Salesforce での Salesforce-Pardot コネクタの設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 取引先責任者項目に Pardot のカスタムリード項目を対応付ける。
  • Pardot ボタンを Salesforce ページレイアウトに追加する。
  • ページレイアウトにスコアリングカテゴリのスコアを追加する。
  • Salesforce-Pardot コネクタを設定および一時停止解除する。

リードの Salesforce の取引先責任者項目への対応付け

コネクタを設定すると、それ以降は、ユーザが Pardot で新規プロスペクトを作成したときに Salesforce に対応するリードレコードがなければ、Pardot によって新規リードが生成されます。ただし、そのリードが Pardot によって Salesforce の取引先責任者に変換されるとき、リードレコードの一部のデータが取引先責任者レコードに取り込まれないことがあります。

リードを Salesforce の取引先責任者項目に対応付けておけば、Salesforce でデータが確実に取引先責任者レコードに渡されます。

リード項目を表示する、リードの [項目とリレーション] タブ。

リード項目を取引先責任者項目に対応付ける手順は、次のとおりです。

  1. Salesforce の [設定] から、メニューの [オブジェクトマネージャ] をクリックします。
  2. [リード] をクリックします。
  3. [項目とリレーション] をクリックします。
  4. [リード項目の対応付け] をクリックします。
  5. [取引先責任者] タブをクリックします。
  6. Google Analytics および Pardot で開始された項目については、ドロップダウンから対応する取引先責任者項目を選択します。
  7. 目的の項目の対応付けがすべて終了したら [保存] をクリックします。

リードおよび取引先責任者ページレイアウトへの Pardot 情報の表示

Pardot AppExchange アプリケーションをインストールすると、Pardot 項目と Visualforce ページが追加されますが、それらは表示されません。心配いりません。わずか数ステップで、これらが表示されるようにできます。Salesforce で Pardot 項目と Visualforce ページを表示するには、それらを Salesforce のリードおよび取引先責任者のページレイアウトに追加します。

  1. リードまたは取引先責任者のページレイアウトを編集用に開きます。

リードページレイアウトのページ

  1. Pardot カスタム項目をページレイアウトに追加します。
    1. セクションをレイアウトに追加します。
    2. セクションに名前を付けます。
    3. [2 列] を選択し、[OK] をクリックします。
    4. ドラッグアンドドロップエディタの [項目] セクションに戻り、右にスクロールして Pardot カスタム項目を見つけます。
    5. すべての Pardot カスタム項目を新しいセクションにドラッグします。
    6. 必要に応じて、Google Analytics 項目をセクションにドラッグします。
  2. Pardot アクティビティとリストメンバーシップをレイアウトに追加します。
    1. セクションをレイアウトに追加します。
    2. セクションに名前を付けます。
    3. [1 列] を選択し、[OK] をクリックします。
    4. エディターで [Visualforce ページ] セクションまでスクロールします。
    5. [Pardot アクティビティ]、[Pardot リストメンバーシップ]、および [Pardot ソーシャルデータ] を新しいセクションにドラッグします。
  3. 完了したらレイアウトを保存します。

リードと取引先責任者のページレイアウトに対して、これらのステップを繰り返します。

Salesforce ページレイアウトへのカスタム Pardot ボタンの追加

[Pardot に送信] ボタンを使用すると、Salesforce のリードや取引先責任者を Pardot に簡単に追加できます。対応するレコードが存在する場合、このボタンを使用すると、プロスペクトが作成される代わりにレコードが同期されます。[Pardot に送信] を使用するには、ユーザの SSO が有効になっている必要があります。

[Pardot メールを送信] ボタンを使用すると、Pardot 権限セットが割り当てられた Salesforce ユーザは、Pardot の追跡メールを Salesforce から送信できます。

  1. リードまたは取引先責任者のページレイアウトを編集用に開きます。
  2. パレットで、[モバイルおよび Lightning のアクション] までスクロールします。
  3. [Pardot に送信] ボタンと [Pardot メールを送信] ボタンを選択して、[Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション] セクションにドラッグします。
  4. 完了したらページレイアウトを保存します。

リードと取引先責任者のページレイアウトに対して、これらのステップを繰り返します。

ページレイアウトへのスコアリングカテゴリのスコアの追加


Pardot アカウントでスコアリングカテゴリを使用している場合、リードと取引先責任者のページレイアウトにスコアを追加できます。具体例を見てみましょう。

  1. リードまたは取引先責任者のページレイアウトを編集用に開きます。
  2. エディターで [関連リスト] をクリックします。
  3. [Pardot Category Score (Pardot カテゴリスコア)] をレイアウトにドラッグします。
  4. ここで、[スコアリングカテゴリ名]、[スコア]、および [最終更新日] のみを含め、スコアで降順に並べ替えるように [Pardot カテゴリスコア] プロパティを編集することもできます。

Salesforce での Pardot リストメンバーシップの編集をユーザに許可

ユーザは CRM 参照可能な Pardot リストで Salesforce から離れることなくリードと取引先責任者の追加と削除ができます。設定方法は次のとおりです。 

Salesforce で実行する手順 

  1. [設定] | [オブジェクトマネージャ] | [ページレイアウト] に移動します。
  2. リードおよび取引先責任者ページレイアウトに [プロスペクトリストメンバーシップ] Visualforce ページがあることを確認します。
  3. 取引先責任者ページレイアウトでこの手順を繰り返します。

Pardot で実行する手順 

  1. [Pardot 設定] タブに移動します。
  2. Salesforce-Pardot コネクタの設定で、[CRM 内でのプロスペクトリストの編集を許可する] を選択します。
  3. Salesforce で使用できるようにする静的リストの [CRM 参照可能] を有効にします。

Salesforce で Pardot データへのアクセス権をユーザに付与

AppExchange パッケージに付属する Pardot 権限セットを、Salesforce で Pardot データにアクセスまたは使用する任意のユーザに適用します。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「権限セット」と入力し、[権限セット] を選択します。
  2. [Pardot] をクリックします。
  3. [割り当ての管理] をクリックします。
  4. 権限セットの割り当て先のユーザを選択します。
  5. [割り当てを追加] をクリックします。
メモ

メモ

このページから Engage 権限セットを割り当てないでください。この権限セットはライセンスページから割り当てられます。 

多くのステップがあるように見えますが、Salesforce-Pardot コネクタの設定はもう少しで完了します。あと数ステップを実行するだけで使用を開始できます。次の単元では、コネクタの Pardot 側を設定する方法を学習します。 

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる