進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce がパートナー

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Salesforce がモバイルアプリケーションエコシステムの提供にどう役立つかを説明する。
  • Salesforce モバイルアプリケーションとは何かを説明し、それを最初にロールアウトする理由を説明する。
  • Salesforce やそのパートナーが開発した拡張アプリケーションを見つける。
  • どのような場合に Mobile SDK を使用してモバイルアプリケーションを作成するかを説明する。

旅の仲間は賢く選ぶ

友人と休暇を取ったことがあるなら、旅の仲間が適切かどうかで旅行の成功が左右されることがわかるでしょう。モバイルジャーニーも例外ではありません。

モバイル変革にはたしかに努力する価値はあるものの、そこまでの道には時間、リソース、決断力が必要です。そこで、負担の一部を分担できるパートナーとチームを組み、モバイルジャーニーを少し楽にすることをお勧めします。

モバイルジャーニーの 2 枚のチケット

Salesforce を利用して進行を加速する

偶然ですね...Salesforce はモビリティではかなり優れたパートナーなのです。組織に開発者チームがいても、開発者がまったくいなくても、Salesforce のツールとテクノロジを使用して優れたモバイルアプリケーションを作成できます。

ではなぜ Salesforce を使用するのでしょうか? これを読んでいるということは、おそらくすでに Salesforce のお客様でしょう。既存のお客様にとって、モビリティで Salesforce とパートナーになるのは非常に簡単です。データはすでにクラウドに保存されており、そのデータは、デスクトップかモバイルかに関係なくアプリケーション間で共有できるようになっています。

このプラットフォームでは、あらゆる種類のデバイス向けアプリケーションを開発できます。

これが Salesforce のカスタマーサクセスプラットフォームの力です。Salesforce があれば、モバイルは発見して征服しなければならない見知らぬ新たな未開拓の地ではなく、自宅の裏庭にあるようなものです。モバイルは、すでに使用しているプラットフォームの拡張でしかありません。

Salesforce のプラットフォームを使用してモバイルアプリケーションを作成すると、次のようなメリットがあります。
  • Salesforce 内にある既存の顧客データを利用できる
  • Salesforce アプリケーションですぐに Salesforce エクスペリエンスをモバイル化できる
  • Salesforce モバイルアプリケーションへの一貫したアプリケーションアップグレードを入手できる
  • エンタープライズセキュアモバイルプラットフォーム上に構築できる
  • 宣言型ツールとプログラム型ツールの機能 (クリック操作とコード) を兼ね備えている
  • 既存の Lightning コンポーネントを使用することでカスタムコーディングを削減できる
  • ネイティブ、ハイブリッド、および React Native の SDK により開発者は完全な自由を獲得できる
  • モバイルデバイス管理ソリューションとシームレスに統合できる
  • Salesforce エコシステムのシステムインテグレータとパートナーになることができる
  • 従業員が Trailhead コンテンツで学習してモバイル Trailblazer になれる

こうしたメリットを裏付けるものとして、Gartner は、モバイルアプリケーション開発プラットフォームのマジッククワドラントで常に Salesforce をリーダーとしてランク付けしています。

組織がモバイルジャーニーを開始する場合は、Salesforce とパートナーになり、その強力なテクノロジスイートを利用して驚くようなエンタープライズアプリケーションを開発してください。実際に、従業員、顧客、パートナーに気に入られるアプリケーションのエコシステムをかつてないほど早く容易に提供できます。

アプリケーションエコシステムの概要

ワクワクする話ですね。しかし、この素晴らしいモバイルアプリケーションはどこで入手できるのでしょうか? Salesforce アプリケーションの妖精からですか? (確かに、そんな妖精がいたらなかなか素敵でしょうね)。違います。一貫したモバイル戦略を提供し、アプリケーションのポートフォリオを作成するために必要な魔法は Salesforce Platform だけです。

Salesforce Platform では次の 3 つのモバイルコンポーネントを使用できます。
  • Salesforce モバイルアプリケーション。モバイルアプリケーションポートフォリオのコアコンポーネントです。Salesforce アプリケーションはすぐに使えるため、従業員が会社の CRM データやカスタマイズにただちにアクセスできます。すべての Salesforce ライセンスに無料で含まれており、一般的なデバイスやプラットフォームで自動的に動作します。
  • 拡張アプリケーション。Salesforce または Salesforce パートナーが開発します。これらのアプリケーションは、Salesforce モバイルアプリケーションを補完し、Salesforce モバイルアプリケーションと統合され、社内の専門的な役割と部門を対象とします (マーケティング担当者やシステム管理者など)。
  • カスタムアプリケーション。Salesforce Mobile SDK を使用して作成されます。開発者は SDK を使用して、顧客、パートナー、従業員用にカスタマイズされたユーザエクスペリエンスを持つ新しいモバイルアプリケーションを作成できます。

クイックツアーが必要ですか? 組織が Salesforce Platform を使用してモバイルアプリケーションを作成、カスタマイズ、リリースする方法を確認するには、次のデモをご覧ください。

モバイル Trailblazer になる

ここまでに、従業員、顧客、パートナー向けに作成可能なすべての素晴らしいアプリケーションについて壮大な構想ができたことでしょう。

ただし、組織にモビリティの経験がないとしたらどうでしょうか? 従業員はスマートフォンからメールと会社のイントラネットにアクセスできるかもしれませんが、それだけです。アプリケーションエコシステムの構想は魅力的ですが、その目的地に到達できるとは思えません。どうやって今いる所から目的地まで行けばよいのでしょうか?

変化は徐々に起こります。ローマは 1 日にして成らず、それはモバイルポートフォリオも同じです。会社をモバイルエンタープライズに変革するには、次の手順に従います。

  1. 従業員に Salesforce モバイルアプリケーションをロールアウトします。
  2. 拡張アプリケーションでモバイルポートフォリオを拡大します。
  3. 顧客、パートナー、従業員向けにカスタムアプリケーションを作成します。

モバイル変革の各フェーズで Salesforce がどのように役立つかを理解するために、この手順をより詳しく説明しましょう。

まずは Salesforce アプリケーションを検討

モバイルジャーニーを開始しようとしているなら、Salesforce モバイルアプリケーションが最適な開始点です。

Salesforce アプリケーションは、標準のままでユーザに山ほどの価値を提供できます。このアプリケーションは、シンプルなまま、いくつかの特定の使用事例を念頭に置いてロールアウトします。組織の従業員にモバイルを採用するように促します。関係者からより多くの賛同とサポートを得ます。これで、時間をかけて他の機能を追加し、より大きなモバイルプロジェクトを計画できます。

Salesforce アプリケーションを表す少し成長した植物

大規模プロジェクトが刺激的であることはわかっています。まずは、Salesforce アプリケーションでできる限りのことをします。その後、徐々に基盤を固めて大規模な変革を起こします。Salesforce アプリケーションを種と考えることができます。その種を組織にまいて育てると、最終的に種は花開いて美しいモバイルガーデンになります。

メモ

メモ

Salesforce モバイルアプリケーションに不慣れな場合は、次の短いデモを参照してください。

Salesforce モバイルアプリケーションの詳細と、会社のニーズに合わせてこのアプリケーションを調整する方法については、Trailhead の「Salesforce モバイルアプリケーションのカスタマイズ」モジュールを参照してください。このアプリケーションを組織にリリースする前に、「Salesforce モバイルアプリケーションロールアウト」モジュールで役に立つアドバイスをすべて確認してください。

拡張アプリケーションでモバイルポートフォリオを拡大する

組織が Salesforce アプリケーションで稼働を開始したら、次のステップに進むことができます。モバイルポートフォリオを拡大してさらにアプリケーションを追加するときです。

モバイルガーデンの成長には、うまい具合にいくつかのショートカットを利用できます。また、組織のモバイルソリューションをすべて作成しなければいけないということはありません。

拡張アプリケーションを表す少し成長した植物

モバイルの進行を加速するために、Salesforce と統合され、組織のさまざまな種類の従業員を対象とする専門的なアプリケーションが数多く開発されています。Salesforce のパートナーも素晴らしいモバイルソリューションを作成しています。これらは拡張アプリケーションと呼ばれ、一切の開発作業なしで組織のモバイル機能を拡張する効果的な手段です。

Salesforce アプリケーション

以下は、Salesforce が開発したすべてのアプリケーションのリストです。App Store と Google Play で入手可能です。
  • Quip
  • Field Service
  • Analytics
  • Salesforce Marketing Cloud (iOS のみ)
  • Social Studio
  • Desk.com
  • SalesforceA for Admins
  • Salesforce Authenticator
  • Service Cloud
  • Einstein Analytics
  • Salesforce の行動

これらのアプリケーションとそれがビジネスにどう役立つかの詳細は、「リソース」セクションの「Mobile App Portfolio」(モバイルアプリケーションポートフォリオ) リンクを参照してください。

パートナーアプリケーション

他にもモバイルソリューションを探していますか? パートナーが開発した、Salesforce モバイルアプリケーションで利用可能なアプリケーション (Evernote、Docusign など) の巨大なコミュニティもあります。組織はこうしたモバイルアプリケーションを、Salesforce の公式アプリケーションストアである AppExchange から容易にインストールできます。

カスタムアプリケーションでモバイルポートフォリオを完成させる

モバイルガーデンは花盛りです。会社ではモバイルの勢いが増し、よい結果が出ています。いよいよ最後のステップです。ここでは Mobile SDK で独自のカスタムアプリケーションを作成します。

Mobile SDK を表す完全に成長した植物

SDK を使用することで、組織は、従業員、パートナー、顧客用にカスタマイズされたユーザエクスペリエンスを持つ新しいモバイルアプリケーションを作成できます。開発者はネイティブテクノロジまたは Web テクノロジを使用してこのアプリケーションを構築できる一方で、Salesforce アプリケーションで利用できるエンタープライズレベルの信頼性とセキュリティを確保できます。SDK がプラミングを行うため、あなたはアプリケーション自体に集中できます。

詳細は、Trailhead の 「Mobile SDK を使用した開発」トレイルを参照してください。

Salesforce がモバイル戦略の実行にどう役立つかを理解できたので、頭を切り換えて提供と最適化の方法について説明しましょう。次の単元では、モバイルジャーニーの最後のステップを実行し、目的地に到達するのを妨げる残りの障害に取り組みます。