進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Pardot Lightning アプリケーションの操作方法について

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Pardot ダッシュボードの主なセクションを挙げる。
  • Pardot の操作方法を確認する。

実現への道のり

Pardot がどのようなものなのかがわかり、自身の会社やグループに適していることを理解したところで、いよいよ本題に入りましょう。ここでは Pardot の機能に目を向け、今後愛用することになるあらゆるツールへのアクセス方法を説明します。この単元では、あなたが Pardot 管理者であり、またエンドユーザでもあると想定します。 

Pardot ダッシュボードの概要

Pardot ダッシュボードは、Pardot にログインしたときに最初に表示される画面です。Pardot の基盤であり、管理者の指令本部です。ここには、アカウント通知およびアクティブプロスペクトレコードのマクロビューが示されます。また、他のデータ (後述) にも簡単にアクセスできます。 

ナビゲーションバー (1) には、デフォルトで 8 つの主なメニュー項目があります。[プロスペクト]、[キャンペーン]、[オートメーション]、[Pardot メール]、[コンテンツ]、[Pardot レポート]、[レポート] と、[Pardot 設定] からの [管理] インターフェースへのアクセスです。これは Lightning アプリケーションなので、上部に表示されるタブをカスタマイズして、その他の重要な Salesforce オブジェクトやお気に入りの項目にアクセスしやすくすることができます。

Pardot ダッシュボード。ナビゲーションサイドバーと [作成されたプロスペクト] グラフが強調表示されています。

[作成されたプロスペクト] (2) グラフには、これまでに各自のアカウントで作成されたプロスペクト数が示されます。インポートされたプロスペクトや手動で作成したプロスペクトなど、ビジターからプロスペクトへのすべてのコンバージョンに関するレポートが示されます。

Pardot ダッシュボード。[マーケティングカレンダー]、[レビュー対象のアクティブプロスペクト]、[識別された会社] のリストが強調表示されています。

[マーケティングカレンダー] (3) には、スケジュール済みメールキャンペーンおよびソーシャル投稿がすべて表示されるため、今後予定されているコンテンツを確認して、必要に応じてスケジュールを調整することができます。また、チームの進行状況を管理するために、さらなるイベントや他のマーケティング担当者を追加することもできます。これは、Pardot Plus Edition および Advanced Edition でのみ使用できます。

[レビュー対象のアクティブプロスペクト] (4) リストには、フォームの登録、ページの訪問、リンクのクリックといったアクティビティを最近行ったプロスペクトが最大 5 名表示されます。 

[識別された会社] (5) リストには、識別可能な会社に属する最新のビジターが最大 5 名表示されます。[ビジターをさらに表示] をクリックすると、識別されたすべての会社が表示されます。

Pardot の操作方法の確認

Sales Cloud の Lightning Experience ナビゲーションバーによく似た Pardot のメインメニューナビゲーションは使いやすく、Pardot 内を一貫した方法で移動できます。Pardot の管理者またはユーザであれば、そのうちにダッシュボードを使いこなし、メニューナビゲーションバーから Pardot 内を移動できるようになります。ここでは、アカウントのカスタマイズおよび設定、オートメーションツールやプログラムの構築、ユーザの追加なども行います。

Pardot ナビゲーションは、8 つの主なセクションに分かれています。[Pardot ダッシュボード]、[プロスペクト]、[キャンペーン]、[オートメーション]、[Pardot メール]、[コンテンツ]、[Pardot レポート]、[レポート]、[Pardot 設定] です。 

各セクションを順番に見ていきましょう。 

[プロスペクト] タブのメインページ

[プロスペクト] タブからは、アカウント内のプロスペクトのレコードにアクセスできます。[プロスペクトリスト] にアカウントの各プロスペクトが示されます。[プロスペクトアカウント] で、プロスペクトをアカウント別に分類することもできます。[1 対 1 のメール] では、1 人のプロスペクトに個別のメールを送信できます。最後の [ビジター] では、Web サイトのページビューや個別の訪問を監視できます。

[キャンペーン] タブのホームページ

[キャンペーン] タブでは、すべてのキャンペーンを追跡できます。これらのキャンペーンは、日付または種別によって並び替えたり絞り込んだりできます。いずれかのキャンペーンにドリルインして、パフォーマンスを確認することもできます。 

[オートメーション] タブのホームページ

[オートメーション] タブでは、オートメーションルール、ページアクション、セグメンテーションリストなどのオートメーションツールを使用して、プロスペクトの更新、セグメント化や、プロスペクトに関する通知の送信を実行できます。ここから、Engagement Studio プログラムを作成、構築して、プロスペクトを育成することもできます。 

[Pardot メール] タブのホームページ

[Pardot メール] タブには、Pardot メールに関するあらゆる情報が表示されます。ここから、すべてのメールドラフト、スケジュール済みメール、送信済みメールにアクセスできます。すべての Pardot メールテンプレートもここで作成され、ここでアクセスできます。また、A/B テストの結果などのメールテストもここにあります。登録解除リンクとメールプリファレンスリンクがメールに含まれているため、それらのページもここで見つけて編集することができます。メールテンプレートを使用する Engagement Studio プログラムとメール送信先のセグメンテーションリストにも 1 回クリックするだけでアクセスできます。 

[コンテンツ] ホームページ

[コンテンツ] タブでは、フォーム、ランディングページ、カスタムリダイレクトなど、Pardot のその他のコンテンツの作成と管理を行うことができます。フォルダやタグを使用してコンテンツを整理、分類することもできます。検索とソーシャルのパフォーマンスもここにあります。

[Pardot レポート] ホームページ

[Pardot レポート] タブでは、キャンペーン、コンバージョン率、接続済みのアプリケーション、プロスペクトのライフスタイルファネル、マーケティングアセットのパフォーマンスなど、Pardot に用意されているすべてのレポートにアクセスできます。このタブを使用して、Pardot アカウントの進行状況や健全性を監視できます。 

[レポート] タブのホームページ

[レポート] タブには、自分や他のユーザが作成した公開または非公開のすべての Salesforce レポートが表示されます。

[Pardot 設定] ホームページ

[Pardot 設定] タブは最後のデフォルトタブで、Pardot 管理者が頻繁に使用するものです。ここでは、項目設定の制御、カスタムオブジェクトの作成および同期、メール認証プロトコルの設定、ユーザのインポート、アカウントセキュリティの管理などを行います。 

これらのすべてのタブはデフォルトで Pardot Lightning アプリケーションに含まれていますが、システム管理者とユーザは表示されるタブをカスタマイズできます。そうすることで、他の Salesforce オブジェクトやお気に入りの項目にさらにアクセスしやすくなります。

Pardot のナビゲーションがわかったところで、次の単元では効率的な管理方法を見ていきます。具体的には、ユーザの管理、カスタム項目の作成、サードパーティアプリケーションの Pardot への接続の方法などを説明します。