Pardot の管理の基本について

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Pardot のアカウント設定にアクセスして説明する。
  • ユーザを設定する。
  • Salesforce を使用したシングルサインオンを設定する。
  • プロスペクトのカスタム項目を設定する。
  • Twitter を Pardot に接続する。

大切なのは管理

Cloudy Consulting のマーケティングマネージャーの Leung Chen

Cloudy Consulting でマーケティングマネージャーを務める Leung Chen をご紹介します。Leung は前四半期のパフォーマンスレビューで優れた仕事振りが認められ、Cloudy Consulting に Pardot を実装する仕事を任されました。クライアントを対象とした交流イベントや育成プログラムの企画運営で豊富な経験を有する Leung は、そうしたスキルを Pardot の実装に活用することができます! 実装後は Pardot 管理者になる予定です。 

Pardot のアカウント設定

Leung の最初の仕事は、Pardot について把握し、自身のアカウント設定を確認することです。Pardot のアカウント設定には、Pardot アカウントの管理に役立つさまざまな情報が記載され、Pardot について理解する適切な出発点になります。

アカウント設定の画面を見ながら、いくつかの機能を確認していきましょう。

  1. [Pardot 設定] タブをクリックします。ここには、アカウント情報のほか、Pardot に変更が通知された人の連絡先情報も示されます。アカウント設定の [製品およびサービスに関する通知] テーブルでは、通知の種別ごとに異なる連絡先を選択できます。アカウント設定についての詳細は、「アカウント設定リファレンス」を参照してください。
  2. [使用状況と制限] タブをクリックします。このリストには、アカウントで使用可能なすべての機能、利用状況、制限、稼働率が表示されます。 [Pardot 設定] ページ。[使用状況と制限] タブが強調表示されています。
  3. [私のプロファイル] タブをクリックします。このタブには、プロファイル情報およびユーザ設定が表示されます。ユーザ情報を変更する場合は、[編集] をクリックします。メールやアプリケーションの設定を変更する場合は、[私のユーザー設定を編集] をクリックします。
    [Pardot 設定] ページ。[私のプロファイル] タブが強調表示されています。
  4. (該当する場合) [B2B マーケティング分析] タブをクリックします。[B2B マーケティング分析] では、B2B Marketing Analytics アプリケーションのプロビジョニングを行います。

Pardot ユーザの作成

Leung は Cloudy Computing でさまざまな仕事を任され、多くのプロジェクトを抱えています。そこでチームメイトの 1 人をユーザーとして Pardot に追加し、このアカウントの管理を手伝ってもらおうと考えています。Cloudy Computing のマーケティングチームには何人かのコンテンツ作成者がいます。Leung はその 1 人を Pardot 業務の担当者に指名しました。Pardot のデフォルトのユーザロールの中から、この担当者にはマーケティングロールを指定するつもりです。Pardot のどのアカウントにも、管理者、マーケティングユーザ、営業マネージャー、営業ユーザの 4 つのユーザロールが付属します。そのため Leung のような Pardot 管理者が簡単に新規ユーザを作成し、適切な権限セットを付与できます。

Leung が Pardot の新規ユーザを簡単に作成して、マーケティングロールを付与する様子を見てみましょう。 

  1. [Pardot 設定] | [ユーザー管理] | [ユーザー] に移動します。
  2. [+ ユーザーを追加] をクリックします。
  3. ユーザの氏名を入力します。
  4. ユーザのメールアドレスを入力します。このメールアドレスは、すべての Pardot アカウントを通して一意である必要があります。
  5. ユーザに有効化リンクを送信するには、[ライセンス認証メールを送信] を選択します。このメールは、パスワードと秘密の質問を選択することをユーザに求めます。ライセンス認証メールの有効期限は 48 時間です。
  6. [マーケティング] ユーザロールを選択します。
  7. 完了したら [ユーザーを作成] をクリックします。

ごみ箱

アセットを削除すると、Pardot アカウントのごみ箱に移動されます。ほとんどのアセットはごみ箱から復元できますが、ごみ箱を使用する場合にはいくつかの考慮事項があります。先に進む前に簡単に確認しておきましょう。

  • ごみ箱の中の項目は、使用制限にカウントされません。
  • キャンペーンを削除する場合、そのキャンペーンに関連付けられていたプロスペクトは、削除したキャンペーンのタグが付与された状態でシステム内に残ります。削除する前に、キャンペーンに関連付けられている要素 (リスト、ルール、ランディングページなど) が使用中の場合、警告が表示されます。この場合、そのアセットを削除するか、他のキャンペーンに関連付けるかを選択できます。
  • 管理者は、ごみ箱の中のプロスペクトを永久に削除できます。Pardot は、永久に削除されたプロスペクトのトラッキングを停止します。
  • プロスペクトが同期している Salesforce レコードが復元された場合、削除されたプロスペクトは復元されます。Pardot でプロスペクトを永久に削除する場合、関連付けられているリードと取引先責任者を Salesforce で削除する必要があります。
  • タグは永久に削除され、ごみ箱には表示されません。
  • コンテンツファイルは永久に削除され、復元できませんが、ごみ箱内にリスト表示されます。

プロスペクトを削除すると、レコードは Pardot のごみ箱に移動します。ごみ箱では、プロスペクトを永久的に削除するか復元することができます。自分またはシステムが開始する特定のアクティビティによっても、プロスペクトは復元されます。プロスペクトをごみ箱から永久的に削除しようとする場合には、実行する前に次のことを考慮する必要があります。 

  • プロスペクトを永久に削除すると、そのプロスペクトはごみ箱から削除され、Pardot にそのプロスペクトに関する情報は何も保持されません。どのプロスペクトが削除されたかを調べることはできず、データは復元できません。
  • Pardot でプロスペクトを削除する前に関連付けられたリードと取引先責任者を Salesforce から削除する必要があります。
  • プロスペクトを削除すると、関連付けられたすべてのエンゲージメントデータが削除され、すべてのレポートに影響します。
  • プロスペクトが個人取引先に関連付けられている場合、すべての個人識別情報が Pardot アカウントレコードから削除されます。
  • プロスペクトを削除しても、そのプロスペクトの再作成を防ぐことはできません。たとえば、プロスペクトがフォームを登録したり、手動で再作成されることがあります。
  • 管理者は、ごみ箱の中のプロスペクトを永久に削除できます。Pardot は、永久に削除されたプロスペクトのトラッキングを停止します。

削除の完了には 24 時間ほどかかる場合があります。処理が完了したら、Pardot からメールで通知されます。 

カスタム項目の追加

Pardot にはすぐに使えるデフォルト項目が多数用意されていますが、それとは違った種類の情報を取得する必要がある場合があります。たとえば、Sales Cloud にある一定の項目を Pardot にも設定し、2 つのシステム間でデータを同期させたいと思うことがあります。このためには、Salesforce コネクターを有効にして、Sales Cloud の各項目に対応するカスタム項目を Pardot に作成して対応付けます。カスタム項目は、Pardot のフォーム、オートメーション、セグメンテーションルール、ダイナミックリストのすべてで使用できます。

Leung はクライアントイベントを企画しており、出欠確認を記録するプロスペクトレベルのカスタム項目が必要ですが、この情報を Salesforce と同期する必要はありません。後々この返信を基にお礼のメールを送るつもりです。  

カスタム項目を作成する手順は、次のとおりです。 

  1. [Pardot 設定] | [オブジェクトと項目の設定] | [プロスペクト項目] に移動します。
  2. [+ カスタム項目を追加] をクリックします。
  3. [名前] 項目に「RSVP (出欠確認)」と入力します。
  4. [カスタム項目 ID] は自動生成された値のままにします。
  5. [同期動作] もそのままにします。項目設定の完全リストは、「プロスペクト項目のグローバル設定」を参照してください。
  6. 回答を制限するには、項目のデータ型を [ラジオボタン] に変更します。
  7. [値] に、次の項目値を入力します。
    • 「Yes、I’ll be there!」(はい、参加します!)
    • 「No, I can't come.」(残念ながら参加できません。)
  8. 完了したら、[カスタム項目を作成] をクリックして保存します。

[RSVP (出欠確認)] カスタム項目。「Yes、I’ll be there!」(はい、参加します!) と「No, I can’t come.」(残念ながら参加できません。) という 2 つの項目値が設定されています。

Pardot のソーシャルへの接続

Pardot はそれ自体優れたツールですが、他の製品と統合すればさらに威力を発揮します。Pardot の対象を、現在使用中の他のサードパーティアプリケーションにも拡張できます。

ここで Cloudy Computing に話を戻しましょう。Leung は予定しているクライアントイベントのマーケティング戦略を練っています。Cloudy Computing には、注目度の高い Twitter アカウントなど、ソーシャルネットワークでも確固たる存在感を示しています。Leung は、Cloudy Computing の Twitter アカウントを自身の Pardot アカウントと接続して、投稿の管理やインプレッションの追跡などをすべて Pardot 内で行えるようにしようと考えています。 

では、Pardot に Twitter コネクターを設定してみましょう。 

  1. [Pardot 設定] | [コネクター] に移動します。
  2. [+ コネクターを追加] をクリックします。
  3. [ソーシャル投稿コネクター] までスクロールして、[Twitter] をクリックします。
  4. Twitter ユーザ名を入力し、[コネクターを作成] をクリックします。
  5. 接続先のアカウントにログインするために Twitter にリダイレクトされます。
  6. コネクターが保存されたら、[今すぐ検証] をクリックします。Twitter の権限画面が表示されます。
  7. [Authorize app (アプリケーションを承認)] をクリックします。
  8. [コネクターを保存] をクリックします。

[Twitter コネクターを作成] 画面

メモ

初めてログインしますか? Pardot の設定手順を説明する新しい Pardot 設定アシスタントがあります。

この単元を通して、Leung が Pardot 管理者として行う設定業務を手伝ってきました。ユーザを新規作成してカスタム項目を作成し、Salesforce でのログインを設定して、Pardot に Twitter をソーシャルコネクターとして追加しました。このすべてを 1 日でやり遂げました! 

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる