalConstant.True} に設定します。

フローテンプレートからフローを作成

新機能

新しいフロー作成環境は、より簡単に使用開始できるようになっています。わかりやすい説明に基づいて、適切なフロー種別をすばやく選択できるようになりました。効率を高めるには、フローテンプレートを使用します。まず、必要なフロー種別に基づいて使用可能なテンプレートを絞り込んでから、テンプレートを選択します。特定のビジネスプロセスの要件を満たすようにフローをカスタマイズします。この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、および Unlimited Edition の Lightning Experience と Salesforce Classic に適用されます。

そのしくみ

以前は、フローを保存するまでフロー種別を選択できませんでした。テンプレートを使用してフローの作成を開始するには、コピーを作成するテンプレート名を知っている必要がありました。作成を開始する前に、便利なガイダンスが表示されるようになりました。また、選択したフロー種別で使用できる要素とコンポーネントのみが表示されます。 

[新規フロー] ウィンドウ

通知ビルダーを使用した最新情報の伝達

新機能

重要なイベントが発生したときに、カスタマイズした通知を送信します。たとえば、商談を成立しようとしているときに新しいサポートケースが登録された場合、取引先所有者にアラートを表示します。または、カスタムオブジェクトのみで作成された独自のワークフローについての通知を送信します。以前は、Salesforce によりあらかじめ定義された使用事例に対して標準の通知のみを送信できました。通知ビルダーを使用すると、誰が何をいつ知る必要があるかを制御できます。この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience と Salesforce Classic、およびすべてのバージョンの Salesforce アプリケーションに適用されます。

そのしくみ

ユーザに通知するには、プロセスビルダーで [カスタム通知を送信] アクションをプロセスに追加します。

プロセスビルダーの UI で、アクションを [ルール適用時のアクション] に追加します。

ケースの [ファイル] 関連リストでのメールメッセージの添付ファイルの表示

新機能

[ファイル] 関連リストが含まれるケースページで、エージェントがメールに添付されたファイルを表示できるようになりました。以前は、ファイルは [添付ファイル] 関連リストに他のコンテンツと一緒に表示されていたため、識別がしづらくなっていました。今後は、[添付ファイル] 関連リストではなく、よりすっきりした [ファイル] 関連リストを使用してケースに関連付けられたファイルを表示できます。この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

そのしくみ

[メール] 関連リストをケースページレイアウトに追加します。[ソース] 列がファイルのソースを示します。複数のソースから同じファイルを表示できます。 

ケースの [ファイル] 関連リスト。

拡張レターヘッドを使用した Lightning メールテンプレートの有効性の向上

新機能

拡張レターヘッドを使用して、メールテンプレートのヘッダーとフッター内の情報を標準化します。会社のロゴと連絡先情報を含める、または法的免責事項や登録リンクを追加します。リッチテキストエディタで拡張レターヘッドを作成するか、独自のカスタム HTML に貼り付けてスタイルを柔軟に制御します。差し込み項目、画像、リンクを追加します。この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

そのしくみ

拡張レターヘッドを作成および編集するには、「すべてのデータの編集」権限またはシステム管理者権限が必要です。拡張テンプレートは誰でも使用できます。

コンテンツ、スタイル、画像をレターヘッドに追加するには、アプリケーションランチャーを開き、[拡張レターヘッド] を選択します。

拡張レターヘッドページ。

コンテンツをそのまま保持するために、拡張レターヘッドが関連付けられたテンプレートを挿入するときに、ユーザはヘッダーとフッターを編集することができません。

メモ

メモ

ヘッダーとフッターはケースメールコンポーザで編集できます。

リソース