Pardot AppExchange アプリケーションのインストール

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Pardot AppExchange をインストールする。
  • Salesforce で Pardot を有効にする。
  • Salesforce-Pardot コネクタを設定および一時停止解除する。

Pardot AppExchange アプリケーションのインストールおよび Pardot の有効化

Pardot をインストールおよび有効化できるのは Salesforce プラットフォーム内の Salesforce システム管理者のみです。設定を完了するには、Salesforce システム管理者がアカウントの Pardot 側を設定できる Pardot 管理者を任命します。幸いにも Pardot 管理者は Salesforce システム管理者である必要はありません。 

では、正しい権限セットをダウンロードしてインストールし、設定してみましょう。 

  1. リードと取引先責任者のカスタムアプリケーション、カスタムタブ、カスタム項目で、Salesforce 取引先が更新されるように、インストールリンクにアクセスします。この項目を表示するには、ビューの変更が必要になる場合があります。
  2. すべてのアクションを確認し、[インストール] をクリックします。
  3. インストールウィザードの [ステップ 2: セキュリティレベルの選択] で、[管理のみへのアクセスの許可] をクリックします。

Pardot を有効化する前に、Pardot 管理者として指定されたユーザに Pardot Lightning アプリケーションへのアクセス権を付与します。管理者は次の手順に従って Pardot Lightning アプリケーションを設定します。

  1. Pardot 接続アプリケーションへのアクセス権をユーザに付与します。
    1. [設定] から、検索に「接続アプリケーションを管理する」と入力し、b2bma_canvas をクリックします。
    2. [プロファイルを管理する] および [権限セットの管理] を使用して、Pardot Lightning アプリケーションへのアクセス権が必要なユーザのプロファイルまたは権限セットに接続アプリケーションを割り当てます。
  2. 「Sales Cloud ユーザ」または「CRM ユーザ」権限セットを割り当てます。
    1. [設定] から、検索に「権限セット」と入力し、リストから [Sales Cloud ユーザ] または [CRM ユーザ] を選択します。
    2. [割り当ての管理] をクリックします。
    3. [割り当てを追加] をクリックし、Pardot Lightning アプリケーションへのアクセス権が必要なすべてのユーザを選択します。
      1. メモ: 「営業ユーザ」または「CRM ユーザ」権限セットを使用しない場合、「すべての Pardot 機能へのアクセスを許可」アプリケーション権限を使用して権限セットを作成し、割り当てます。新しい権限セットのライセンスを選択しないでください。
  3. ユーザがアプリケーションを使用できるようにします。
    1. [設定] から、検索に「Pardot」と入力し、[使用開始] をクリックします。
    2. アプリケーションを有効にします。

アプリケーションが有効になったので、このアプリケーション権限が割り当てられた Sales Cloud ユーザシートを持つすべてのユーザのアプリケーションランチャーにアプリケーションが表示されます。

Salesforce で Pardot を有効にする

プロビジョニングとシステム管理者の割り当てが完了すると、Pardot から Pardot 管理者にセットアッププロセスを開始するよう指示するメールが送信されます。ビジネスユニットがある場合は、各ビジネスユニット管理者にビジネスユニットのセットアッププロセスを開始するよう指示するメールが Pardot から送信されます。 

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「Pardot」と入力し、[Pardot アカウントの設定] を選択します。
  2. 画面の指示に従います。

このときにコネクタユーザについて検討することをお勧めします。このユーザへの正しい権限の割り当て方法については、こちらの手順を参照してください。 

Pardot で Salesforce-Pardot コネクタを設定および一時停止解除する

Salesforce-Pardot コネクタは、一時停止状態で作成されます。データの同期を開始するには、Pardot 管理者がコネクタを設定して、一時停止を解除する必要があります。

  1. [Salesforce コネクター] ページを開きます。
    • Pardot で、[管理] | [コネクター] に移動します。
    • Salesforce コネクタの横にある ギアアイコン をクリックします。
    • [編集] を選択します。
    • Lightning アプリケーションで、[Pardot 設定] タブをクリックします。
    • [コネクター] をクリックします。
    • Salesforce コネクタの横にある ギアアイコン をクリックします。
    • [編集] を選択します。
  2. コネクタ設定を確認します。
  3. 同期を開始するには、ギアアイコン をクリックして [一時停止を解除] を選択します。

Pardot-Salesforce コネクタは同期にインテグレーションユーザを使用します。レコードを選択的に同期する場合は、一時停止を解除する前に、適切な権限を持ったユーザにコネクタユーザを変更するか、マーケティングデータ共有を設定します。この方法についての詳細は、「リソース」セクションのリンクを参照してください。 

Salesforce に存在するリードや取引先責任者が Pardot に存在しない場合は、Pardot に自動的に同期されません。同期を確立するためには、存在しないレコードをインポートする必要があります。 

この点は一旦横に置いておき、先に Salesforce アカウントと Pardot アカウントを設定します。次の 2 つの単元でこの設定を行います!  

リソース