法令遵守ガイドラインの徹底

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • メールの CAN-SPAM 法遵守のガイドラインを定義する。
  • 購読取り消しルールについて説明する。

「メールマーケティングの法的側面」と聞くと、怖気づいたり、地図を持たずにジャングルに入り込むかのように感じたりするかもしれませんが、心配いりません。この単元では、トピックが分割されているため、合間合間に、ジャングルに差し込む太陽の光を見ることができます。

ジャングルの光景。法令遵守のガイドラインは手強いものであるように感じられます。

CAN-SPAM 法のガイドライン

CAN-SPAM 法は「未承諾のポルノグラフィーおよびマーケティング攻撃に対する規制法」の通称です(SPAM を Can する。つまり、スパムを封じ込めるということです)。George W. Bush 政権で成立した米国法であり、連邦取引委員会によって米国で施行されています。以下のガイドラインに従えば、購読者をいら立たせることや、購買者ベースを減らすことを回避できます。さらに、継続的に法令を遵守しやすくなります。では、CAN-SPAM 法のガイドラインの内容を見ていきましょう。

1.ヘッダー情報で送信者を明確にする。

送信元を偽ってはなりません。受信者をいら立たせ、自社のブランドを傷つけます。

2.メールのコンテンツを的確に表す件名行を使用する。

また、メールのコンテンツとはかけ離れた件名行で受信者を欺き、メールを開けさせようとしてはなりません。たとえば、件名行に無料サービスと記載されている場合は、メールの本文にも無料サービスについて記載されている必要があります。記載されていなければ虚偽に該当する可能性があります。

3.メッセージが広告であることを明らかにする。

メールのコンテンツが広告または勧誘である旨を明示します。

4.所在地の住所を記載する。

メールの任意の場所に必ず所在地の住所を記載します。記載する場所は、上部でも下部でも中央でも構いません。記載されていることが重要です。会社が実在することを示します。

5.オプトアウト申請を尊重し、速やかに処理する。購読取り消し申請は 10 日以内に処理し、購読取り消し方式を送信後 30 日以上有効にしておく。

この点については、次のセクションで詳述します。お見逃しなく!

6.オプトアウト方式を設定する。購読を取り消す購読者にログインや複数のページへのアクセスを求めてはならない。

購読者が購読をワンクリックで取り消せる簡易な方法を設定します。メールの末尾にリンクを設定することが考えられますが、メールのヘッダーにもリンクを記載することをお薦めします。

購読取り消しの依頼

ごく簡単に購読を取り消せるようにする必要があると述べましたが、そもそも購読取り消し申請とはいったい何なのでしょうか? 購読者が、購読していたコミュニケーションを今後受け取らないという選択をすることです。購読取り消し方式の 1 つがメールの末尾にリンクを記載することですが、優れたメールマーケティングシステムでは、購読取り消しの管理方法を選択できます。

では、3 種類の購読者を見ていきましょう。

グローバル: 顧客がグローバル購読取り消しを選択すると、Marketing Cloud から送信されるメールの購読がすべて取り消されます。この方式について、もう少し詳しく見てみましょう。あなたは Cloud Kicks 社からメールを受信しているとします。このメールをもう受け取りたくないと思ったので、グローバル購読取り消しを申請します。この手続きによって、Marketing Cloud からのメールを一切受信しなくなります。つまり、Northern Trail Outfitters が Marketing Cloud を使用し始めても、あなたはグローバル購読取り消しを選択しているため、同社はあなたの情報をインポートできません。Northern Trail Outfitters にとっても、グローバル購読取り消しを選択した顧客にコミュニケーションを送信できないため好都合です。 

メモ

グローバル購読取り消しは比較的まれですが、実行されることもあります。特定の購読者がメールを受信していない理由がわからない場合は、その購読者がグローバル購読取り消しリストに含まれている可能性があります。

プライマリ: プライマリ (アカウントレベル) の購読取り消しでは、特定の企業から送信されるメールの購読が取り消されます。つまり、Cloud Kicks からのメールは受信しませんが、Northern Trail Outfitters からのメールは引き続き受信できます。

リスト: 特定のリストから購読を取り消したい顧客は、対象となるリストを選択します。たとえば、Cloud Kicks の月刊ニュースレターと特価品の週刊メールを購読しているとします。月刊ニュースレターは引き続き楽しみつつも、今後、特価品の週刊メールは受信したくない場合には、特価品の週刊メールリストの購読のみを取り消します。

マーケティングメールに購読取り消しリンクを設定し、購読取り消し申請を 10 日以内に処理するほか、購読取り消し方式をメールの送信後 30 日以上は有効にしておく必要があります。つまり、30 日を経過後は購読取り消しリンクをクリックしても、その特定のメールからの申請が処理されない可能性があります。

送信者の所在地や送信先の相手によっては、メールメッセージングアクティビティが、GDPR や CASL などさまざまな規制の対象となる可能性があります。これらの規制には、人々に連絡する方法や、情報を保存可能な場所と期間が定められています。Marketing Cloud には継続的な法令順守に役立つツールが用意されていますが、正しい方法で実施していることを常に法務チームに相談してください。 

メモ

規制についての詳細は、ヘルプの「Marketing Cloud のデータ保護とプライバシーツール」ページを参照してください。

これで、素晴らしいメールを送信するにあたってトラブルが生じないようにすることができました。次は、素晴らしいメールが、迷惑メールに振り分けられることなく、購読者の受信トレイに確実に届くようにする方法を学習します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる