進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Inbox 機能による営業担当の生産性の向上

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Microsoft® Outlook® とのインテグレーションに Inbox 機能を追加することの利点を要約する。
  • 営業担当向けに Inbox 機能を追加する。

Inbox 機能による営業チームの生産性向上

Ursa Major は、クラウドベースの Outlook インテグレーションに移行し、Einstein 活動キャプチャを設定しました。Maria は、早くも営業担当の生産性が向上していることに気付きました。Maria は、営業担当がメールによって顧客や見込み客とコミュニケーションを行っているときに、よりスマートに作業できる手段をさらに提供したいと考えています。Outlook インテグレーションに Inbox を追加することでそれを実現できます。

Outlook インテグレーションに Inbox を追加したときに営業担当が得られるメールでの生産性の向上を確認しましょう。
営業担当の作業
Inbox 機能によって可能になること
顧客や見込み客とのミーティングのスケジュール設定。スケジュールを設定するために何度もやりとりを行うことが多い。
メールメッセージにカレンダーから直接、空いている時間枠を挿入する。受信者が最も都合が良い時間を選択すると、インテグレーションによってミーティングがスケジュールされる。受信者に表示される時間の候補は、メール受信後であっても営業担当の対応可能状況が変化すると更新される。
送信したメールが開封されたかどうかや、フォローアップするのに早すぎるかどうかを悩む。
顧客がいつメールを開封したかや、メールに挿入されたリンクをクリックしたかどうかを確認する。送信した内容に顧客がいつエンゲージしたかを知る。
会社の商品やサービスの販売促進を行うために同じ語句を何度も入力する。
頻繁に使用する語句のショートカットを作成し、それらをメールメッセージの本文に簡単に追加する。見苦しい入力ミスを排除し、時間を節約できる。
最適なタイミングで顧客や見込み客とエンゲージする。
メールメッセージのドラフトを作成し、顧客がオンラインである可能性が最も高いときに送信する。タイミングが重要であるため、営業担当は顧客がメールを受信するタイミングをスケジュールして、販売の可能性に及ぼす影響を最大にする。

これらの機能を使用することで、Ursa Major の営業担当が顧客や見込み客とコミュニケーションを行うときの効率を高めることができます。Maria がこれらの機能をどのように活用したかを見てみましょう。

Outlook インテグレーションへの Inbox 機能の追加

Inbox ライセンスを追加すれば、営業担当は Inbox 機能をすべて使用できます。Maria は、Salesforce 営業担当にライセンスの有効化について話しました。次に、Outlook インテグレーションで Inbox を有効にし、この機能にアクセスできるユーザを選択します。

  1. 設定アイコン をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] ボックスに「Outlook」と入力し、[Outlook インテグレーションおよび同期] を選択します。
  3. Outlook インテグレーションの設定を表示するには、[ユーザが Salesforce レコードに Outlook からアクセスできるようにする] を展開します。
  4. [Outlook インテグレーションの Inbox] セクションで、[設定を編集] を選択します。Inbox 機能を有効にするオプションが太線で囲まれています。
  5. [Salesforce Inbox] ページで、[ユーザが Inbox を使用できるようにする] を有効にします。

簡単でしたね! 次に、Inbox 機能にアクセスできるユーザを選択します。

Inbox 機能にアクセスできるユーザの選択

  1. [Salesforce Inbox] ページの [Inbox を使用できるユーザ] セクションで、[権限セットの割り当て] を選択します。Inbox 機能にアクセスできるユーザを管理する設定が太線で囲まれています。

    [Outlook インテグレーションおよび同期] ページの [Inbox を使用できるユーザを選択] セクションで、同じ設定にアクセスできます。

  2. Inbox の標準権限セット ([Inbox (Einstein 活動キャプチャあり)] または [Inbox (Einstein 活動キャプチャなし)]) を選択します。Einstein 活動キャプチャを設定する場合、Inbox (Einstein 活動キャプチャあり) 権限セットを割り当てます。営業担当が High Velocity Sales を使用する場合、High Velocity Sales ユーザ権限セットには Inbox 権限も含まれます。
  3. [割り当ての管理] をクリックし、Inbox 機能にアクセスできるユーザを選択します。
  4. [割り当てを追加] をクリックします。

営業担当に対する追加された機能の表示

Maria が Outlook インテグレーションで Inbox を有効にすると、Outlook インテグレーションの標準ペインにはすべての Inbox 機能が含まれます。Maria は、Outlook で Salesforce コンテンツがどのように表示され、営業担当がどの Inbox 機能にアクセスできるかをカスタマイズできます。

Maria は営業担当向けのメールペインをカスタマイズしたので、どの Inbox 機能もまだ営業担当に表示されません。Maria は、営業担当を Inbox 機能を備えた標準メールペインに再割り当てするか、Lightning App Builder を使用して、カスタマイズされたペインに機能を追加することができます。どちらの場合も、営業担当が次に Outlook でインテグレーションにアクセスしたときに変更内容が表示されます。

メモ

メモ

さまざまな営業担当向けに特定の機能を含む複数のペインをカスタマイズすることができます。たとえば、一部の営業担当がメールを追跡しない場合、メールを追跡する機能を除くすべての Inbox 機能を含むペインを作成します。

Outlook を Salesforce と統合することで、営業担当は最もよく利用するツールで高い生産性を維持できます。コンテキストを切り替える回数が減るため、営業担当は顧客と商談の成立という重要事項に集中できます。さらに Einstein 活動キャプチャにより、営業担当の取引先責任者と行動が常に同期されるため、営業担当がミスを見つけて動揺することはなくなります。インテグレーションに Inbox 機能を追加することで、営業担当はフルスピードで作業するためのツールをすべて手に入れることができます。

リソース

Outlook インテグレーションの Inbox 機能の設定についての詳細は、次のリソースを参照してください。