Pardot での Salesforce-Pardot コネクタの設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce と Pardot のカスタム項目をマッピングする。
  • Salesforce ユーザ名を Pardot ユーザに接続する。
  • Salesforce Pardot シングルサインオンを設定する。
  • Salesforce のリードおよび取引先責任者を Pardot にインポートする。
  • Pardot を Salesforce モバイルアプリケーションに追加する。

Salesforce と Pardot のカスタム項目のマッピング

これまでに Pardot AppExchange パッケージと Salesforce コネクタをインストールし、Salesforce を設定しました。次のステップは、Salesforce のカスタム項目を Pardot のカスタム項目にマッピングし、双方向に同期させることです。作業を開始する前に、マッピングに関する考慮事項のこちらのリストを確認してください。準備は良いですか? では、始めましょう。まずは、これらのカスタム項目をマッピングする方法を見てみましょう。 

  1. Pardot で、マッピングするカスタム項目を編集用に開きます。
  2. [Salesforce 項目名] ドロップダウンから、マッピングする項目を選択します。
  3. 必要に応じて、[この項目のデータ型および可能性のある値を CRM と同期します] を有効にします。この設定により、項目設定の変更が Salesforce から Pardot に同期されます。
  4. 必要に応じて、同期動作を編集します。

同期するカスタム項目ごとに、この手順を繰り返します。

メモ

メモ

Pardot カスタム項目を Salesforce 項目とマッピングしても、CRM との同期はトリガーされません。

すばらしい! Pardot のカスタムプロスペクト項目を Salesforce の該当する項目にマッピングすることができました。Pardot でカスタム取引先または商談項目を使用している場合、これらの項目も同じ手順でマッピングされます。 

双方向の同期動作についての詳細は「プロスペクト項目を Salesforce と同期する場合」という記事を参照してください。

Salesforce ユーザ名の Pardot ユーザへのマッピング

ユーザを同期するには、自動と手動の 2 通りの方法があります。自動化された [Salesforce ユーザーの同期] オプションは、Salesforce プロファイルを Pardot ユーザーロールにマッピングすることで、Salesforce と Pardot の両方へのアクセス権を持つユーザの管理を合理化します。さらに、同期済みユーザのほとんどの項目を Salesforce から管理できます。両方のシステムでユーザレコードを更新する必要はありません。ユーザを自動的に同期する前に、いくつか考慮すべきことがあります。手動による同期について話す前に、同期を自動化する方法を見てみましょう。 

Salesforce ユーザの同期を有効化する手順は、次のとおりです。 

  1. Lightning アプリケーションで [Pardot 設定] タブをクリックします
  2. [ユーザー管理] | [ユーザー] を選択します。
  3. [Salesforce ユーザーの同期を有効化] をクリックします。
  4. Salesforce プロファイルを Pardot ユーザーロールにマッピングします。選択されたプロファイルを持つすべての Salesforce ユーザが、割り当てられた Pardot ロールに同期されます。
  5. 設定を確認します。
    次の設定は有効のままにすることをお勧めします。
    • メールアドレスが既存の Pardot 専用ユーザーと一致する Salesforce ユーザーをスキップ
    • ユーザの Salesforce プロファイルが変更されたら、Pardot ユーザーロールを更新する
    • 割り当てられたプロファイルがなくなったら、Pardot ユーザーをごみ箱に移動する
  6. プロファイルのマッピングが完了したら、[ユーザーの同期を有効化] をクリックします。

ユーザは通常 15 分以内に同期されますが、数千のユーザを持つアカウントの場合、1 時間かかる可能性があります。

ユーザを自動的に同期する方法がわかったので、次は手動で同期する方法を見てみましょう。まず、ユーザのシングルサインオン (SSO) を設定します。SSO を使用して、ユーザは Salesforce と Pardot の間をシームレスに移行できます。SSO を有効化するには、最初に Pardot ユーザと Salesforce ユーザをマッピングする必要があります。まずユーザの SSO を設定し、それから手動でマッピングしていきましょう。 

  1. Lightning アプリケーションの [Pardot 設定] タブをクリックし、[ユーザー管理] | [ユーザー] を選択しますます。
  2. SSO を有効にするユーザを選択します。
  3. テーブルの下のドロップダウンから [CRM とのシングルサインオンを有効化] を選択します。
メモ

メモ

ユーザはユーザ設定から SSO を自分で有効にすることもできます。

ではこれらのユーザをマッピングしましょう。マッピングを行う前に、すでに Pardot ユーザが作成されていることを確認します。 

  1. Pardot ユーザレコードを編集用に開きます。
  2. [CRM ユーザー名] ドロップダウンから Salesforce ユーザを選択します。
  3. ユーザを保存します。
  4. ユーザレコードの [CRM ユーザー] 行で [今すぐ検証] をクリックします。

マッピングするユーザごとに、この手順を繰り返します。

Salesforce-Pardot コネクタのテスト

Salesforce-Pardot コネクタを設定したら、テストして、コネクタが期待どおりに同期することを確認します。同じメールアドレスを使用する複数のプロスペクトが許可されている Pardot アカウントの場合、この例を使用してテストします。 

新しい Pardot プロスペクトに既存の Salesforce レコードがある場合は、次の手順を実行します。

  1. Pardot で、CRM 内のリードまたはレコードに一致するプロスペクトのレコードを作成します。
  2. レコードが同期するかどうかを確認するには、[CRM と同期] をクリックするか、10 ~ 15 分待って、コネクタが同期を開始するかどうかを確認します。

その他の同期テストの例は、「リソース」セクションを参照してください。 

同じメールアドレスを使用する複数のプロスペクトが許可されているアカウントの場合、次の 2 つのいずれかの方法でテストできます。 

  • Pardot 内でプロスペクトを割り当てる — Pardot 内にプロスペクトを作成し、そのプロスペクトをユーザに割り当てます。レコードが Salesforce 内に作成されるかどうかを確認します。
  • Salesforce 内にレコードを作成する — レコードが同期されるまで待つか、[Pardot に送信] をクリックして手動で同期します。レコードが Pardot 内に作成されるかどうかを確認します。

Salesforce のリードおよび取引先責任者の Pardot へのインポート

Salesforce と Pardot を接続したら、既存のリードや取引先責任者を Pardot にインポートできます(安全機能として、コネクタによって、Pardot 内に Salesforce の既存のリードや取引先責任者から自動的にプロスペクトが作成されることはありません。最初にインポートする必要があります)。この作業は、初回同期を確立するために 1 回だけ行います。初回インポートが終了した時点で、Pardot が新しいプロスペクトレコードを既存の Salesforce リードまたは取引先責任者レコードと同期し、その後は更新が自動的に同期されます。

その初回インポートを実行する手順は、次のとおりです。 

  1. Pardot で、[管理] | [インポート] | [プロスペクト] に移動します。
  2. コンピュータから CSV ファイルをアップロードウィンドウにドラッグするか、[+ ファイルをアップロード] をクリックします。
  3. 必須の [コンプライアンス] 項目をチェックして、Pardot のパーミッションマーケティングポリシーに目を通したことを確認します。
  4. [次へ] をクリックして CSV ファイルを Pardot に読み込みます。

結論

このモジュールではたくさんのことを説明しました。Pardot 項目を Salesforce 項目にマッピングし、Pardot ユーザアカウントを Salesforce ユーザアカウントに一致させ、さらにこの 2 つのプラットフォーム間でシングルサインオンを有効にしました。これで Pardot と Salesforce を連携させて、活用することができます。 

リソース