Marketing Cloud ステータスの確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Marketing Cloud インスタンスのステータスを確認する。
  • Marketing Cloud メール通知を購読する。

Status サイトの概要

再び Rachel の登場です。彼女は熟練した Salesforce システム管理者であり、Northern Trail Outfitters (NTO) の Marketing Cloud 管理者が育児休暇を取っている間、代わりに Marketing Cloud インスタンスの管理を任されています。早速、Rachel の電話にメッセージが届き、NTO の Marketing Cloud インスタンスで何か問題が発生したことが通知されます。

Marketing Cloud が Trust サイトに対応したため、Salesforce Status サイトで Marketing Cloud インスタンスの健全性とステータスを確認できます。Status サイトは、Salesforce 製品の可用性とパフォーマンスについての情報を提供します。

NTO の Marketing Cloud インスタンスは、Sales Cloud のようにノード ID や組織 ID ではなく Marketing Cloud ID (MID) を使用して健全性データを返しています。また、健全性データはデータベースインスタンス別に追跡され、各データベースインスタンスは Marketing Cloud スタック上で動作しています。Marketing Cloud スタックとは、データセンターに相当します。つまり、各 Marketing Cloud スタックには、多くの Marketing Cloud データベースインスタンスが存在します。

Marketing Cloud が Salesforce Status サイトに移行する前は、スタックレベルでしか健全性情報を確認できませんでした。このため、Marketing Cloud データベースの健全性を尋ねるサポートコールが大量に発生していました。今なら、NTO の Marketing Cloud インスタンスの健全性を数ステップの操作で確認できます。

Salesforce Status

まず、Salesforce Status サイトに移動します。Rachel は、Salesforce Trust サイトにある Marketing Cloud のリンクをクリックしました。

status.salesforce.com が強調表示されている Salesforce Trust サイトの [システム状況] セクション。

ここには、Marketing Cloud などの個別製品へのリンクがあります。さらに、Salesforce プラットフォームで発生しているインシデントの情報、実施中のメンテナンスのリスト、最近表示されたインスタンスも表示されています。 

Marketing Cloud が強調表示された Salesforce のステータスページ。

Marketing Cloud の状況

Rachel はリストから Marketing Cloud を選択し、Marketing Cloud のステータスページに移動します。 

いくつかの Marketing Cloud データベースを表示した Marketing Cloud のステータスページ。

このページでは、Marketing Cloud データベースの健全性を確認できます。各インスタンスの状況は色によって示されます。 

状況の色
状況

インスタンスは利用可能であり、完全に機能しています。

インスタンスのパフォーマンスが低下しています。

インスタンスのサービスが中断しています。

インスタンスはメンテナンス中です。

Rachel は、[メンテナンス] リンクを選択して、Marketing Cloud で現在行われているすべてのメンテナンスのリストを表示することもできます。 

データベースへの移動

Marketing Cloud は Salesforce Trust サイトに移動しましたので、各データベース (DB) の詳細を表示できます。Rachel は、NTO の Marketing Cloud インスタンスが DB707 にあることを知っていますので、[クイック検索] バーにデータベースの番号を入力します。

データベースの番号が分からない場合は、前ページの [インスタンスの検索] または [ドメイン] 項目に MID を入力することで、NTO が所有するデータベースインスタンス (1 つまたは複数) を確認できます。

メモ

メモ

メモ: 

MID を調べるには、Marketing Cloud アプリケーションウィンドウの右上にあるアカウントドロップダウンをクリックします。 

[サービス別の現在の状況] ビューが表示されている DB707 の [現在の状況] ページ。

現在の状況の確認

NTO のデータベースインスタンスは、デフォルトでは [サービス別の現在の状況] ビューで表示されます。このビューでは、Marketing Cloud インスタンスの健全性をサービス別に追跡でき、データベースのコンポーネントサービスで発生している問題のインサイトを得ることができます。

NTO データベースの現在の状況は緑色です。製品サイトと同様に、インスタンスの状況は色で示されます。 

状況の色
状況

インスタンスは利用可能で、完全に機能しています。

パフォーマンスの問題やサービスの中断には関連しないインスタンス情報があります。

インスタンスは現在メンテナンス中です。メンテナンス中におけるインスタンスへのアクセスの可否に関するメッセージが表示されます。

インスタンスはアクセス可能ですが、利用できない機能があるか、または実行中のサービスで大きな遅延が発生しています。

インスタンスにはアクセスできません。

履歴データの確認

特に問題が見つからなかったので、Rachel は [履歴] タブで過去数日間に問題が発生していないかどうかを確認します。[履歴] タブは、Marketing Cloud インスタンスの各部分 (REST API や SOAP API など) の健全性に関する情報を表示します。また、表示する日数も選択できます。

データベースインスタンス 707 の履歴。

メンテナンスログの分析

最後のタブは [メンテナンス] です。[メンテナンス] ウィンドウでは、インスタンスに対して実施された最近のメンテナンスセッションをすべて表示できます。実施されたメンテナンスの種別や、メンテナンスセッションで実行されたサービスを確認できます。Rachel は、今日の午前中にメンテナンスが行われたことに気付きました。現在の NTO データベースに問題が見つからなかったのは、すでにメンテナンスが実施されたためだと彼女は考えました。 

[状況] ウィンドウの [メンテナンス] タブ。

メールの購読

Salesforce システム管理者である Rachel は、Salesforce インスタンスの問題やメンテナンスに関する情報を受け取るようにメール通知を購読しています。そして彼女は、Marketing Cloud インスタンスについても同じ通知を受け取れないかと考えています。もちろん受け取れます。 

インスタンスのメール通知を購読する手順は次のとおりです。

  1. [通知を購読] をクリックします。
  2. 通知を受け取るメールアドレスを入力します。
  3. 確認用のリンクが送信されますので、メールに記載されているリンクをクリックします。

[通知を購読] ボタンが表示された [現在の状況] タブ。

Rachel はメール通知にサインアップしましたので、以後は NTO の Marketing Cloud データベースの状況が変化するたびにメールで通知を受け取ることになります。

API の使用

Rachel は、アプリケーションプログラミングインターフェース (API) を使用して状況データを別のサイトやページに転送できることを知っています。API は、Swagger REST 参照ページを使用します。通常の Marketing Cloud 管理者が育児休暇から戻ったら読めるように、Rachel はこのオプションについてのメモを残します。

Rachel は、Salesforce Trust サイトと Salesforce Status サイトを確認し、NTO の Marketing Cloud インスタンスが自分の Salesforce インスタンスとしてスムーズに動作することを保証できるようにしました。 

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる