Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Winter '20 のアプリケーションビルダー向けの新機能の学習

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ホームページにタブコンポーネントとアコーディオンコンポーネントを追加する。
  • DATEVALUE() を使用して正確な夏時間値を取得する。
  • 承認プロセスの制限の緩和について理解する。
  • 重要なメールテンプレートをすばやく見つける。
  • より多くのカスタムオブジェクトを組織にインストールする。
  • スケジュールによってフローを開始する。
  • Flow Builder を使用してカスタム通知を送信する。
  • Flow Builder から離れずにフローを有効化する。

Salesforce 認定資格 — 特別更新ポリシー

現在 Salesforce プラットフォームアプリケーションビルダー資格を保有している場合、その更新期日として以前にお知らせした 4 月 10 日までにこのモジュールを修了しなくても認定資格が維持されます。つまり、現在の Salesforce 認定資格がそのまま次回のリリースサイクルに継続されます。

資格保有者が行うべき手続き等はなく、期限が切れることがありません。2020 年 4 月 10 日に各自の認定資格の状況が更新されます。また、状況が更新された時点でお知らせメールを送付します。

もちろん、皆さんが最新のスキルを維持し、最新の機能について習得したいと考えていることを私たちは理解しています。このモジュールには、Winter '20 リリースに関する貴重な情報が詰まっており、期限を気にせず取り組むことができます。Winter '20 では多数の機能が強化されています。その中でも重要なものについて説明します。

ホームページへのタブコンポーネントとアコーディオンコンポーネントの追加

新機能

Lightning Experience のホームページでタブコンポーネントとアコーディオンコンポーネントを使用できるようになりました。タブを作成、更新、削除したり、順序を変更したりできます。また、アコーディオンコンポーネントを使用すると、コンポーネントを折りたたみ可能なセクションに整理できます。タブとアコーディオンのどちらにも、ユーザに表示するタブやセクションを作成し、任意の名前を付けて、コンポーネントを追加できます。この変更は、Group Edition、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

そのしくみ

[設定] の [Lightning アプリケーションビルダー] リストページから、既存のレコードページまたはホームページを開くか、新しいレコードページを作成します。ページにタブコンポーネントを追加し、プロパティペインをクリックしてタブをカスタマイズします。 

Lightning アプリケーションビルダーのカスタムタブ表示ラベル

タブへのコンポーネントの追加

DATEVALUE() による正確な夏時間値の取得

新機能

DATEVALUE() 数式オプションにより、回避策を使用せずに夏時間値を正確に計算できます。このオプションは、午後 11 時から午前 1 時までの時間を処理する際に発生している 1 時間のずれを回避します。この変更は、すべてのエディションの Lightning Experience および Salesforce Classic に適用されます。 

そのしくみ

[設定] から、[クイック検索] ボックスに「組織情報」と入力します。[地域の設定] で [DST の DATEVALUE() の精度を改善] を選択します。

改善された datevalue オプションを有効にするためのチェックボックスの画像。

メモ

メモ

組織のカスタム数式に、午後 11 時と午前 1 時の間の日付値を調整するための回避策が含まれている場合は、この設定を有効化する前に、その回避策を削除してください。回避策を削除しないと、データが不正確になる場合があります。この設定を有効にすると、DATEVALUE() 関数を含む既存の数式のコンパイル後のサイズが増加する可能性もあります。 

承認プロセスの制限緩和

新機能

お客様から、オブジェクトごとの承認プロセスを増やしてほしいというご要望があり、実際に承認プロセスの使用数は増え続けています。そこで、承認プロセスの制限を緩和し、増加できる余地を設けました。組織当たりの承認プロセス数は、有効件数が 1,000 件、総数が 2,000 件まで可能になりました。各オブジェクトの承認プロセス数は、有効件数が 300 件、総数が 500 件まで可能です。

重要なメールテンプレートの迅速な検索

新機能

営業担当が最もよく使用するテンプレートを簡単に見つけることができるように [メールテンプレートを挿入] モーダルが改善されました。また、営業担当は必要なテンプレートの詳細を確認できます。 

そのしくみ

最後のテンプレートカテゴリ (1) と営業担当が使用したフォルダ (2) は Salesforce に記憶されます。営業担当は、[テキストをラップ] (3) を選択して、[説明] および [フォルダ] 列のすべてのテキストを表示できます。

メールテンプレートの挿入

営業担当が最も重要な情報に集中できるように、[作成者]、[作成日]、[削除] 列が削除されました。

組織にインストールできるカスタムオブジェクトの増加

新機能

このリリースでも、組織のカスタムオブジェクトの合計ハードリミットを (前リリースの 2,500 個から) 3,000 個に引き上げました。これにより、パッケージからより多くのカスタムオブジェクトをインストールできます。この変更は、すべてのエディションの Lightning Experience および Salesforce Classic に適用されます。

そのしくみ

オブジェクトが増えればできることも増えます。各 Salesforce エディションには、組織で作成できるカスタムオブジェクトの数に制限があります。エディションの制限を超えると、AppExchange に公開して投稿したアプリケーションなど、管理パッケージからインストールできるカスタムオブジェクトの数はハードリミットによって管理されます。新しい合計 3,000 個の制限には、組織で作成およびインストールされたカスタムオブジェクトの最大数が含まれます。たとえば、Unlimited Edition では、組織で最大 2,000 個のカスタムオブジェクトを作成できます。この制限を超えても、最大 1,000 個のカスタムオブジェクトを管理パッケージからインストールできます。組織のオブジェクト数が 3,000 個の合計制限に近づいて来たら、不要になったカスタムオブジェクトを物理的に削除または消去することをお勧めします。

スケジュールによるフローの開始

新機能

たとえば、週 1 回しか実行する必要がないのに、レコードを保存するたびにプロセスビルダーから開始されるフローがありませんか? ミーティングをスケジュールするのと同じくらい簡単に、フローの実行をスケジュールできたらいいなとは思いませんか? このリリースでは、自動起動フローを特定の日時に開始するようにスケジュールし、実行する頻度も 1 回だけ、毎日、または毎週のいずれかに設定できるようになりました。スケジュール済みフローを一連のレコードに対してのみ実行する場合は、オブジェクトと検索条件を指定します。

そのしくみ

一連のレコードのフローを開始するには、[開始] 要素で検索条件を選択します。フローが開始されると、検索条件と一致する各レコードに対してフローインタビューが実行されます (ループは不要です)。一致するレコードは $Record グローバル変数に保存され、フロー全体でこの変数またはその項目を参照できます。

[スケジュール時刻発生] オプションが選択されている [開始を編集] ウィンドウ

メモ

メモ

スケジュール済み開始時刻のスケジュール済みフローの実行数には組織ごとに 24 時間あたりの制限があります。組織のレコード数の上限は、250,000 件、またはユーザライセンスあたりの合計 200 件のどちらか多い方です。フローの開始をスケジュールする場合は、組織の制限を超えてしまうようなスケジュールと条件を設定しないように注意してください。

スケジュール済みフローが組織の制限を超えているかどうかを確認するには、デバッグログをチェックしてフローが実行されるレコードの数を確認します。フローはレコードごとに実行されるため、レコード数はスケジュール済みフローの実行数と同じになります。新しいデバッグログ行の FLOW_START_SCHEDULED_RECORDS でレコード数を追跡します。フローが組織の制限を超えると、関連付けられたフローを最後に変更したシステム管理者または Apex 例外メールの受信者に Salesforce からエラーメールが送信されます。

Flow Builder のキャンバスで、フローがスケジュール済み開始時刻を表示しています。

Flow Builder のキャンバスで開始日付、開始時刻、および頻度を示している [開始] 要素

開始するようにスケジュールされているフローを監視するには、[設定] から [クイック検索] ボックスに「スケジュール済み」と入力し、[スケジュール済みジョブ] を選択します。

Flow Builder を使用したカスタム通知の送信

新機能

Flow Builder を使用すると、誰が何をいつ知る必要があるかを制御できます。Flow Builder を使用すると、重要なイベントが発生した時点でカスタム通知を送信できます。以前は、カスタム通知はプロセスビルダーでしか完全にサポートされていませんでした。通知ビルダーで作成した通知種別 ID が Flow Builder UI で直接使用できるようになったため、重要なイベントが発生したときにこれまでより簡単にユーザに連絡できるようになりました。

そのしくみ
[設定] で 「通知ビルダー」を検索して、カスタム通知種別を作成します。

続いて、[カスタム通知を送信] アクションを Flow Builder のアクションに追加し、通知種別 ID を選択します。

Flow Builder からのフローの有効化

新機能

構築してテストした直後に、Flow Builder で直接フローを有効化できます。これまでどおり、[フローの詳細] ページからもフローのバージョンを有効化および無効化できます。

そのしくみ
ボタンバーの新しい [有効化] ボタン (1) をクリックします。また、開いているフローの有効化状況の場所が新しくなっています (2)。

[有効化] ボタンと有効化状況が表示された Flow Builder のボタンバー

リソース