エンゲージメント計画の管理

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • NPSP エンゲージメント計画を理解する。
  • エンゲージメント計画を作成、編集、削除する。

対象となる見込み支援者を特定したので、次は、より深いエンゲージメントを促進するための活動を計画し、追跡する必要があります。Salesforce で標準で追跡される活動には、ToDo、メール、電話、メモ、行動があります。

エンゲージメント計画を理解する

NPSP にはエンゲージメント計画と呼ばれる特別なツールがあります。これは、チームが賛助者とエンゲージするために設計された ToDo と、賛助者に関するパーソナライズされた方法のコレクションです。

エンゲージメント計画が効果を最大限に発揮するには、組織で計画の実行に参加する個人からの賛同を得たプロセスが定義されている必要があります。計画によっては、これは組織内のさまざまな個人が関与する広範な一連のアクションである場合があります。

NPSP でエンゲージメント計画の作成を開始する前に、次の質問に答える計画の下書きを作成することをお勧めします。

  • 何を達成しようとしているのか? 計画の最終的な目標は何か?
  • その結果を得るための一連のアクションは何か?

定義された一連の ToDo を含む計画が完成し、チームの賛同を得たら、システム管理者がエンゲージメント計画の設定を開始できます。 

エンゲージメント計画は、スタッフメンバーが手動で開始することもできますし、システム管理者によって構築されたレベルやその他の自動化されたプロセスと組み合わせて使用することで自動的に開始することもできます。レベルと共に使用する場合は、支援者が特定のレベル ([Repeat Donor (繰り返し支援者)] など) に達したときにエンゲージメント計画が開始されます。エンゲージメント計画は、取引先責任者、取引先、キャンペーンに関連付けることができます。非営利団体は、エンゲージメント計画を取引先責任者または世帯取引先のいずれかの支援者に関連付けるベストプラクティスを決定する必要があります。一貫性を保ちましょう。

No More Homelessness 組織で、2 つの異なる取引先責任者に対してエンゲージメント計画が開始される様子を見てみましょう。

最初の取引先責任者は、年 1 回の支援者で、NMH に 1,000 ドルという高額の支援を行いました。この支援の金額によって、彼の世帯は自動的に [Major Donor (大口支援者)] レベルに移行し、世帯取引先に関連付けられた一連の ToDo が開始されます。これらの ToDo は開発チームとプログラムチームのさまざまなメンバーに割り当てられています。

[活動予定] ビュー。支援者フォローアップ ToDo が表示されています。

ToDo が割り当てられたので、NMH プログラムチームは、エンゲージメント計画で定義されたアクションを実行することができます。ToDo は、チームメンバーのホームページの ToDo リスト、[ToDo] タブ、レポートに表示されます。ToDo を完了すると、NMH スタッフは ToDo の状況を [完了] に更新できます。

エンゲージメント計画テンプレートは、その名のとおり、この世帯との現在のリレーションに関連付けられた基本的な活動のテンプレートです。自動的に作成されたエンゲージメント計画 ToDo に加えて、支援者に固有の ToDo や活動を追加できます。ここでは、Aniyah は、この支援者の活動に「Thank You Lunch」(お礼ランチ) を追加します。

[次のステップ] に新しい独自の ToDo を含むエンゲージメント計画 ToDo リストが表示されます。

1 つの ToDo を完了すると、エンゲージメント計画の [状況] が [未開始] から [進行中] に更新されます。最後の ToDo が完了すると、エンゲージメント計画の [状況] が [完了] に更新されます。

取引先責任者レコードの [エンゲージメント計画] 関連リスト。[状況] が [進行中] と表示されています。

エンゲージメント計画は、新しいボランティアの歓迎と処理などのプロセスにも使用できます。実際、2 人目の取引先責任者は、NMH の Web サイトで街頭アウトリーチを行うボランティアにサインアップしたところです。AppExchange からのサードパーティアプリケーションによって Web フォームが処理され、NMH の Salesforce 組織内に取引先責任者が作成されます。 

エンゲージメント計画の適用

NMH のプログラムスタッフが取引先責任者レコードを開き、ボランティア見込み支援者のエンゲージメント計画を追加する手順を見てみましょう。

  1. ボランティアの取引先責任者レコードを開きます。
  2. [関連] タブをクリックして、[エンゲージメント計画] 関連リストまでスクロールダウンし、[新規] をクリックします。

[新規] ボタンが強調表示された [エンゲージメント計画] 関連リストの詳細。

3.[エンゲージメント計画テンプレート] (1) から [新規ボランティア] 計画を選択します。

[新規エンゲージメント計画] フォームの詳細。参照項目と推奨エンゲージメント計画テンプレートのリストが含まれています。

4.計画が [取引先責任者] (2) に正しく関連付けられていることを確認します。この例では、エンゲージメント計画はボランティアに関するもので、ボランティアは通常は世帯ではなく個人の活動であるため、エンゲージメント計画を [世帯] ではなく [取引先責任者] に関連付けます。

5.[保存] (3) をクリックします。

この新しい NMH ボランティアのオンボーディング計画が完成しました。

[活動予定] ビュー。[ToDo] リストが表示されています。

エンゲージメント計画の削除

場合によっては、エンゲージメント計画を削除する必要があることがあります。エンゲージメント計画を削除すると、基礎となる ToDo は引き続き存在しますが、連動 ToDo の ToDo オートメーションは適用されません (連動 ToDo は親 ToDo の完了に基づいて更新または割り当てされません)。 

  1. エンゲージ計画が割り当てられているレコードに移動します。
  2. [エンゲージメント計画] 関連リストまでスクロールします。
  3. そのエンゲージメント計画の行で [削除] をクリックします。

その後、ToDo が不要な場合やエンゲージメント計画が誤って割り当てられた場合は、手動で ToDo を削除できます。

エンゲージメント計画には、リストされている ToDo のオートメーションは含まれていません。つまり、エンゲージメント計画によって、メールを送信するリマインダーは表示されますが、実際にメールが送信されることはありません。NPSP のプロセスにオートメーションを構築するにはさまざまな方法がありますが、それにはシステム管理者またはコンサルティングパートナーによる追加設定や開発が必要です。

エンゲージメント計画の作成方法を理解したので、次は、計画に含まれる実際の ToDo と活動の管理について詳しく見ていきましょう。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる