コンテンツの価値の理解

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 価値があるコンテンツの要件を説明する。
  • コンテンツマーケターのいくつかの課題を説明する。
  • コンシューマに対する共感を持つことの重要性を説明する。

概要

マーケターは、なぜコンテンツの作成に多くの時間を費やすのでしょうか? それは、顧客との価値ある関係を築き、顧客ロイヤリティを促進し、投資収益率を高めるために役立つことを知っているからです。ただし、適切に行えば、ということですが。 

操作性、ソフトウェア、デザインのエキスパートである Jared Spool が的確に「適切に行われた良いデザインは、目に見えなくなります。不適切に行われた場合のみ、私たちはそれに気づくのです。」と言っています。そしてこれはもちろん、コンテンツにも当てはまります。 

コンテンツを使用すれば、膨大なオーディエンスにリーチできます。これは、多くの企業にとって成長を続けていく上で重要です。1 つのコンテンツは何億ものコンシューマにリーチできます。大規模なキャンペーンや 1 対 1 のコミュニケーションに不可欠です。メールはコンテンツの主要な媒体です。ブランドは、メールを使用してマーケティングメッセージ、商品情報、教育を顧客と共有します。 

メールと同じぐらい重要なのは、コンシューマ (消費者) は 1 日に平均 88 通のメールを受信している (Radicati Group) ということに注意することです。受信箱が散らかるのも当然ですね。この雑多な情報から突出するにはどうすればよいでしょうか? 

まず重要なのは、コンシューマへの共感です。相手が誰で、何を重視しているかを理解します。顧客の立場で考えます。クリックして詳しく知りたいと思うのは、どの種類のコンテンツでしょうか?

メールマーケティングの性質の変化

メールは何十年も前から存在していて、テクノロジの変化に伴ってメールの性質も変化しています。スピードの向上と量の増加に適応し、他のすべての最新のコミュニケーション方法と同様に、メールも新しい形態になってきています。最近では、メールは以前よりもはるかに対話的です。

モバイルデバイスの普及は、メールの性質に大きな影響を及ぼしました。マーケターにとって、メールがどのデバイスで開封されるかは、顧客がどのようにやりとりを行うか (または行わないか) に大きく影響します。メールテンプレートはモバイル対応にする必要があり、さまざまな画面サイズやライフスタイルに適応する必要があります。

人工知能によって、データを詳細に調べ、コンシューマについてより多くのことを知ることができるようになったため、個々のコンシューマにまでパーソナライズしたコンテンツを作成できるようになりました。カスタマージャーニーのあらゆる地点で、目標を達成するためにどの種類のコンテンツが最適であるかを理解できます。

コンテンツマーケターにとって、画期的な時代になりました。ただし、チャンスが大きいほど、責任も大きくなります。あらゆる規模および業種のブランドは、価値の高いカスタマーエクスペリエンスを作成するように努める必要があります。そうしなければ、顧客を追い返すことになりかねません。

高い期待に応える優れたコンテンツ

自社のデータからのインサイトを利用すれば、顧客を完全に理解し、大規模にコンテンツを配信しつつ、あらゆるデバイスやチャネルで関連性の高いパーソナライズされたメッセージを送信し続けることができます。どの業種に属していようと、幅広い範囲のブランドが顧客向けに作成しているエクスペリエンスとの競争があります。コンテンツマーケターには、顧客の高い期待に応えることが求められます。 

だからこそ、コンテンツは適切なコンテキストで使用された場合に価値を発揮します。質の低いコンテンツを作成すると、実際には、顧客に対してマイナスのエクスペリエンスを作成していることになります。顧客の受信箱をさらに乱雑にするだけで、ブランドに顧客が注意を向けるきっかけにはまったくなりません。反対に、適切に設計されたコンテンツ戦略を作成すると、オーディエンスに嬉しい驚きを与えて、長く続く関係を築くことができます。 

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる